淡水魚

2015年8月25日 (火)

番外編 7月14日 古座川水系 滝の拝 ヨシノボリの滝登り

この日も南海上には台風11号があり、沿岸にはうねりが入って海はクローズ。古座川水系 滝の拝に毎年7月下旬から始まるハゼの滝登りを見に行きました。よく知られたボウズハゼはまだ数少なく、大きな個体は見られません。この時期滝を登るのはヨシノボリがほとんど。ヨシノボリは垂直の壁を登らず、斜面を登っていくようです。

滝を登って上流を目指す意味ははっきりわかっていませんが、成魚だけでなく幼魚も上がっていくことから繁殖行動ではなく、天敵や競争相手が少なく、エサの豊富な上流を目指しているものと思われます。

和歌山県古座川町 滝の拝 晴れ 気温29℃ 南東の風 

ヨシノボリ
20150714665887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

7月27日 古座川町 滝の拝 ハゼの滝登り 【2】 

からだの大きな個体は垂直の壁を果敢に登っていきますが、幼魚は傾斜の緩い細い水路を見つけて上流を目指します。

2014年7月27日 和歌山県 東牟婁郡 古座川町 小川 滝の拝

ルリヨシノボリ
20140727204555


ボウズハゼ
20140727204558


20140727115500
20140727116544

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月27日 古座川町 滝の拝 ハゼの滝登り 【1】

27日に串本に行ってきました。今回は海ではなく川。今まで行けば海に潜っていたので、長年串本に通いながらまだ見たことのないハゼの滝登りが目的です。

朝は遅めに起きて串本から山間部に入り、気持ちのいいワインディングを走ることおよそ30分で古座川支流、小川の「滝の拝」に到着。以前は離合にも苦労するような狭い山道でしたが、今では道路が整備されて狭く荒れたところはごく一部。快適に楽しめる道になりました。

川幅が狭くなり、滝になっているところに近づくと、岩肌にへばりつくハゼの姿が。よく見ると、少しずつ上を目指して這い上がっています。実際に目にするのは初めて。垂直に切り立つ岩を魚が登るなんてなんだか不思議。真上から打ちつける水の直撃を受けるとあえなく落下するものも。こうして懸命に上流を目指す姿は感動的ですらあります。

繁殖行動かと思っていたのですが、未成魚のほうがむしろ多いくらい。これは天敵が少なく、餌のコケが豊富な上流に行くために遡上しているそうです。

2014年7月27日 和歌山県東牟婁郡古座川町小川 滝の拝

この垂直の壁をハゼが登ります。
20140727001587_2
20140727115520
20140727115444_2
20140727115448

| | コメント (0) | トラックバック (0)