EH200・EH500

2015年9月13日 (日)

2015年9月9日 早朝の江差線 貨物列車2本

9月8日~11日の4日間、ちょっと遅めの夏休みをとって家族で北海道に行ってきました。トワイライトエクスプレスも北斗星もなくなった今、本州と北海道を結ぶ夜行列車はカシオペアとはまなすのみ。今回の旅行は鉄道撮影が目的ではありませんが、まだ一度も見たことがないED79が牽くカシオペアだけは撮っておきたいので撮影機材を持って行きました。

滞在期間中、カシオペアが走るのは9日だけ。8日夜は函館に泊まり、早朝、家族をホテルに残して出かけます。朝から厚い雲に覆われて晴れる気配はなし。この天候ならできるだけフレームを列車で埋めるのが得策と釜谷のSカーブに向かいました。

簡単そうで上下左右のバランスが結構シビア。本番のカシオペアの前に通過した列車でフレーミングを微調整。ありがたい貨物列車2本でした。

2015年9月9日 8069レ? 江差線 釜谷~渡島当別 EH500-73
20150909011448


2015年9月9日 2051レ? 江差線 釜谷~渡島当別 EH500-13
20150909012499

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

9月3日 水上停車中の2082レ EH200-21

水上ではEH200牽引の2082レが停車中でした。普通ならアップするようなカットではありませんが、普段の行動エリア外ということで、記録としてご容赦を。このあと、D51を見るために転車台に向かいます。

2013年9月3日 2082レ 水上駅 EH200-21
20130903800111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

9月2日 中央東線 5460レ EH200-13

9月2日、3日は社員旅行。行き先は毎年恒例となっている長野県の蓼科高原です。全員参加の食事会の合い間は自由時間でそれぞれが好きに過ごしていいことになっています。 2日は現地に到着した後、参加者みんなで昼食のあと、15時過ぎから18時の集合時間までが自由時間。中央西線のEF64でも撮りに行ければいいんですが往復3時間では無理。中央東線の貨物なら1本撮れそうです。

今は新型のEH200になり、あまり注目されることのない中央東線ですが、関西人にとってはEH200もタンク車も珍しいのです。撮影地は全く知りませんが撮影地を調べたり探す時間はなく、沿線の様子も全くわからず、とりあえずちょっと街はずれの駅に行ってみようと青柳駅に。

何とか撮れそうな感じ。っていうかアテのないまま撮影地を探す時間もないので、撮れるだけでもラッキーと思わなきゃ。雨のなか、カメラを持ってホームの先端で列車を待ちました。何の情報もなく貨物時刻表だけが頼り。ホントに来るの?半信半疑でしたが、だいたい思っていた時間にEH200が見えました。すると列車はゆっくりと中線に。止まるとは思っていなかったのでちょっと焦りましたが、まぁ手持ちだし、どっちみち写真の質がどうこうってことないので別にいいんですが。ただ、タンク車の編成がうしろまで写らなかったのはちょっと残念。ススキの穂が秋を感じさせます。

2013年9月2日 5460レ 中央東線 青柳駅 EH200-13
20130902122410



ここで退避するなら、もう一度撮れるかも。でも何分停車かもわからない。とりあえず隣のすずらんの里駅に行ってみました。少し高い所を走る線路を見上げるとなかなかいい感じですが、線路周辺の木や草が茂って写真になりそうにない。やっぱりホームから撮るしかないか・・・待っていると5460レはまもなくやってきました。ここでも編成は入らず。行き当たりばったりではこんなもんでしょう。

2013年9月2日 5460レ 中央東線 すずらんの里駅 EH200-13
20130902122422_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)