JR形電車

2017年3月17日 (金)

2017年2月22日 比良山系をバックに走るEF210・221系電車

C571の本線試運転が行われた2月22日。瀬田川で撮影したのち、米原までにもう一度撮ろうと近江八幡周辺に移動し、スタンバイ。しかし待っても待ってもC571は現れません。その間に通過するEF210が牽引する貨物列車や221系、223系などのありふれた電車。本命が来ていれば現像もせずに眠ったままになるデータですが・・・

C571の本線試運転はテンダ台車の軸発熱により草津で中止。D51200の時と同じように野洲に取り込まれたあと、夕方梅小路に戻されました。その後、急ピッチで修繕され3月6日には再試運転が行われましたが、この日は仕事で行くことができませんでした・・・

2017年2月22日 東海道本線 篠原~近江八幡
20170222100301
20170222100401_2

せっかく無理してとった休み。これだけで帰るのはもったいないので、オオワシを見に行くことにしました。この日は朝、狩りにでかけたあと、山本山中腹の木にずっと止まっていたオオワシ。3時間以上粘りましたが、結局飛ばないまま露出がなくなり時間切れ。この写真はめっちゃトリミングしています。
20170222990990
20170222990994

水田にはエサをさがすコウノトリがいました。オオワシには何十人もがカメラを向けていましたが、コウノトリを撮る人はまばら。この違いは?
20170222800100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

2016年9月30日 秋晴れの近江中庄 サンダーバード8号

9月30日午前、湖西を北に向かう用事がありました。今年は秋雨前線が長く停滞し、曇りや雨の日が続いていましたが、この日は束の間の晴れ間。貴重な秋晴れ。カメラを持っていたので、久しぶりに近江中庄に寄ってサンダーバード8号を軽く手持ち撮影。安い高倍率ズームレンズではやっぱり広角側いっぱいのフレーム端はちょっと厳しいものがありました・・・

2016年10月日 4008M  湖西線 マキノ~近江中庄
20160930130101

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

2016年8月3日 遅れスーパーレールカーゴ

スーパーレールカーゴも遅れており、サンライズエクスプレスのおよそ20分ほどあとを走っているようです。このあとは仕事ですが、まだ時間はある。当然待つことにしました。

その間、薄雲はとれないまま太陽は高くなり光らない側面。ただの半逆光カットになりました。

2016年8月3日 51レ 東海道本線 篠原~野洲 MC250-6
20160803295300
20160803297800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月3日  大雨で遅れたサンライズエクスプレス

8月3日未明、下りのサンライズエクスプレスがおよそ2時間遅れているという情報をキャッチ。過去、何度か撮っている遅れたサンライズはいずれも曇りのカット。せっかく晴れそうなので、今回は側面ギラリを狙ってみよう。

日の出の時間を調べ、ここなら光が当たるだろうとこのポイントをチョイスしましたが・・・思惑通り太陽は上がってきたものの、空気の抜けがいまひとつでやや弱い光線のなか、サンライズエクスプレスが走り抜けていきました。

2016年8月3日 5031M 東海道本線 篠原~野洲 285系
20160803203103
20160803123000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

2016年7月7日 古座川鉄橋を渡る283系 くろしお22号

1996年にスーパーくろしおとして運行を開始、その後、オーシャンアローを経てそして現在はくろしおに名称を統一された283系。全く古さを感じさせない優れたデザインですが、既にデビューから20年経ちました。

運行開始時には串本駅でもセレモニーがあり、駅前には大変な人出があったことを今でも覚えています。この時は数年もすればこの区間の特急は全て283系に置き換えられると思っていたのですが・・・デビューしたあと、特に白浜以南の乗客数は減少。振子機能を搭載し、高コストであることから6両編成2本と、3両の付属編成2本の計18両で製造がストップ。結局381系が長く残り、2015年になってようやく381系は287系や683系から改造された289系にスイッチ。そのなかで少数派の283系は従来通り新宮まで乗り入れています。

この283系。通常、パノラマグリーン車は新宮方、大阪方に貫通扉車ですが、通常編成が検査の時など稀に付属編成が使用され、大阪方にパノラマグリーン車ということがあります。

この日、朝のダイビングを終えて海からあがったところで、新宮方面に向かう付属編成を目撃。午後のダイビングは好みのポイントでなかったこともあって、古座川鉄橋に283系を撮りに行くことにしました。

2016年7月7日 72M 紀勢本線 紀伊田原~古座
20160707650000_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月31日 (木)

2016年3月22日 大阪乗り入れがなくなった383系 しなの

3月26日のダイヤ改正で大阪乗り入れが終了した特急しなの。調べると、しなのが大阪に乗り入れるようになったのは1971年。実に45年の歴史です。東海道本線の沿線に住む私にとって、特急しなのは子供の頃から馴染みのある列車でした。その間、キハ181系から振り子電車の381系に変わり、その後国鉄が分割民営化されてJRとなった現在に至るまでJR東海の車両が乗り入れていましたが、その間、馴染みはあっても趣味の対象になったことはなく、写真はない。せめて近場を走る姿を記録しておきたいと思いました。

3月に入った直後の晴れた日。30分ほど余裕を持って家を出たのですが、名神が事故渋滞。どんどん時間が削られて、撮影地にたどりついたところで無情にも目前を通過・・・そしておよそ1週間後、晴れ予報の日にもう一度。ところがまさかのドン曇りで撃沈。そしてこの日が3度目のトライとなりました。

趣味の対象としてはそうポイントは高くないんですが、今度は万全を期して1時間以上前に到着。同じJR東海のひだなどを撮りながら、しなのを待っていました。すると背後から貨物列車の音。振り向くとEF66の0番代。そうなんだ・・・と思った次の瞬間。んっ!えっ!27やん!なんで?快晴の下、目前を通過する27号機を呆然と見送るだけ。このところ仕事が忙しくて鉄思考が鈍り、何も調べず前日夜に上ったので戻ってくるのは翌日と思い込んだのが大失敗の原因。情けない。鉄失格です。

ということで、3度目の正直で撮ったしなのより、27号機を取り逃がしたことのほうが忘れられない日になってしまいました。

2016年3月22日 東海道本線 野洲~篠原 2009M 383系
20160322100100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

2015年9月23日 早朝の古座川鉄橋 283系 くろしお10号

22日夜は遅くまで飲んで、いつ寝たのかもよくわからない状態でしたが、なんとか7時前に起きることに成功。古座川鉄橋でくろしおを1本撮ってから海に行くことにしました。1号は283系。

未だに新型車両のイメージが強い283系ですが、オーシャンアローとして1996年に登場して以来もう20年。381系を淘汰するのは283系だと疑わなかったのですが、乗客の減少に加え、高コストなこともあり、6両の基本編成2本と3両の付属編成2本の計18両の製造に留まった希少な電車です。

2015年9月23日 60M 紀勢本線 紀伊田原~古座 くろしお10号
20150923114447

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

2015年5月30日 C61SLばんえつ物語 【1】 送り込み回送

C57180の全般検査中、GWから5月いっぱいC6120がSLばんえつ物語号を牽引しました。この機関車は現役時代に宮崎で見たこと、そしてスマートなC57に対しD51のボイラを利用しているとはいえC62にも通じる重量感のある幹線旅客用機関車の風格が感じられるC61。この機関車が風光明媚な磐越西線の非電化区間を走るとなれば、是非見ておきたい!でも、ここまでなかなか連休がとれず。日帰りで会津往復っていうのもかつてはやったことがあるけれど、このトシになるとちょい無茶。そしてようやく運行の最終週となる30日、31日の2日間休みがとれたので行ってきました。

まずはばんえつ物語の送り込み回送から。その前にやってきたE653系のおはよう信越や普通電車で編成の長さをチェック。こんなところでE653系を見るなんて、ちょっと前には考えたこともなかったこと。改めて時代の移り変わりを感じつつ、長い一日のスタートです。

2015年5月30日 3361M  信越本線 亀田~越後石山 E653系 おはよう信越
20150530000005


2015年5月30日  信越本線 亀田~越後石山 EF81-151 C61ばんえつ物語送り込み回送
20150530000009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

2015年5月26日 しらさぎ11号 681系先行試作車

トワイライトエクスプレスを撮影後、すぐ近くで逆向きにスタンバイ。4071レを待っている間にやってきたしらさぎ11号は、3月のダイヤ改正でサンダーバードからしらさぎに転用された681系の先行試作車を含む編成。スカート部のリベットと運転席側面の窓のかたちが特徴です。最近まで485系が走っていたこともあり、681系は未だに「新型」の印象ですが、1992年のデビューからもう23年経ちました。

2015年5月26日 11M 北陸本線 坂田~田村 しらさぎ11号
20150526300887_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

5月2日 元北越急行 スノーラビットN03編成のしらさぎ59号

このところ頻繁にしらさぎ運用に入っている元北越急行の683系 N03編成。4月21日に撮って以来、いい条件で米原に来る日は仕事がビッシリで身動きとれず、指をくわえているしかありませんでしたが・・・5月2日朝、しらさぎ54号に入ったらしい。だったら59号で戻るはず。晴れた日にレンゲを絡めてスノラビ色を撮れるのはラストチャンスかも。この日も仕事でしたが、夜に戻れば途中は抜けても支障ない。そこで時間のロスを最小限にするため新大阪から米原まで新幹線に乗り、りょうさんに駅まで迎えに来てもらうことに。

ところが・・・会社を出てしばらくするとスノラビは臨時のしらさぎ91号で金沢に戻ったという情報が!えっ!一瞬会社に戻ろうかと思いましたが、せっかく出てきたんだから、EF81の4071レもあるようだし、しらさぎは通常色でもレンゲを絡めて撮ろうとそのまま新幹線に乗りました。でもテンションはダダ下がり・・・

しばらくして、りょうさんからスノラビが金沢から回送で上っているとの情報。これは予想外の動き。時間的に59号?。うまくいけばスノラビを撮れるかもしれない。これでまた、やる気が出て来たぞ。米原で拾ってもらい、回送がもし臨時しらさぎのダイヤで来るならあまり時間がないので田村~坂田で待つことにしました。

ところが・・・思った時間を過ぎてもスノラビは来ない。時おり通過情報はあるものの正確な居どころがわかりません。そのうち下りの貨物列車が2本通過。このタイミングで長浜停車中の情報が・・・そしてとうとう準本命の4071レの時間。長浜まできているスノラビがいつ発車するかわからないので、その場を離れる勇気なく、見るだけに終わりました。結果的には撮ってから移動しても十分時間はありましたが・・・そして17時20分過ぎ、ゆっくりとやってきたスノーラビット。

2015年5月2日 回????M  北陸本線 田村~坂田  683系N03編成
20150502122365



これで59号にスノラビが入ることは確実です。ただ、今日の目的はレンゲ。こんなところで時間を使ってしまい、本命が撮れなければなんのこっちゃ、になってしまいます。急いで姉川に向かいます。59号が米原を発車するまで数分というタイミングで到着。曇る心配はありませんが、風が出てきたので水鏡はダメ。幸か不幸か全く迷うことなくレンゲアングルに決定。順光・斜光線はいいけれど、低く射し込む光線でフレームのなかに伸びる自分の影・・・できるだけ低い姿勢でスタンバイ。そして時間通りしらさぎ59号がやってきました!

2015年5月2日 5059M  北陸本線 長浜~虎姫  683系N03編成
20150502221447

東の空には月が昇ってきました。
20150502244111


いろいろ制約もあり、細かいことをいえば「もっとこうしたかっ た」っていうのはありますが、なんとかレンゲ×スノーラビットをゲット!このあとはクルマで大阪の職場にトンボ帰り。GW中でしたが渋滞なく無事戻ることができました。

北越急行からJR西日本に譲渡された681系と683系。この683系N03編成が 最後のスノーラビット色となりましたが、いつまでこのままの色で走ってくれるのでしょう?前にも書きましたが、ただ珍しいというだけでなく、特急色としてJR西日本色より華があり、優れたカラーリングだと思うのですが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧