甲種輸送

2016年9月29日 (木)

東武鉄道に譲渡される12系・14系客車の甲種輸送 EF65-2139

東武鉄道がJR北海道のC11207を借り、2017年夏から営業運転を計画していますが、その列車に使用する客車はJR四国から譲渡される12系2両と14系4両。この計6両がJR四国 多度津工場で整備され、9月28日から甲種輸送で東武鉄道に運ばれました。

甲種輸送なので担当するのはJR貨物。牽引機に選ばれたのは、なんと先の全般検査で原色に戻され、JR貨物唯一の国鉄特急色になったEF65のラストナンバー2139号機!座席車とはいえ、ブルートレインを彷彿させる青ベースの車体に白いラインが入った12系と14系。おまけに、かつての寝台特急「瀬戸」をイメージした専用ヘッドマークが装着されたうえ、関西からJR東海管内を明るい時間帯に走行するとなれば大注目です。

29日早朝に関西を通過する東武甲種ですが、あいにくの雨。それでもひと目見ようと早起きして仕事前に出かけてきました。前日からの大雨による遅れが心配でしたが、定刻、詰めかけた多くのギャラリーが見守るなか、ゆっくりと通過する2139号機!JR線内を青い14系客車が原色のPFに牽かれて走行するシーンは、これが最後になるのかもしれません。

2016年9月26日 8862レ 東海道本線 醒ヶ井~近江長岡 EF65-2139+12系2両・14系4両
20160929100300

近江長岡の停車時間を利用して先回り。手持ちでおまけの1カット。

2016年9月26日 8862レ 東海道本線 近江長岡~柏原 EF65-2139+12系2両・14系4両
20160929800100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

7月25日 JR北海道 733系電車の甲種輸送 EF510-8

またまた撮影順ではなくなってしまいますが、鉄道の記事を先にアップです。

7月25日は休み。朝から午後にかけて用事を済ませたあと、思うところがあって伊吹山ドライブウェイに行き、帰りに彦根で買いものをしようと米原を通ったら・・・米原操車場にステンレス車両が止まっています。先頭は赤いEF510。そういえば北海道733系の甲種輸送って今日やったんや。時間も全くわかりません。操車場横まで行くと、安土あたりでよくお会いするAさんの姿がありました。そこで、発車時刻をお伺いするとまだ十分間に合います。(感謝sign01)幸いクルマにカメラは積んでいたので坂田~田村に向かいました。

平日の夕方にも関わらず、あちこちの撮影ポイントには既に多くの撮影者がスタンバイ。EF81ならともかくEF510の甲種輸送でこれだけの人が集まるんや・・・と驚きながら駐車できる場所を見つけ、いつもの場所へ。既にたくさんの三脚が並んでいましたが、難なくスペースを確保。顔見知りの方が多かったこともあって、偶然遭遇したとは思えない感じで列車を待ちます。ほどなくしてやってきた赤いEF510。斜光線の順光!狙っていくとなかなかこうはいきませんよね。日没近くの少し色づいた光線はなかなか映えるシーンを演出してくれました。

2014年7月25日 9561レ 北陸本線 坂田~田村 EF510-8+JR北海道 733系12両
20140725213444

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

6月25日 キハ48転属回送 EF81-108

この日は27号機通過からおよそ2時間後、松任まで回送されるキハ48の配給輸送がありました。できれば湖西線内で撮りたかったんですが、晴れたり曇ったりの中途半端な天気。曇れば冴えない、晴れたらいい光線で撮れる場所が思い浮かばないし、移動が面倒というのもあって、そのままうしろを向いて望遠で。でもやっぱり、ゴチャゴチャしてるなぁ・・・

2014年6月25日 配9381レ 島本~山崎 EF81-108+キハ48 4+キハ48 1004
20140625264441

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

6月21日 JR東日本 E6系 スーパーこまち甲種輸送 EF65-2060

午前のEF66-27がこの日の主役を奪った感があり、天気が悪いこともあってE6系の甲種輸送はやめて仕事に行こうかとも思いましたが、前回、不本意な結果に終わっているので、やっぱり留まることに。撮影後、大阪まで移動することを考えてインターチェンジにに比較的近い篠原で撮ることにしました。

5087レのあとはかなり時間はあり、買い物も考えましたが、行けば散財してしまう・・・一旦家に戻ってもすぐに出直さなければならず、たまにはぼんやりと時間を使うのもいいかとクルマを止めて、しばらくお昼寝。あとは周辺を散歩したりして時間をつぶし、1時間ほど前に戻ってセッティングしようとしたところ、ここでブログでお世話になっている鉄ママさんと初めてお目にかかり、通過までの時間を楽しく過ごすことができました。

午後になっても雨がパラつく曇り空。通過前には一段と暗くなり、沈んだ雰囲気になりましたが、今回はE6系の赤が少し助けてくれたかな?晴れたら晴れたで難しい光線になる時間帯ですが、青空の下で撮ってみたい列車です。

2013年6月21日 9866レ 東海道本線 野洲~篠原 EF65-2060
20130621166544

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

JR東日本 E6系 スーパーこまち 甲種輸送 EF65-2036

5月31日、JR東日本の新幹線 E6系 スーパーこまちの甲種輸送があったので行ってきました。朝からよく晴れていましたが、空は白っぽく山は霞んでいます。PM2.5の分布予測を見ると本州全域がすっぽり覆われています。(最近、報道しなくなったのはなぜ?)そのうえ午後になると空は薄雲に覆われて真っ白け。一応、影が出る程度の光はあり、逆サイドに回ることもできず・・・時間は十分あったので、心あたりの何か所かを見て回りましたが、どこも積極的に撮りたいと思える場所はなく・・・それなら帰るのに近いところ、という安易な理由でここを選びましたが、予想していたとはいえ、白い空に白いE6系がまるで保護色のように溶け込んでしまう残念な結果に。

ただ、初めて見る新幹線車両の甲種輸送。E6系のボリューム感、最新のデザインと箱型の車体に大きなパンタグラフを装着したちょっとレトロなEF65-2036の対比は一見の価値あり。関西の在来線で東日本の新幹線が見られるなんて、なかなかおもしろい経験でした。

2013年5月31日 9866レ 東海道本線 野洲~篠原 EF65-2036+JR東日本 E6系 7両
20130531896644

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

12月18日 西武鉄道 新101系・301系 甲種輸送 【2】 DE10-1192

2009年3月に同じ西武鉄道の101系が近江鉄道に譲渡された時も、同じパターンで運転されましたが、その時は仕事のため、朝、EF65が牽引するところだけ撮り、梅小路~彦根のディーゼル機関車が牽引する区間は諦めました。今回はスケジュールの調整がうまくいき、仕事を15時30分以降に集めることができたので、初撮影です。

このブログを見ている方には「こいつ、どんだけヒマやねん!」と思われているんでしょうね。でも、もう3週間休みなし。毎日夜は遅くまで仕事しているんですよ。とちょっと言い訳を(笑)

さて、天気はすっかり冬型に変わり、暗い雲に覆われたり、時おり日射しがあったりの繰り返し。時間的に太陽を背負って走ってくるので、晴れるとほぼ逆光になってしまいます。かといって曇っても南の空は終始明るいので、どちらにしても厳しい光線状態。いっそ、朝のように空全体が暗く沈んでいるほうがいいんですが・・・

ここもダメ、あそこもダメ。しばらくウロウロするうちに時間切れ。風景を入れることを諦め、敷地外から正面がちに撮れるところに行ってみました。DE10が東海道本線を走るのを見たのはおそらくSLの本線試運転以来。貨物更新色のDE10は初めてです。でも、周囲になにも写っていないと、なんだか入れ換え中みたいですね・・・

2012年12月18日 9860レ DE10-1192
20121218865544

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

12月18日 西武鉄道 新101系・301系 甲種輸送 【1】 EF66-112

近江鉄道に譲渡される、西武鉄道で廃車になった新101系・301系電車が12月18日着で関西にやってきました。目的地、彦根での入れ換えの問題があるようで、EF66の牽引で東海道本線を下ってきた列車は彦根を通過して一旦梅小路まで行き、DE10に交代して折り返し、目的地の彦根に戻るかたちとなります。

まずEF66が牽引する下りは、おなじみの安土に行きました。うしろの山の木はすっかり葉を落とし、低い曇が空を覆って色に乏しい風景が広がっています。水田も色を失っていますが、白く飛んだ空よりはまだいいかと、カメラを下に降ったフレーミングで列車を待ちました。

定刻、平日にも関わらず、詰めかけたたくさんのギャラリーが待ち構えるなか、EF66に牽かれた黄色い電車がトンネルから出てきました。相変わらずどんより曇ったままでしたが、冬の沈んだ風景に黄色い電車がアクセントになり、それなりの雰囲気はある写真になったかな?

2012年12月18日 9481レ 東海道本線 能登川~安土 EF66-112
20121218456845

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

11月14日 新宮からの救援甲種輸送 第2弾 スーパーくろしお編成 EF66-120

13日の283系オーシャンアロー編成に続き、14日は新宮から381系 スーパーくろしお編成が戻ってきます。日曜日と重なった前日ほどの人出にはならないにしても、朝にある用事やあとの仕事のことを考えると、時間的に瀬田川あたりにしておくのが無難。ということで、余裕を持って現地に入りました。

ここは上下線それぞれの両側にある架線柱の処理が難しく、苦手ポイント。そのうえ季節感に乏しく、バックが完全に空になるので天気が悪ければ、暗く沈んだ写真になってしまいます。立ち位置を決めれば、あとは曇らないことを祈るだけ。

通過時間が近づくにしたがって撮影者は増え、通過時には水路をはさんで横一列が埋まって50人ほどになりましたが、前日の安土のように騒然とした雰囲気ではなく、周りの方と話しながら、ゆったりと列車を待つことができました。空は相変わらず白っぽく、空を映す水の色も悪いのが残念ですが、なんとか日は射した状態で、定刻、クモヤ145とスーパーくろしお編成を従えたEF66がゆっくりと姿を現しました。

趣味的にはおもしろい編成ですが、機関車に牽かれる電車にはやっぱり違和感が残ります。12月3日に流失した那智川の鉄橋が復旧し、紀勢線が全線開通したら、串本あたりで元気に走るこれらの編成を見ることが楽しみです。

2011年11月14日 9481レ 東海道本線 瀬田~石山  EF66-120
1111143321
11111466541

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

11月13日 新宮から戻されるオーシャンアロー編成の甲種輸送 EF66-112 【2】

毎週のように行っている能登川~安土間の定番ポイント。ここがいつもと同じ場所だと思えないほど大変なことに。ざっと100人?150人?ずらりと並んだクルマは、むしろ滋賀や京都は少数で、関東ナンバーも多数。これまでここで、いわゆる「ネタ列車」を撮ったことはありますが、20人~30人も集まればいいところ。確かに珍しい列車であることはわかるのですが、まさかここまでの人気だとは・・・何がそこまで鉄道ファンを惹きつけるのか、そんなこともわからずに撮影に来ている私は「俄か鉄」ですね・・・

そして定刻、列車が見えると、これだけの人数がいるとは思えないほど静かになり、通過と同時にシャッター音の嵐。そのなかを列車は静かに通り過ぎていきました。

確かに2度と見ることのない珍しい列車かも知れません。しかし山口でC57を見てきた直後ということもあるのか、通過後に余韻を楽しむこともなく、それほどの満足感や充実感があるという訳でもなく・・・珍しくはなくても、のんびり撮るのがいいな、ちょっと思ってしまった撮影でした。

2011年11月13日 9481レ 東海道本線 能登川~安土 EF66-112
1111133303

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

11月13日 新宮から戻されるオーシャンアロー編成の甲種輸送 EF66-112 【1】

11日、12日と山口に行っていましたが、旬の話題ということで13日の「オーシャンアロー救援の甲種輸送」の写真を先にアップします。

9月3日、四国に上陸した台風12号による大雨で、那智勝浦町の那智川橋梁が流失。その時、新宮にいた381系スーパーくろしお編成2本と283系オーシャンアロー編成1本が取り残されてしまいました。しかし、線路が流失しているためJR西日本区間を自走することができません。そこで12月3日の全線復旧に備え、この3編成は紀伊半島東側のJR東海区間から名古屋経由で機関車が牽引し、向日町まで戻されることになりました。

こうして「JR西日本の車両をJR貨物の機関車がJR東海の線路で戻す」という状況ができあがりました。それに加え、今では数少なくなったクモヤ145という事業用の電車1両が機関車と283系の間にはさまるという珍しい編成に。13日は日曜日でもあり、明るい時間帯に撮影できる米原~京都間にはたくさんの撮影者が集まりました。

まずは、夜明け間もない時間に米原近くに行きました。露出はあるものの、空は明るく線路面に日が射さない厳しい写真になりました。

2011年11月13日 9481レ 東海道本線 醒ヶ井~米原
1111133301

| | コメント (0) | トラックバック (0)