甲殻類

2015年5月 8日 (金)

2014年9月25日・26日 久米島 陸上編 【3】 クメトカゲモドキ・キノボリトカゲ・ハブ

久米島最後の夜はいつもと違う場所へ。台風が抜けたあと3日間晴れが続き、乾燥気味になってきたので低調でした。

9月25日 クメトカゲモドキ
20140925999987

飛行機の時間までは、リュウキュウヤマガメを探しに山に入ります。前回見たあたりを重点的に探しますが出会うことはできず。キノボリトカゲを探していてふと足元を見ると、トグロを巻いたハブ。夢中になって木の上ばかり見ていると大変なことになります。怖いけれど一度見たかったハブ。体長+αまでは飛びかかって来ると聞いたことがあるので、恐々接近。これが限界です。

9月26日 キノボリトカゲ
20140926110441
20140926110443
20140926110500
20140926110502_2


9月26日 ハブ
20140926200112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月24日の久米島 陸上編 【2】

2014年夏、20年以上離れていた趣味を再開したこともあり、後半になってダイビングや鉄道撮影以外に時間を使うことが多くなって、鉄道以外の記事のアップは放置状態。このブログをログ代わりにしているので、忘れてしまわないうちにこのあたりで追いついておかなければ何もわからなくなってしまう・・・ということで、昨年9月に行った久米島です。

最近の久米島は、水中と陸上の楽しみが半々くらいになってきました。この日も潜り終えると急いでホテルに戻り、夕食前、暗くなるまで軽く山に入ります。残念ながらリュウキュウヤマガメは見つけることができませんでした。

キノボリトカゲ
20140924844577

20140924844585
食事を終えて8時半くらいからはビーチに出かけます。今回のターゲットはムラサキオカヤドカリとツノメガニ。ムラサキオカヤドカリ自体は珍しくもなんともないのですが、しばらく前に目撃情報があった、きれいな夜光貝に入った特大の個体を探します。

真っ暗な海岸はヤドカリとカニの世界。種類によってエリア分けがあるようで、オカヤドカリが足の踏み場もないほど集まっているところもあれば、ムラサキオカヤドカリが多いエリアもあり、なかなかおもしろい。ただ、この無数のヤドカリが全て貝殻を背負っているのは驚きです。おそらく貝殻を見つけられない個体は淘汰されてしまうのでしょう。

ツノメガニ
20140924370461
20140924370463

ムラサキオカヤドカリ
20140924370480

| | コメント (0) | トラックバック (0)