釣り

2017年10月15日 (日)

2017年10月12日の串本 アカメハゼ・ガラスハゼ・セボシウミタケハゼ

10月12日、近畿中部に停滞する前線の南側に位置する串本は朝からよく晴れ、気温は高く風も穏やか。夏に戻ったようなダイビング日和。午前中に2本潜ってきました。

1本目 備前~住崎 晴れ 気温24.1℃ 南東の風1m 水温25℃ 透視度15m 凪

1本目は7時半出港。目覚ましをかけ、なんとか起きてダイビングサービスに滑り込み。アンカリングは住崎の予定でしたが、備前からエントリー。まずは砂地に出てヒレナガネジリンボウとホタテツノハゼにトライするも警戒心が強く、共生するコトブキテッポウエビが出てこず、無減圧時間が残り少なくなり、1度もレリーズできないまま撤収。浅場に移動し、最近話題のガラスハゼと同居するアカメハゼ。

このアカメハゼ。10個体以上のガラスハゼが住むアカヤギに流れ着いた1個体。常にアカヤギに乗るガラスハゼに対し、活発にホバーリングするアカメハゼ。ホバーリングをやめるときは沖縄など本来の生息地ではサンゴの先端にちょこんと乗っかりますが、ここではアカヤギに乗るしかありません。すると、本来の住人であるガラスハゼが追い払いにやってくるので、いかにも居心地が悪そうです。

-20m アカメハゼ
20171012082335


南のアンカー近くのリュウキュウイソバナの周りにいたアミメハギの幼魚。

-16m アミメハギyg.
20171012083429

20171012083550

2本目 住崎~備前~住崎 晴れ 気温25.3℃ 南西の風2m 水温25℃ 透視度15m 波高0.3m

2本目も住崎にアンカリング。1本目、十分な時間がとれず手応えがなかったアカメハゼをもう一度撮り直すのと、近くで最近目撃されたというイロカエルアンコウを探そうと、備前に移動。結局、イロカエルアンコウを見つけることはできませんでした。

ガラスハゼとアカメハゼのツーショットですがこれも一瞬。この直後、ガラスハゼがアカメハゼを追い払いました。

-20m アカメハゼ+ガラスハゼ
20171012101128_2

アカメハゼ
20171012100740
20171012101826

セボシウミタケハゼ
20171012095121
20171012095834

ヤリカタギyg.
20171012102903

夕方は1時間ほどエギを投げに防波堤に。秋が深まり、いいサイズになってきました。
20171012172207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

2017年9月24日の串本 タテジマキンチャクダイyg.・ユカタハタyg.・ナンヨウハギyg. 他

9月24日の串本は朝から曇り空でしたが海は穏やか。午前中に2本、潜ってきました。

1本目 グラスワールド くもり 気温24.6℃ 東北東の風2.2m 水温26℃ 透視度15m 波高0.5m

グラスワールドは6月12日以来。エントリー後、混雑を避けて北の根に向かいます。前回見つけていたフチドリハナダイが定着して育っていてくれれば・・・淡い期待もあったんですが、やっぱりいませんでした。どこかで生きていることを祈って。

おなじみの、タテジマキンチャクダイの幼魚。そういえば今年、タテジマキンチャクダイの成魚の個体数が少ない気がします。

-22m タテジマキンチャクダイyg.
20170924085734



ソフトコーラルの周りに群れるキンギョハナダイ。いいシチュエーションですが、ほとんど流れがないので、群れの向きがバラバラ。

-20m キンギョハナダイ
20170924090023_2


-22m クチナシイロウミウシ
20170924091425

-19m セボシウミタケハゼ
20170924091822



このあと、最近話題のハナヒゲウツボの幼魚がいるというエリアに行きますが、見つけられず。一度エサをとると数日出てこないこともあるというハナヒゲウツボ。この日は隠れていたようです。

2本目 住崎 くもり 気温24.8℃ 東の風3.2m 水温26℃ 透視度15m 波高0.5m

2本目は住崎の浅い側の常アンカーからエントリー。いつもチェックするソフトコーラルでアオサハギとミナミゴンベ。

-14m アオサハギ
20170924094214

-16m ミナミゴンベ
20170924111220


ここから浅場に移動する途中で見つけたユカタハタの幼魚。まだ斑点がなく、キンギョハナダイとそっくり。これを見ると、ハナダイがハタ科であることも納得。とても臆病で、鰭を開いてくれませんでした。

-12m ユカタハタyg

20170924113639

ユカタハタを撮っているとき、すぐ横で目に入ったニラミギンポ。

-12m ニラミギンポ
20170924114814


昨年と同じ場所に流れ着いたナンヨウハギの幼魚。

-8m ナンヨウハギyg.
20170924115146


-8m フタイロコバンハゼ
20170924115033
20170924115212


アンカー近く、岩の割れ目の奥にいるフリソデエビは、光を回すことができず、見るだけに終わりました。


そして夕方、雲が多く小雨が降り、地上からは太陽が沈む瞬間は見られませんでしたが、南東の上空には光が入って虹が出て息をのむような美しさ。カメラを取りに走る間に虹はほとんど消えてしまい、辛うじて残ったところをスマホで撮ったのがこれ。
201709241800000

日没からしばらく経って西の空は毒々しいほど深い色に染まりました。

紀伊大島から見る串本大橋
20170924175305


そろそろ秋のシーズンイン。1時間ほどで4ハイでした。
20170924182609_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

12月22日の串本 【2】 ウデフリツノザヤウミウシ・オオウミウマ他

2本目 備前 晴れ 気温13.5℃ 北北東の風4m 水温20.5℃ 透視度15m~20m 波高0.5m 流れ ややあり

2本目の備前では、まず情報をもらった黒いオオウミウマ。春に砂地に沈められたアオリイカの産卵床が台風で飛ばされ、根に引っかかったところで腐ってバラバラになった枝の破片に巻きついています。腐った木も、オオウミウマも真っ黒。まぁ、これはこれで擬態なんでしょう。

-18m オオウミウマ
20151222100200


その後、イザヨイベンケイハゼをはじめとしたいくつかのいきものを目指しますが・・・イザヨイベンケイハゼは奥に隠れているのか姿を見せず。一旦なくなっていた腕が復活したバイオレットボクサーシュリンプは見えてはいるものの、撮影できる距離まで寄ることができず・・・ここから砂地に移動して、ホタテツノハゼやヒレナガネジリンボウを探しても見つからない。目標をことごとく外して時間だけが過ぎていきました。探しているときに目に入ったのは、珍しく砂地を這うピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ。最後に減圧を兼ねて根の上で遊ぼうかと思うと、結構な流れ。低調に終わった1本。

-23m ウデフリツノザヤウミウシ
20151222100205

-20m テンクロスジギンポ
20151222100210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

10月19日 串本に飛来したMV-22 オスプレイ 【2】

望楼の芝に着陸後、救援物資を降ろし、負傷者役を収容したオスプレイは離陸し、潮岬沖に待機する護衛艦いせに着艦しました。

2014年10月19日 MV-22 オスプレイ
洋上から、いせに接近するオスプレイ
20141019465560
20141019200111
20141019665411
20141019741011

事前に見たスケジュール表ではもう1機は予備機で洋上で待機することになっていましたが、次に飛来した機体も最初に来たものと同じように着陸。

20141019345420
20141019345424
20141019745611

1機めと入れ替わりでいせに着艦しました。この時、いせは移動しており、木の影になっていたので着艦シーンは見ることができませんでした。
20141019800144
この防災訓練は新聞やテレビで報道されましたが、あとでニュースを見ると、多くの見物人とオスプレイに反対する「市民団体」が抗議活動を行っているシーン、その市民団体メンバーのインタビューが映し出されていました。ここから受けた印象は反対派が多数派のようにも見えたのですが・・・実際は数千人集まった見物人のなかで、一角に陣取った10人ほどの反対派が横断幕を掲げていただけ。そういえば報道陣は写真を撮ってたなぁ・・・99%以上の人々が推進派ではないにせよ、反対しているとも思えません。マスコミの思惑で、いかにも反対している人が多いような番組や記事をつくり、その場にいなかった人に印象操作をしようとしていることこそ恐ろしいことだと感じました。

今回の防災訓練はオスプレイのデモンストレーションのように感じたことは確か。実際、私たちギャラリーに地震や津波に対する備えを喚起するようなアナウンスは一切なく、関係者が勝手に訓練していたという感じでした。また、訓練に参加した多くのヘリのなかで潮岬に着陸したのはオスプレイ2機のみ。でも偏った報道がまかり通るのなら、こういったデモンストレーションは必要なことだと思います。現場でオスプレイを見れば、大部分の人は頼もしいと思ったはず。「防災訓練にオスプレイはいらない!」って横断幕を掲げていた人たちは助けてもらう立場になった時、断るつもりなんでしょうかね?

話は横道にそれましたが、オスプレイは双発の大型ヘリよりずっと静かで、積載力、航続距離とも圧倒的に上。軍用装備品全般にいえることですが、虚飾が一切なく、機能をとことん突き詰めてつくり出された機能美は独特なものがありました。

このあと昼ごはんを食べに戻って、夕方からはエギング。北東の風が強く、結構苦労しましたが、夕方1時間でコウイカを含んで2人で8ハイ。まだまだ小さく、トンカツサイズから300gくらいでしたが、家族3人の食料確保には十分な釣果でした。
20141019994554
20141019994556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

10月19日 串本に飛来したMV-22 オスプレイ 【1】

10月19日、串本に行ってきました。今回の目的はダイビングではなく、南海トラフ巨大地震を想定した津波災害対応実践訓練に参加する米軍 海兵隊のMV-22オスプレイ。

画期的な垂直離着陸機オスプレイ。ひと目見たくて昨年、久米島帰りに那覇の乗り継ぎ時間を利用して普天間まで行きましたが時間が足りず。昨年10月に滋賀県の自衛隊饗庭野演習場で日米共同訓練に参加した時も見られなかったので今回はまたとないチャンス。しかもほぼ地元といってもいい串本に飛来するなら行かない理由はありません。

オスプレイの飛来予定は10時半頃ですが、早く目が覚めたので7時過ぎに一旦潮岬の様子を偵察に。警察、自衛隊、消防、県職員が多数。それでもそう物々しい雰囲気ではなく、着陸位置をはじめ周辺の様子を確認。洋上には既に護衛艦いせが到着しています。まずは朝日を浴びるいせを撮影。

2014年10月19日 護衛艦 いせ
20141019214787_2
20141019100140

一旦戻り、準備して再出発。ポジションを確保してオスプレイを待つうちにどんどんギャラリーが集まってお祭り状態に。聞いていたより早く10時過ぎ、洋上にオスプレイの姿が見えました。一斉に歓声。その後、まっすぐこちらに向かって来たかと思うと、あっという間に目の前に着陸。それにしても圧倒的な存在感。ヤバい!かっこよすぎ!

光線は終始逆光。苦しい条件を強いられます。

2014年10月19日 MV-22 オスプレイ
20141019100147
20141019100149
20141019100150_2


望楼の芝に着陸するオスプレイ。写り込んでいるゴミはオスプレイのローターで巻き上がった芝。風はすごいけれど、2ローターの大型ヘリにと比べるとかなり静かです。反対派がオスプレイはうるさい、って何と比べているんだろう・・・
20141019100160_2
20141019101250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

5月9日の串本 【1】 オオモンカエルアンコウ・ミナミハナダイ

9日は休みをとって、串本に行ってきました。早朝は雷雨もありましたが、1本目のボートが出る頃には雨は小降りになり、雷は怖さがないところまで遠ざかってくれました。波は穏やかでコンディションは上々です。

1本目 住崎 気温18℃ 北北東の風 約5m 雨 水温21℃ 波高1m未満 透視度10m~12m

1本目は住崎。ほんとうは備前でミナミハナダイを撮りたかったのですが、この日は備前に行くボートはなく、住崎にエントリー。まずは事前に聞いていたオオモンカエルアンコウを見に北の根に行くとすぐに見つかりました。比較的撮りやすい位置にいたのでササッと撮ったところで会ったガイドのI氏にボブサンウミウシを教えてもらいました。その後アオリイカの産卵床を見に行くと、10個体ほどのオスが近くに来ていますが、産卵はしていません。

オオモンカエルアンコウyg. -23m
20120509446321
ボブサンウミウシ -21m
20120509446323 この時点でエントリーから15分。透視度は10m以上はあるので、広範囲に動いても安心です。やっぱり備前まで移動してミナミハナダイを撮りに行くことにしました。

潮がゆっくり動いており、このパッチリーフに住む魚は底を離れ活発に泳ぎ回っています。少し時間はかかりましたが、無事2個体を確認。それから残圧が70になるまで腰を据えることにしました。泳ぎ回っているので、背鰭を開くのは一瞬。レリーズに集中します。

ミナミハナダイyg. -23m
20120509669871 20120509669873

この時期にたくさんみられるミギマキの幼魚。エキジット前の1カット。
ミギマキyg. -17m
20120509669875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

8月12日~14日の串本

久しぶりの3連休は串本。今回は家族でのんびり過ごしました。
12日は起きたのがお昼頃。この日は潜らず、暑さが和らいだ夕方から釣りに出かけ、まずはメッキ(ギンガメアジなどの幼魚)狙い。ルアーに対して活発に反応し、コツン、コツンと当たってくるものの、まだまだ小さく針にかからず、釣れるのはクサフグばかり。対岸の紀伊大島でガシラ(カサゴ)狙いに切りかえ、しばらくして釣れたのは20cmほどのメバル。
1108129991_3   
温帯系のメバルは黒潮の影響を大きく受ける潮岬の西側ではほとんど確認例がなく、東側に限られています。同じようにアワビやサザエも潮岬を境に東側でしか見られません。おもしろいことに、熱帯系のいきものはどちらでも見られるものが多く、低水温を好む温帯系の生物が西側で見られない傾向があります。ほんの数kmの違いで生息する生物の種類が大きく異なるのも、ここ串本のおもしろいところです。

夜はペルセウス座流星群を観察しましたが、今年は満月に近い月があるため条件は悪く、1時間あまりで4つしか見ることができませんでした。

13日は早起きして、近くの海岸で貝殻拾いをしたあと、潜りに出かけました。

1本目 イスズミ礁 晴れ 気温29℃ 水温27℃ 西南西の風3m 透視度約12m

久しぶりのイスズミ礁。イスズミ礁は地形はおもしろいのですが、マクロで写真を撮るにはいまひとつのポイント。何でもないものにカメラを向けたり、貝殻を探したりしながらの60分でした。

2本目 住崎 晴れ 気温30℃ 水温27℃ 西南西の風3m 透視度8m~10m

お盆休みの住崎エリアはダイバーが集中。たくさんの人が入っているので、巻き上げられた泥や砂によって濁っています。こうなるとテンションはdownできるだけ人のいないところを選んで動きますが、いまひとつ冴えない1本になりました。

遊泳性のカモハラギンポですが、今回はこうして穴に入って顔を出している個体を多く見ました。確認できませんでしたが、産卵後、卵を守っているのかも知れません。撮っているときには気づきませんでしたが、頭に寄生虫がついています。

住崎 -20m カモハラギンポ
1108125501
オーバーハング状になったところにいるイソハゼの仲間とオオメハゼ。

住崎 -17m イソハゼの仲間
1108125505
住崎 -17m オオメハゼ
1108125507
産卵後のクマノミは、周辺を常にきれいに保とうと頻繁に卵に近づきます。卵を見るために、触ったダイバーがいたようで、イソギンチャクが縮んでいます・・・
住崎 -14m 卵を守るクマノミ
1108125509
潜ったあとは釣りに行き、そのまま漁港で空を見上げて上空を飛ぶISS(国際宇宙ステーション)を観察。ISSのすぐそばを流星が流れました。shine


前日の13日は海の中が人でいっぱいでいつものようにのんびり楽しめなかったので、14日のダイビングはパス。この日も日没後しばらくしてISS(国際宇宙ステーション)が上空を通過します。12日、13日とも肉眼では見ていましたが写真を撮っていなかったので、今回は釣りの準備に加え、カメラを持って行きました。日が暮れるまでキスを釣っておかずを確保?
1108146001c その後釣り道具を片づけ、同じ場所にカメラをセットしてISSを待ちました。フレームに橋杭岩と串本大橋を入れてスタンバイ。しかし、時間が近づくにつれ、雲が増えてきました。coldsweats02
1108147001 そして雲の間からISSが見えたのはかなり角度が高くなってから。風景と一緒にフレームに入れることができない位置でした。空に明るさが残っているので露出時間を長くすることができず、いまひとつの結果になってしまいました。1108146002_2 東からのぼってきた満月とISS。漁港の明かりを避けたので、不自然なフレーミング・・・think
1108143001_2 1108148003_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)