特殊貨物

2015年7月20日 (月)

2015年7月19日 自衛隊機材輸送 8863レ EF65-2089

7月18日、稲沢止となったEF65-2089が牽引する自衛隊機材輸送列車。19日は夕方稲沢を出て8863レで岡山に向けて西に下るようです。この日は仕事だったので諦めていたのですが、人身事故の影響でダイヤが乱れ、この列車も大幅に遅れそうだと聞き・・・一旦家に戻って最寄りの山科駅まで行ってきました。着いた時には既に定刻を過ぎていましたが、来る気配はなく、結局およそ1時間半遅れで通過しました。

積荷は87式偵察警戒車2台と155mm榴弾砲FH70が10門。いずれもカバーがかけられず、迫力の編成でした。

2015年7月19日 8863レ 自衛隊機材輸送 東海道本線 山科駅 EF65-2089
20150719235444

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

11月25日 自衛隊機材返却輸送 EF66-24

陸上自衛隊が九州で11月1日から18日まで行っていた「統合演習」に使われた機材輸送列車が25日早期に関西を通るという噂が聞こえてきました。普段見ることができない積み荷。そして今回はEF66-24が牽引するとなれば、見たい。そしてあわよくば撮りたい。時間ははっきりわからないものの、この手の列車はだいたい同じ時間にダイヤが組まれることが多いので一昨年の時間を参考に、行ってみることにしました。

21日に上郡にEF66-27を撮りに行って以来、寝不足続き。ちゃんと仕事もしているので、←(ここ強調)ちょっと疲れはたまり気味。それでもやっぱり目が覚めて、まだ暗いうちにスタート。前回と同じ時間なら、米原より手前では露出が厳しそうなので、かかる時間はあまり変わらない近江長岡に直行しました。。

ありがたいことに西から列車の通過情報があり、2年前と同じパターンで来てくれそう。ただ晴れた前回と違って下り坂の天候で雲は厚く、通過時間が迫ってもなかなか明るくなってくれません。これは困った・・・感度とシャッタースピード、絞りのせめぎ合いをしながら待っていると、ヘッドライトが見えました。ISO2000。さすがにきれいに写るレベルではありませんが、それでもそこそこ見られる程度に写ってくれるのはカメラのおかげ。ちょっと前なら流し撮りに逃げるしかなかった条件でここまで撮れる時代になったんですね。

さて積み荷の前半分は「96式装輪装甲車」?1ヵ月ちょっと前、名神高速を西に向かって自走しているところを見ましたが、それもこの演習に参加していたのでしょうか?いかにも戦闘車両らしいスタイル、かっこいいですね。

できれば追いかけてもう少しいい条件で撮りたい気持ちもあったのですが、仕事に行かなければならないので、これだけで撤収しました。

2013年11月25日 8862レ? 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 EF66-24
20131125113654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

8月26日 シキ1000 D1による変圧器輸送 【2】 EF65-2121

普段、あまり追いかけはしないのですが、なんだかスイッチが入ってしまい、篠原で撮ったあと、さらに北に向かいます。8862レが米原停車中に先行したくらいのタイミング。近江長岡は十分間に合います。線路近くの2カ所に固まった撮影者を避け、離れたところから手持ちで撮影しました。機関車のあたりには日が当たってますが、うしろは怪しい。バックの山は完全にマダラ。スッキリしない写真です。

2012年8月26日 8862レ 東海道本線 醒ヶ井〜近江長岡 EF65-2121
20120826566633


この列車は近江長岡で20分の停車があるので、先に行けばもう一度撮ることができます。ただ、このあたりの太陽と線路の位置関係が全く頭に入っていません。思っていた場所は光線が逆。慌てて移動し、順光側で撮影者が集まっているところに行ってみると線路周辺は草が伸び放題でダメ。もう、場所を探す時間はありません。バックに高圧線があるので避けていたところまで戻り、集まったみなさんのうしろからカメラを構えます。編成が短い分、かわせるかと期待した高圧線は、逃がすことができないばかりか、光を受けて目立つ目立つ。正面からの光線でサイドが暗く、最後は残念なカットになりました。最初に決まっていれば、睡眠不足で仕事に行くこともなかったのに…

2012年8月26日 8862レ 東海道本線 近江長岡〜柏原 EF65-2121
20120826566635_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

8月26日 シキ1000 D1による変圧器輸送 【1】 EF65-2121

26日は串本に行くつもりで、休めるようスケジュールの調整をしていましたが、台風15号の影響でうねりが大きいので中止。この日は西浜~春日井間で大物貨車、シキ1000による変圧器輸送があるので早朝撮りに行き、午後からは出勤して仕事を片づけることにしました。

2時に寝て5時過ぎに起きると、外はようやく明るくなってきたところ。ずいぶん日が短くなりました。準備をして、とりあえず島本〜山崎に向かいます。いい天気。カメラをセットした時には日は射していませんでしたが徐々に日が昇り、線路を明るく照らすようになってきました。あとは列車を待つだけです。

遠くにEF65が見え、踏切が閉まりました。絶好の光線。まだ赤みを帯びた光が機関車を照らしています。ふと踏切を見ると下りの矢印がついています。えっ、うそっ・・・EF65がフレームの端に入ったあたりで背後から列車の音。振り向くと「はるか」が接近。1カットもシャッターを切れず呆然と後ろ姿を見送るだけでした。

複々線区間なので被る可能性は高いとはいえ、最近8回中5回。実に6割以上の被り率。ダイヤも調べずに行く素人鉄。人の少ないところにはそれなりの理由があるんですね。

このまま帰る訳にはいかない。追いかけることにしました。まだ6時過ぎ。交通量は少なく篠原には通過の10分ほど前に着きました。既にたくさんの三脚が並び、さすがに立ち位置を選ぶことはできず詰めが甘いですが、日が射した状態で被ることもなく、無事撮ることができました。

2012年8月26日 8862レ 東海道本線 野洲〜篠原 EF65-2121
20120826566631

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

8月8日 シキ801 B1による変圧器輸送 【2】 DE10-1119

敦賀駅で機関車はEF510からDE10に交代。小浜線に入ります。入れ換え作業を見たいところですが、時間に余裕が欲しかったのでEF510の到着を撮影後、すぐに撤収し美浜に向かいました。

シキの大きさを表現するため、もう少し離れて撮りたいところですが、通過はまだ明けきらない時間。ギリギリの露出で撮ることになるので、明るいレンズの画角に合わせてフレーミング。

遠くにヘッドライトが見え、迫ってくる列車はなかなかのスピードです。大きく重い積荷で、ユルユルと走ってくるようなイメージとはかなり違っていました。結果的にシャッタースピードを稼いで正解。シキが架線柱に刺さってしまうなど、スッキリとはいえませんが、この条件で撮れただけでもラッキーでした。

2012年8月8日 9960レ 小浜線 東美浜~美浜 DE10-1119
20120808886322
20120808886324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月8日 シキ801 B1による変圧器輸送 【1】 敦賀駅 EF510-17

8月5日深夜から8日早朝にかけて、兵庫県 赤穂線の西浜貨物駅から福井県 小浜線の美浜駅まで、大物貨車 シキ801 B1を使用した変圧器を輸送する列車が運転されました。

7日は休みで串本に行っていましたが、京都に戻ったのが深夜になり、食事を済ませると日付が変わっていました。、オリンピックの男子サッカーをチラチラ見つつ、海で撮った写真をPCに取り込んでさわっていると、子供からこの列車があることを聞き・・・そして1時過ぎ、家の窓から通過を確認。

そういえば、シキは何度か撮ったことがありますが、実際に変圧器を積載しているところを見たことはありません。暗闇のなか走り去る影?を見てしまうと、ハッキリ見たくなってきました。時間を調べると美浜着が5時8分。これは日の出とほぼ同時刻。高感度が使える今のカメラなら何とかなりそうです。午後からの仕事を考えると不安はありますが、寝ないまま3時前に出発。

この時間帯の高速道路は交通量が少なくスムーズで1時間あまりで敦賀着。この列車はまだ敦賀に着いていません。ナビで美浜までの距離と時間を見ると敦賀駅に寄っても十分間に合いそうです。

駅に入ると、ホームにEF81-101牽引で荷が載っていないロングレール用のチキが止まっていました。スッキリ撮れる位置でなかったので、これは見るだけにしてシキの到着を待つことにします。間もなく101号機は京都方向に発車。その後しばらくして、同じホームに大きな変圧器を積んだシキ801を牽いたEF510-17が到着しました。

2012年8月8日 9595レ 敦賀駅 EF510-17
20120808229811


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

7月22日 特大貨物シキ800の回送 EF65-2065

7月22日、早朝に川崎貨物を出た変電器輸送用の特大貨物車、シキ800が夕方、京都貨物に到着します。荷物のない回送とはいえ、ひと目見てみたい。

3092レを見送ったあと、どこで撮るか考えます。雲は多く、どこが晴れるかは運次第。時間は十分にあるので米原以東も考え、一旦北に向かいましたが、彦根で昼ごはんを食べ、いつものお店でおみやげを買い込むと、動き回る気がなくなってしまいました。北へ行くのはやめて南下。時間は十分にあります。

晴れればいいけど曇ると撃沈!という場所は避けて能登川に戻り、1時間あまりの待ち時間を過ごします。ここでお会いした方々とは鉄道の話題だけでなくいろいろなお話しができ、楽しいひとときでした。

さて、通過時間が迫ってきました。1時間前に曇っていたので、列車が来る頃には晴れるだろう、という甘いヨミは外れ、このあたりだけ大きな雲が居座り、晴れる気配はありません。悔しいことに、すぐ手前の能登川駅より東はずっと日が当たったまま。篠原にいる友人からも晴れメール。どういうことやねんpout

そんな状況のまま、大きな貨車を牽いたEF65が結構な速度でやってきました。今回は大きなシキのかたちがわかるよう、サイドから。長さがわからず、広めにフレーミングしたら、案の定、うしろが余ったのでトリミングしました。

2012年7月22日 9863レ 東海道本線 能登川~安土 EF65-2065
20120722993329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月30日 (水)

11月29日 自衛隊機材返却輸送 EF66-54

11月29日早朝、自衛隊の73式装甲車10両を積んだ列車が関西を通過しました。

これは離島が他国から武力攻撃を受けた場合を想定し、北海道から大分県の演習場まで、列車やフェリーで戦車や装甲車を運んで訓練する「協同転地演習」の一環で行われた機材輸送です。10月31日~11月4日にかけて往路の輸送が行われたあと、大分での演習を終え、今回は北海道に戻す列車でした。

往路の東海道・山陽区間はEF66、100番代の牽引でしたが、復路は今や風前の灯となったEF66、0番代、54号機の牽引。これは是非、見ておきたい。出勤時間が遅い代わりに夜遅くまでの仕事をしている私にとっては苦手な早朝の列車ですが、頑張って早起きしました。

まだ暗い6時過ぎに京都を出発。確実な明るさを求めるなら彦根あたりより先がよさそうです。どこで撮るか考えながら名神高速を北上しますが、インターチェンジから近く、安土や河瀬あたりと比べてもかかる時間がそう変わらない近江長岡で撮ることに決定です。

現地には通過の30分ほど前に到着。朝もやで、色づいたうしろの山は霞んでいます。少し離れたところから撮るつもりでしたが、山の色が出ないなら線路に近づくのがよさそうです。先にスタンバイしていた方の近くに入れていただき、撮影準備を始めました。

もう少しで山から太陽が顔を出すかというところ見えたのはEF66の100番代。そのうしろにはワムが・・・6170レでした。そういえば火曜日。全くのノーマークcoldsweats02(これだから万年素人鉄なんですね・・・)贅沢な列車で試し撮りです。そして、6170レの4分後、朝日が弱く当たり始めたところでやってきた濃紺の54号機です。

2011年11月28日 8862レ 東海道本線 醒ヶ井~近江長岡 EF66-54
201111293005 201111293004

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

3月6日早朝 特大貨物を撮る 【2】 大津

今回は、草津〜梅小路が1時間以上かかる、というだけで途中、待避のための停車がどこでどれだけあるか知りませんでした。

瀬田川で撮影後、国道1号線を京都に向けて走ります。膳所駅のホーム東端にはカメラを手に列車を待つ人たちが見えました。まだ通過していないようです。そこで大津駅近くのコインパーキングにクルマを止め、逢坂山トンネル手前の跨線橋で待ちました。

しばらくするとDD51のエンジンが唸る音がして、切り通しの向こうから列車が姿を現しました。見下ろしのフレーミングでワイドレンズなのでシキ611の大きさが表現できず、逆光でフレアが出たうえ、またまたうしろのDD51-757は架線柱の餌食となってしまいました・・・think

写真の出来はよくありませんが、久しぶりに気分転換になった早朝の撮影でした。

2011年3月6日 9965レ 東海道本線 大津〜山科 DD51-1805+DD51-757
1103062002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月6日早朝 特大貨物を撮る 【1】 瀬田川鉄橋

相変わらず休みがとれず、1月27日以来、もう40日近く仕事が続いています・・・さすがにこの1週間は家に帰ってパソコンを開く気力すらなく、朝起きて、仕事に行くだけで精一杯の毎日。とはいえ、こんな生活を続けていると、からだも心も壊れてしまいそうです。

6日早朝、草津線から梅小路まで特大貨物シキ611の回送?が走るそうです。これなら撮影後、大阪の職場に9時に入れる時間です。格好の気分転換ネタですが、疲労は限界。無理はしないでおこうと目覚ましはいつもの時間のままにして就寝しました。

目が覚めたのは6時ちょうど。草津発車まで20分です。近所で済ませるのが無難ですが、まともに撮れる場所がありません。急いで準備して6時10分に出発。最悪間に合わければ、山科まで戻るつもりで瀬田川に向かいました。

日曜の早朝なのでヨミ通り15分で現地に到着。ここまではよかったのですが、川岸に出ると50人以上の人たちがズラリと三脚を並べて待ち構えています。何度もここに来ていますが、これだけの人出は初めて。場所を選ぶ間もなく、空いたスペースを何とか見つけ、三脚にカメラをセットしている最中に川の向こうにDD51のヘッドライトが見えてきました。

まだ暗かったので感度をISO800に上げ、ファインダー内の露出計の表示を合わせた時には既に列車はフレームの中。とりあえず連写してあっけなく終了。あとで確認すると絞りは開放になっていました・・・それほど画像が荒れていなかったのは救いですが、うしろの機関車は架線柱に刺さってしまいました。

2011年3月6日 9965レ 東海道本線 瀬田〜石山 DD51-1805+DD51-757
1103062001

| | コメント (0) | トラックバック (0)