EF66-27

2017年5月19日 (金)

2017年5月18日 安土 繖山から1072レ EF66-27

4月24日 27号機が1072レで上った時には、まだ水田に水が入っておらず50点の出来。リベンジの機会を窺っていましたが・・・11日のA23運用から順調に流れれば5月18日の1072レのはず。仕事のスケジュールを全て午後遅い時間に調整して備えました。

朝、起きて運用をチェックすると予定通り。そして快晴!迷うことなく安土に向かいました。風があって水面は荒れていますが、登ってしまえば無関係。この時期には珍しく視界がよく、南は大津市内、北は湖北の山まで琵琶湖が全域見渡せる絶景。この風景のなかを走る27号機を豆粒で撮る贅沢!

2017年5月18日 1072レ 東海道本線 安土~能登川 EF66-27
20170518100100
201705181200500
20170518300100
20170518100300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

2017年5月11日 加島陸橋で81レ EF66-27

5月3日に5081レで吹田に戻ってから連休中、動きがなかった27号機。GWが終わって3日経ち、どの運用から再始動するか気になっていましたが、5月11日の81レから本線復帰。仕事の合い間に加島に行ってきました。

コンテナ スカスカ覚悟の81レでしたが、編成前半はびっしり荷物があってラッキーでした。

2017年5月11日 北方貨物線 塚本(信)~尼崎 EF66-27
20170511100100
20170511100200

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

2017年5月3日 早朝の安土で5081レ EF66-27

3日未明、寝る前にEF66-27が5081レの代走で下っている情報をキャッチ。時間的には仕事前に十分行ける。でも荷物の載りは悪そうだし、天気はあまりよくなさそうだし、睡眠不足で仕事するのはしんどいし。それでもやっぱり目が覚めて・・・まだ5時前なのに名神は渋滞寸前。世間はゴールデンウィークなんですね。そういえばもう2週間、休んでないなぁ。週1の休みすらままならない中小企業に勤める者としては別世界です。

それはさておき、この時期、まず思い浮かぶのは水鏡。ところが思っていたところは麦畑。久しぶりに安土に行ってみました。水田には水が入り、とりあえず線路は写ってるのでセッティング。しかし雲がベッタリ空を覆い真っ白け。冴えないなぁ・・・

2017年5月3日 5081レ 東海道本線 能登川~安土 EF66-27
20170503100100

通過の10分ほど前から用水路から水を汲み上げるポンプが動き出し、水面がザワザワ。ちょうどこのフレームの左外側が取水口。まぁ、この天気では悔しがるほどでもないんですが・・・EF66の運用が減った今、リベンジできる確率が限りなく低くなったのは辛いところです。吹田に戻った27号機、ゴールデンウィーク中お休みかな?

20170503100300

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

2017年4月24日 山の上から1072レ EF66-27

順当に流れれば27号機は月曜日に上るはず。前週から仕事のスケジュールを午後に集めて備えた1072レ。差し替えられることなく無事に充当されました。

晴れたら行こうと決めていた繖山。期待していた水田はまだ全く水が張られていませんでした。軽いハイキングコースなのに日頃の運動不足でヘロヘロ。もう少し先まで行くか迷いながら、今回はここで妥協。

晴れベースながら大きな雲がいくつも浮かび、遠くに27号機のヘッドライトが見えたタイミングで大きな影の塊が線路を横切り、手前にももうひとつの影。列車が安土駅を通過するくらいのタイミングでなんとか抜けてくれました。フレームのなかに、ところどころ影は落ちているものの対向の列車もなく無事通過。水田に水が張られる頃にリベンジする機会はあるのでしょうか?

2017年4月24日 1072レ 東海道本線 安土~能登川 EF66-27
20170424107202
20170424107201
20170424107203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

2017年4月13日 残雪の伊吹山をバックに1072レ EF66-27

4月13日は1072レでEF66-27が上ってきます。うまく休みと重なったので、予定を変更して27号機の撮影に出かけることにしました。

朝早く起きて西から1072レを追いかけることを考えましたが、このところ、たまった疲れで起きられず。なんだかこれで気合いが抜けてダラダラ。10時半に家を出て、一昨年夏、空コキ多数の編成で撃沈した柏原周辺を目指しました。

しかし、西からの情報で編成中ほどに空コキが数両あることが判明。他に撮る場所は?何カ所かで目についた満開の桜は光線と合わなかったり、フレームに収めても無理やり感しかなかったり。じっくりロケハンする時間は残っておらず、しかたなく予定通りの伊吹バックの定番へ。結果は撮る前からわかっているようなもの。僅かに雪が残った伊吹山から季節感を感じるけれど、残念なカットをひとつ増やして本日のメインは終了。

2017年4月13日 1072レ 近江長岡~柏原 EF66-27
20170413000010
20170413000020

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月12日 深夜の加島で1095レ EF66−27

深夜に関西を通過し、広島に下る1095レはEF66-27のけん引。久しぶりに翌日の仕事が午後からだったので、11日、仕事を終え食事を済ませて出かけることにしました。駅撮りは面白くない。一旦、滋賀方面に走りはじめましたが、真夜中に駅間で撮れる場所はなかなか思い浮かびません。そこで前回、今ひとつだった加島で撮ることにして大津から名神を下りました。

定刻にやってきた1095レ。ファインダー越しにはハイビームの強い光しか見えません。う~ん。やっぱりシャキッとしないなぁ。やっぱり私のウデと今のカメラではこれくらいが限界かも。

2017年4月12日 1095レ 北方貨物線 塚本(信)~尼崎 EF66-27
20170412109528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

2017年3月17日 上郡で5074レ EF66-27

伊丹で飛行機を撮影後、高速道路に乗って西へ向かいます。途中、トラックの事故に遭遇しましたが、事故処理も始まっていないタイミング。まだ渋滞は短く、5分ほどのロスで無事上郡に到着。このあと渋滞は延びて10km以上になったことを思えば、ラッキーでした。

今回はストレートからやや首を振り込む定番ポイント。縦横比を合わせ、障害物をフレームから逃がすと稜線が切れてしまうのが悩ましく、機関車にかかる線間ロープも気になりますが、結構好きなアングルです。通過までおよそ20分。立ち位置を決めてスタンバイ。千切れ雲が次第に増え、山のところどころに影が落ちてきたのは不安でしたが、バックの山と編成が乗るエリアは太陽が雲に遮られることもなく、きれいに光を浴びて27号機が通過!

この3月改正で、5085レや5073レの運用からEF66は外れてしまいました。これらの列車でやり残したことが多いだけにガッカリ。また、吹田の所属でありながら稲沢ベースで動くことが多くなったようで、関西に住む者としては辛い改正となりました。

2017年3月17日 5074レ 山陽本線 三石~上郡 EF66-27
20170317103030

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

2017年2月7日 撃沈・・・ドン曇りの垂井 5073レ EF66-27

2月7日、静岡以西の5073レはEF66-27。うまい具合に休日とあたったので、出かけてきました。強い冬型。近場は天気が悪いうえ通過時間が遅い。名古屋以東なら晴れそうですが、そこまでの気合いはなく、淡い期待をもって垂井あたりに向かいましたが・・・太陽があるはずの西の空は厚い雲に覆われ、時おり雪が舞う天候。岐阜、名古屋方面も雲に覆われているので移動は諦めセッティング。5073レのおよそ20分前に約5時間遅れで通過した5085レはEF66-33でした。そして5073レはほぼ定時にやってきました。

2017年2月7日 5073レ 東海道本線 南荒尾信号所~関ヶ原 EF66-27
20170207160749

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

2017年1月28日 残雪の安土~近江八幡 5085レ EF66-27

28日は午後からの仕事に合わせて遅めに起きましたが、EF66の運用をチェックすると・・・えっ!27号機が5085レに入ってるやん!しかも窓から外を見ると快晴。

大急ぎで撮影機材と仕事用のバッグをクルマに放り込んでスタート。雪があるエリアで間に合うのは能登川から近江八幡あたり。今のクルマでは積雪があればあったで脇道に入ることができないので、どっちみちこのあたりで妥協するしかないんですが・・・

まずは25日に5087レを撮った場所に行くと、この3日で道床や盛土部の雪が融け、草が露出してマダラになっています。これを見て一旦は安土定番に向かいますが、この時間に行って、好みのスペースが空いているかわからない。行ってダメでも戻る時間はない。そこでUターンすることにしました。

前回、EF65-2139を撮った時より少し線路に寄ったところでフレームをつくります。雲がほとんどない青空。安心して待つことができるのはいつ以来だろう?そして定刻、雪晴れのなか、お目当ての27号機がやってきました。雪がハゲた盛土部とバックの民家が気にはなるものの、なんとか合格点。ちなみに安土定番は、やっぱりここより雪が多かったようです・・・

2017年1月28日 5085レ 東海道本線 安土~近江八幡 EF66-27
20170128120530

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

2017年1月19日 残雪の安土で1083レ EF66-27

しばらくEF210やEF200の代走運用についていた27号機ですが、18日から19日にかけて名古屋往復の運用に入ったので、仕事前に行ってきました。

できれば関ヶ原あたりで雪景色を狙いたいところですが、1083レの米原到着は日の出前。早起きして暗いなかを攻める気力はなく無難に安土あたりで撮ることにして余裕を持って7時過ぎにスタート。ところが京都東インターまで来ると名神は大津まで事故渋滞。ゲートの手前、本線合流のはるか手前で渋滞しているのが見えたので大津インターまで一般道で行こうとすると、こっちも渋滞・・・ちょうど通勤時間帯。その後あちこちで渋滞で時間を削られてイライラ。それでも何とか通過の10分ほど前に到着し、パタパタと準備をしていると、すぐに27号機がやってきました。

ところどころ雲が割れて空は明るくなってきましたが、通過時はまだドン曇り。そして通過後、片づけをしている間に晴れてくるのはお約束。いつものことながら「引き」の弱さを痛感した、2017年27号機の初撮影でした。今年も27号機には一喜一憂させられそうです。

2017年1月19日 1083レ 東海道本線 能登川~安土 EF66-27
20170119083739

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧