国鉄形電車

2016年7月31日 (日)

2016年7月30日 夜の瀬田川 583系 天理臨

7月28日早朝、天理臨として京都に来た秋田の583系。向日町に3日間留置されたのち、30日夜に関西を発ち帰路につきました。夜の駅では何度も撮っているので、今回は瀬田川で。

空には火星、川面に映る街明かりと583系の照明。定刻、天理臨はゆっくりと通過していきました。高感度ノイズ、速度が遅かった分流れかたが不十分・・・いろいろ課題はありますが、いかにも夜行列車らしい雰囲気。既に博物館級といっていい国鉄色をまとった583系がはるばる関西までやってくるのは奇跡的。あと何回、こんなシーンを見ることができるのでしょう?

2016年7月30日 9130M 東海道本線 石山~瀬田 583系 秋田車
20160730100100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

2016年4月28日 583系 『ニコニコ超会議号』

27日に「夜行列車 秋田~大阪の旅」で大阪に送り込まれた秋田の583系は28日夜、「ニコニコ超会議号」として関西を発ち、京葉線 海浜幕張に向かいました。

貴重な583系。失敗を恐れて安全策に走ってしまい、通過速度が遅かったこともあってほとんど流れず。バルブ撮影と大差ないカットになっちゃいました・・・

2016年4月28日 9132M  ニコニコ超会議号 583系秋田車
20160428800100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

2016年4月27日 『583系夜行列車 秋田~大阪の旅』

5087レが来る前あたりから降り出した雨は幸いそう強くなることなく、心配だった被りも上り普通電車が通過してフレームから出たところで583系のヘッドライトが見えくるようなタイミング。

6両編成とはいえ、博物館に収蔵されるようなおよそ40年前の電車が、しかもデビュー当時のコンセプトのまま、夜行列車として本線を走っているのですから、これはもう動態保存といってもいいレベル。しかも583系を所有しているJR東日本エリアを飛び出してJR東海、JR西日本エリアまで来るなんて奇跡といっていいのではないでしょうか?

「583系夜行列車 秋田~大阪の旅」で大阪に入った583系は翌28日夜、「ニコニコ超会議号2016」として海浜幕張駅に向かうそうです。

2016年4月27日 9131M  583系 秋田車
20160427583600_2
20160427583120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 5087レ EF65-2127

4月27日 『583系夜行列車 秋田~大阪の旅』が関西にやってきます。企画名の通り、今や最後の1編成となったJR東日本の583系。天理臨として関西に来る時は早朝が多いんですが、今回は午後着。仕事のやりくりがうまくできたので、行ってきました。

予報は曇りのち雨。できるだけ空が入らないポイントで思いついたのはここくらい。ただ、電化区間の見下ろしはかなり厄介。どのスパンで切るか?折り重なる架線柱、各種ポールや障害物の処理を考え始めると訳がわからなくなってくるんですね。上手ければズームしながら各スパン毎に決めていけばいいんですが、私みたいな下手くそが真似すると、ハチャメチャになってしまいます・・・

583系の30分ほど前に5087レが来た時には、カメラのセットができていなかったので、このスパンだけ。通称、カラシ扉の2127号機でした。

2016年4月27日 5087レ EF65-2127
20160427508700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

12月7日 藤尾の陸橋で3096レ EF510-1 と117系普通電車

7日朝、久しぶりに3092レの時間に合わせて琵琶湖疏水の遊歩道を歩いて藤尾の陸橋まで行ってきました。12月も1週間が過ぎ、京都の平野部でもようやく紅葉が見頃。記憶の範囲では最も遅い色づきです。ただ、昼夜の気温差が少ない日が続いたからか、例年に比べ色づきは悪く、鮮やかさに欠ける印象です。

20151207122000
20151207124511


3092レは青い507号機のはずだったんですが、定刻にトンネルから出て来たEF510は赤。定刻ならおよそ30分前に通過しているはずの3096レのようです。3092レをしばらく待っていましたが10時になって1時間以上遅れる情報が出たので断念。

2015年12月7日 遅3096レ 湖西線 大津京~山科 EF510-1
20151207200000


数年前までは国鉄型車両の宝庫だった湖西線も今ではこの117系と113系などごくわずかになってしまいました。

2817M
20151207200100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

最終日前日 串本 袋港から381系の特急くろしお14号

10月29日は串本で潜ってきました。いつも、9時30分出港のダイビングボートで準備をしているときに通過する381系のくろしお14号。何度か列車が現れてから水中用のカメラを向けたことがありますが、マクロレンズの焦点距離と合わないうえ、ハウジング越しに素早く露出の設定することができず、ちゃんと撮れたためしがありません。

ブルーのラインが入った381系を見られるのもこれが最後。ハウジングに入ったカメラのほかに陸上用のカメラも持って桟橋に行きました。線路沿い手前には電柱が並び、国道42号線を走るクルマ。撮影ポイントとしては適さない場所ですが、個人的に長年見慣れた風景を記録するための1カットです。

2015年10月29日 紀勢本線 串本~紀伊有田 64M くろしお14号 381系
20151029114778_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

2015年5月31日 485系国鉄色のあいづ4号

往路のばんえつ物語、電化区間での撮影をやめて復路の撮影場所を決める。といってもこの時点で既に有名ポイントは埋まっている状態。この人出、おそらく今までばんえつ物語を撮りに来たなかで一番多いんじゃないかな?いくつか考えていたところを回って、スペースが広そうなところを確認した後、前日曇っていまひとつだった同じ場所であいづ4号を撮ろうと移動開始。

ところが・・・そうでなくてもギリギリだったのに途中、交通事故があったようで渋滞して5分以上ビクとも動かない。Uターンして迂回できそうな道を走りますが時間は微妙。しかも青空はあるものの15分前のこの時点では曇っている。仮に曇れば昨日と同じことになっちゃうし・・・そこで急遽、晴れることはないと踏み、逆光側のポイントでスタンバイ。ところが!こんな時に限って晴れてくるんですよね・・・トップライトに近い状態なのでまだ見られなくはないけれど、側面に日が当たらない残念な写真になってしまいました。

2015年 3238M 磐越西線 東長原~磐梯町 あいづ4号
20150531190111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

2015年5月30日 485系 あいづ6号

およそ3時間半遅れて17時過ぎに会津若松に着いたC61ばんえつ物語号。打ち切りにはせず、終着駅を新津に変更して運転されるようです。機回しと点検整備をすると少なくとも1時間以上はかかりそう。早くても18時過ぎ?なら非電化区間に来る時間にはかなり暗くなりそうです。

その間、国鉄特急色のあいづ6号を撮りに行くことにしました。朝撮ったT18編成が引退すれば、485系としておそらく最後になるはずの国鉄特急色の編成。「特急といえばこの色」が刷り込まれている私たちの世代には、まだ実感がわかないんですが・・・

磐梯山をバックに晴れて欲しい場所なんですが、そううまくはいきません。でも撮れただけでもラッキーでした。

2015年5月30日 3240M  磐越西線 磐梯町~翁島 485系仙台車 A-1+A-2編成 あいづ6号
20150530300654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

2015年5月30日 「ありがとう485系国鉄色号」 485系T18編成

北陸新幹線の開業により、定期運用を失った485系T18編成ですが、いよいよこの日の団体臨時列車を最後に引退します。新潟駅を9時28分発のばんえつ物語号の2分後にT18編成が発車するダイヤ。今回はC61ばんえつ物語がメインですが、関西にも度々姿を見せていたT18編成の最後の姿をひと目見ておきたい!とはいえ、C61ばんえつは犠牲にしたくない。そうすると時間的に行ける場所は限られます。撮影地に着くと光線は正面にしか当たらず、前を走ってきた普通電車で画像を確認するとダメな感じ。そこで踏切の反対側に回り、望遠レンズで正面から。

ところが2つの誤算・・・T18の特徴でもある屋根上の2灯ヘッドライト。北陸本線なら北側なので、ここでもてっきりこっち側かと思っていると、あれっ?違う・・・新潟で編成の向きが変わことを知りませんでした。まぁヘッドライトはどっちでもいいんですが、団体のヘッドマークはなんで?わざわざラストランとして乗客を募集してたので、たとえシールでも何らかの特製マークを付けてくると思っていたのに。ちょっとガッカリ。これが最後のT18との対面でした。

2015年5月30日 9081M 白新線 新崎~早通 485系T18編成
20150530000012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月30日 C61SLばんえつ物語 【1】 送り込み回送

C57180の全般検査中、GWから5月いっぱいC6120がSLばんえつ物語号を牽引しました。この機関車は現役時代に宮崎で見たこと、そしてスマートなC57に対しD51のボイラを利用しているとはいえC62にも通じる重量感のある幹線旅客用機関車の風格が感じられるC61。この機関車が風光明媚な磐越西線の非電化区間を走るとなれば、是非見ておきたい!でも、ここまでなかなか連休がとれず。日帰りで会津往復っていうのもかつてはやったことがあるけれど、このトシになるとちょい無茶。そしてようやく運行の最終週となる30日、31日の2日間休みがとれたので行ってきました。

まずはばんえつ物語の送り込み回送から。その前にやってきたE653系のおはよう信越や普通電車で編成の長さをチェック。こんなところでE653系を見るなんて、ちょっと前には考えたこともなかったこと。改めて時代の移り変わりを感じつつ、長い一日のスタートです。

2015年5月30日 3361M  信越本線 亀田~越後石山 E653系 おはよう信越
20150530000005


2015年5月30日  信越本線 亀田~越後石山 EF81-151 C61ばんえつ物語送り込み回送
20150530000009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧