私鉄

2016年9月20日 (火)

2016年9月9日 近江鉄道の「赤電」 

9月9日、近江八幡に用事があって出かけた帰り道。ちょうど夕日が沈む時間になりました。お手軽カメラを持っていたので、近江鉄道の線路近くに適当にクルマを止め、ダイヤを調べようとしていると電車が来た!クルマから飛び出して走りながら露出を設定し、シルエットを撮ったものの撃沈・・・
20160909100130
せっかくだからと逆方向から来る1本を待つことに。思い入れのない電車。暗いズームレンズの手持ちなので、ダメもとで色が残った日没後の空をバックに大胆に流そうかと構えていると、見えたのは「赤電」。せっかくなので線路に寄って記録優先で。

近江鉄道にはあまり興味はなく、詳しいことは知らなかったのですが、調べると元西武鉄道のこの電車が製造された当時の色を復元したものだそうです。

2016年9月9日 近江鉄道 820形
20160909100100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

2016年7月3日 水島臨海鉄道のキハ20

7月3日は広島方面に出かける用事がありましたが、水島臨海鉄道のキハ20がイベント運行されるという情報をキャッチ。朝は早めに出発し、寄り道して撮ってきました。

今年4月から計4回設定されたイベント運行の最終日。キハ205は元国鉄のキハ20 321で56年前となる昭和35年の製造。老朽化が進み、2014年には定期運用からは離脱しています。ですから来年走る保証はなく、これが最後になる可能性も捨てきれない貴重な車両。

本来の国鉄色とは少し違う塗色ながら、レトロな雰囲気は十分。梅雨の合い間の貴重な青空を大きく入れてフレームをつくってみました。今回は鉄道が主目的ではなかったので、お手軽カメラにコンパクトな高倍率ズームレンズで手持ち撮影。こんなことならいつもの機材で撮りたかったと少し後悔。それにしても「晴れてナンボの国鉄色」とはよくいったもので、青空と白い雲、日射しに恵まれ、気持ちのいい写真を撮ることができました。

2016年7月3日 水島臨海鉄道 キハ205
20160703162001
20160703320000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

2016年5月24日 富山地方鉄道 元京阪3000系 ダブルデッカーエクスプレス

5月24日は立山で雷鳥の撮影。前回、4月26日に行った時に立山駅でたまたま見かけた元京阪3000系のダブルデッカー。引退後、富山地方鉄道に譲渡されたことは知っていましたが、いつの間にか忘れていたところ、思わぬ再会。

大学卒業後、現在に至るまでずっと大阪の職場に京阪電車を利用して通勤している私にとって、この車両そのものにも何百回も乗っているはず。その京阪旧3000系が現役当時に近い姿で走っているとなれば見逃すことはできません。

撮影地を事前に調べた訳でなく、前回来た時に目をつけていた鉄橋で撮ることにしましたが、ケーブルが目立つ目立つ。処理を考える間もなく、ゆっくりやってきたダブルデッカーを手持ちで撮影。時代祭のラッピングまでそのままの懐かしい姿でした。

2016年5月24日 富山地方鉄道 千垣~有峰口
20160524120300


そしてこちらが今回のメインだった、雷鳥の写真の一部です。

4月26日はまだほぼ冬羽のこんな色でしたが・・・
20160426110130

雪解けと共に夏羽に変わりつつあります。


20160524100130
20160524110120
20160524100140

テリトリーに侵入してきた別のオスを追い払います。
20160524622000

| | コメント (0) | トラックバック (0)