583系

2017年1月29日 (日)

2017年1月27日 惨敗・・・夜の天理臨 583系秋田車

27日夜、583系、天理臨を撮り行きました。室内灯が雪に反射するシーンをイメージし、あえて光源のない場所を目指しましたが・・・この間から何度か書いているように、この冬は雪道に弱いクルマになってしまい、今回も脇道に入ると轍でフロアを擦ってスタック寸前。なんとかバックして脱出できたものの大きく時間をロス。はるか遠くにようやく駐車スペースを見つけて雪のなかを苦労して歩き、立ち位置を考えていたところで583系が来てしまいました。その場でなんとかカメラを構えて撮ったものの、編成切れ。マトモに勝負できないままの惨敗。苦労した末の惨敗だけに、ダメージ大きいです。

あまり思い出したくないんですが、一応の記録としてアップしておきます・・・

2017年1月27日 583系 天理臨
20170127225629
20170127225627


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

2016年7月30日 夜の瀬田川 583系 天理臨

7月28日早朝、天理臨として京都に来た秋田の583系。向日町に3日間留置されたのち、30日夜に関西を発ち帰路につきました。夜の駅では何度も撮っているので、今回は瀬田川で。

空には火星、川面に映る街明かりと583系の照明。定刻、天理臨はゆっくりと通過していきました。高感度ノイズ、速度が遅かった分流れかたが不十分・・・いろいろ課題はありますが、いかにも夜行列車らしい雰囲気。既に博物館級といっていい国鉄色をまとった583系がはるばる関西までやってくるのは奇跡的。あと何回、こんなシーンを見ることができるのでしょう?

2016年7月30日 9130M 東海道本線 石山~瀬田 583系 秋田車
20160730100100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

2016年4月28日 583系 『ニコニコ超会議号』

27日に「夜行列車 秋田~大阪の旅」で大阪に送り込まれた秋田の583系は28日夜、「ニコニコ超会議号」として関西を発ち、京葉線 海浜幕張に向かいました。

貴重な583系。失敗を恐れて安全策に走ってしまい、通過速度が遅かったこともあってほとんど流れず。バルブ撮影と大差ないカットになっちゃいました・・・

2016年4月28日 9132M  ニコニコ超会議号 583系秋田車
20160428800100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

2016年4月27日 『583系夜行列車 秋田~大阪の旅』

5087レが来る前あたりから降り出した雨は幸いそう強くなることなく、心配だった被りも上り普通電車が通過してフレームから出たところで583系のヘッドライトが見えくるようなタイミング。

6両編成とはいえ、博物館に収蔵されるようなおよそ40年前の電車が、しかもデビュー当時のコンセプトのまま、夜行列車として本線を走っているのですから、これはもう動態保存といってもいいレベル。しかも583系を所有しているJR東日本エリアを飛び出してJR東海、JR西日本エリアまで来るなんて奇跡といっていいのではないでしょうか?

「583系夜行列車 秋田~大阪の旅」で大阪に入った583系は翌28日夜、「ニコニコ超会議号2016」として海浜幕張駅に向かうそうです。

2016年4月27日 9131M  583系 秋田車
20160427583600_2
20160427583120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

2015年10月24日 近江長岡で583系天理臨

10月24日朝、583系が東海道を経由して関西に向かっているという情報をキャッチ。いつもは夜明け前後の厳しい時間に京都に到着する天理臨ですが、今回は昼前に着く異例の時間。十分に間に合う時間だったので、予定を変更して急遽カメラを積んでスクランブル発進です。

目指したのは近江長岡。ここは予想通りとはいえ、100人を超える撮影者で賑わっていました。晴れているもののPM2.5の影響でかすみが酷く、これだけ近くまで来ても伊吹山はぼんやりとしか見えません。伊吹山バックのベストポジションは入る隙間がないほどのひな壇ができあがっていますが、山を意識しなければ余裕。順光で583系が撮れただけでも十分満足できました。

2015年10月24日 9133M? 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 583系仙台車
20151024210080
20151024210111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

2015年7月28日 早朝の瀬田川で583系天理臨

2日前、友人から28日早朝に天理臨が来ることを教えてもらいましたが時間がわからない・・・東海道経由になって2度目の京都入りとなる583系天理臨。前日夜の天気予報では曇りだし、あまり前向きではなかったのですが4時半には目が覚めてしまいました。

目撃情報をチェックすると、遅れていた4月より少し早い時間でこちらに向かっているようです。ただ、この時間から間に合うの瀬田川くらい。窓から外を見ると、えっ、晴れてるやん!瀬田川は逆光。でも、もう東に足を延ばす時間はないので、迷うまでもなくここで撮るしかありません。

この時間、道は空いているので15分ほどで到着。しばらくすると正面の空がきれいに色づき、刻々と色を変えていきます。空を撮るならいいけれど今日の主役は583系。5時20分を過ぎると鉄橋で隠されていた太陽が顔を出し、正面から光が射し込んできました。空はどんどん明るさを増し、線路周辺との明暗差が大きくなっていきます。困った・・・そして5時30分、583系がやって来た時は編成で太陽を隠す状態に。真正面から光が入る最悪の事態は避けられたもののモロ逆光。それでも空の色が残っていたのがまだ救い。夜通し走り続けてきた夜行列車が朝を迎えたシーン、とポジティブに考えておきましょう。

2015年7月28日 9129M 東海道本線 瀬田~石山 583系秋田車
20150728334555

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

4月17日 東海道経由になった583系 天理臨

3月のダイヤ改正で一部が第3セクター化された日本海縦貫線をJR旅客会社の車両が走行できなくなり、東北からの天理臨が東海道経由に変更。16日から17日にかけて、改正後初めて秋田の583系が関西にやってきました。

知ったのは前日夜。天気悪そうだし、時間がはっきりわからないし、パスするつもりだったんですが、朝5時頃、猛烈な雨の音で目が覚めました。あまりに激しいので目が冴えてしまい、しばらくぼんやりしていましたが。天理臨はどうやら1時間ほど前に名古屋あたりを通過したらしい。窓から見送って済ませようかと思ったけれど、5時半頃になると雨があがり明るくなってきました。この時間なら瀬田川までなら20分ほど。それならまだ間に合うかとスクランブル発進。

着くと、天理臨は野洲を通過したとの情報を先に来ておられた方から教えていただき、急いでセッティング。先に通過した貨物列車は普通に撮れたんですが、このあと空は急に真っ黒な雲に覆われて雨が降り始めました。絶望的な暗さ。583系が来た時は ISO3200で絞りは解放でもまだマイナス2段。もちろんドアンダーですが、夜行列車らしい雰囲気ということで・・・

10分前に通過した1069レ。この時はまだ余裕でしたが・・・

2015年4月17日 1069レ 東海道本線 石山~瀬田 EF210-152
20150417330114

10分の間に4絞りほど露出が落ちてしまいました・・・

2015年4月17日 東海道本線 石山~瀬田 583系
20150417548631_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

11月3日 山の上から 583系 錦秋の京都号

11月初めの連休は、いろいろイベント列車も走っていましたが1日・2日は仕事がビッシリ詰まって全く身動きがとれず。3日は午前中と夕方に仕事が入ったものの、昼間は時間を空けることができたので、583系の団体臨時列車「錦秋の京都号」をピンポイントで撮ってきました。

珍しく日が高い時間に583系が湖西線を北上するので、今回はまだ撮ったことがない琵琶湖バックが目標。しかし基本的に太陽を背負って走ってくるうえ、この日は冬型の天候。湖西は風が強く、午前のサンダーバードは米原経由で迂回運転をしていました。自宅で運行情報をチェックしながらどう動くか考えているうちにタイムリミット。午後のサンダーバードに迂回情報がなかったので、近江今津あたりを目指して湖西道路を北上します。

やはり冬の天気。安曇川付近まで来ると急に空が暗くなって雨が降ってきました。北方向は一面鉛色の雲。何度も撮っている583系。接近戦で曇りの編成写真を撮りたいとも思わないし・・・今津の手前でUターン。光線状態は悪いことを承知で山を目指しました。ふもとに着いた時にはそろそろ京都を発車するかという時間。そしてまさかの雨。

ほぼ4年ぶりに来たこの場所ですが、ややサイド寄りのアングルがとれる場所は下から見ると、木が伸びて撮れるかどうか怪しい状態。行ってダメならアウト。でももう後戻りはできません。ほぼ完全逆光を覚悟して線路との角度が浅い場所に行くしかありません。山登りのつもりはなかったので軽装備で来たことを悔やみつつ、道のない斜面で何度も足をとられながらも何とか間に合いました。

登りきったところでは晴れてきましたが、やっぱり逆光。光る湖面はきれいだけど・・・地味な583系は風景に溶け込んでしまうので、ちょっとでも列車が大きく写るよう、遠くに霞んで見える比叡山の稜線はカットしてフレーミング。あとはコントラストを上げて処理しました。

2014年11月3日 9515M 583系 錦秋の京都号
20141103123444

編成写真はいらん、なんて言いながらも、せっかく重いレンズも持って登ってきたんだし・・・やっぱり撮った編成写真。

2014年11月3日 9515M 583系 錦秋の京都号
20141103123446_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

8月16日夜 京都駅で583系 甲子園臨

早朝、大阪に到着した応援列車でしたが、秋田県立角館高校の試合は第4試合。残念ながら鳥取県代表の八頭高校に1-6で敗れてしまいました。そして応援団を乗せた583系はその日のうちに帰路につくことになります。

復路は仕事で諦めていたのですが、大雨の影響で遅れているようです。幸い来るときに宮原に寄ったのでカメラは積んでいる。仲間に京都駅の様子を聞くと、まだまだスペースに余裕があるようなので急いで仕事を片づけて京都駅を目指すことにしました。

ちょっと待てよ・・・そもそも京都駅に停車するの?そして停車時間はもちろんのこと、停車するとしてもどこに入るかわからない。ちょっとドキドキしながらスタンバイ。そして定刻から1時間半ほど遅れてやってきた583系は普通電車の影に隠れるように1番線に止まりました。

邪魔に思える普通電車ですが、JR西日本の電車と583系が並ぶ姿は今後も見られるでしょうか?

2014年8月16日 遅9507M 京都駅 583系甲子園臨
20140816231546



583系はその後しばらく動き出す気配はなく、結局15分ほどの停車となり、京都駅は撮影会状態でした。
20140816231548
20140816232001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月16日 昼の宮原で休む583系

この日は午後から仕事でした。早朝、湖西線で583系、長岡京~山崎でサンライズを撮ったあと、出勤途中に新大阪に寄り、夜の復路出発まで宮原で休んでいる583系を撮ってきました。

残念なことにあすかは西側に留置してあり、視界の外でしたが、24系・12系・サロンカーなにわと並ぶ583系。1年後にはもう見ることができない風景になっているのかも知れません。

2014年8月16日 宮原総合運転所
20140816855444

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧