SLやまぐち

2016年11月22日 (火)

2016年11月20日 SLやまぐち最終週 【4】

翌20日、明け方には雨はあがりましたが、予報ではそのまま晴れることはなさそう。そこで、色づいた山間を白煙を引いて登ってくるやまぐち号をイメージして山に登りました。ここは光線が入ると線路に影が落ちてアウト。通過時間が近づくにつれて雲が切れてきたことは気になっていましたが、そんな心配事が吹っ飛ぶくらいの悪夢が待っているとは・・・

定刻に仁保発車の汽笛。やがて山の向こうに煙が沸き上がり、刻々と近づくドラフト音。いよいよC571の姿が見えるか、というタイミングで激しく空転。ドラフト音が一瞬消えたあと復活。その後すぐに態勢を立て直してくるだろうと思った瞬間、再び空転。そして直後に3度目の空転。ようやく歩くほどの速度に落ちた機関車が姿を現しましたが・・・空転により煙はなくなり、まさかのスカ。白煙を引くどころか、煙突からはヒョロ白煙と共にドラフト音にリンクして飛び出すバブルリングならぬ蒸気の輪。ナマで見ている分には貴重なシーンも写真になればただの情けない撃沈写真。複雑な思いで山を降りました。

2016年11月20日 9521レ 山口線 仁保~篠目 C571
20161120114940
20161120114800

いよいよ今年最後の通常運行となる9522レ。9521レで撃沈したこともあって、再び山に登りましたが・・・ここでも期待していた白煙は残ることなく、薄い煙は風であおられてグシャグシャ。残念な結果に終わりました。

2016年11月20日 9522レ 山口線 津和野~船平山 C571
20161120155539
20161120155608
20161120160327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 SLやまぐち最終週 【3】

雲が厚くなり、どんより沈んだ色の午後の津和野周辺。線路端で機関車メインのフレーミング。きれいな白煙を引いて津和野盆地を登ってきました。

2016年11月19日 9522レ 山口線 津和野~船平山 C571
20161119155456
20161119155501

既に薄暗くなった篠目。C571はフレームを煙で埋めながらゆっくりと登ってきました。まるで演出であるかのように目の前で空転!迫力のシーンを見ることができました。

2016年11月19日 9522レ 山口線 篠目~仁保 C571
20161119164356
20161119164443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 SLやまぐち最終週 【2】

徳佐ではコントラストがない曇り空。定番カットはちょっと飽きた。そこで流してみましたが、完璧に止まったカットはゼロ。甘々の自己採点で、どうにか見られるのはこの程度。ウデのなさを思い知って午前の部、終了。

2016年11月19日 9521レ 山口線 徳佐~船平山 C571
201611191242422

久しぶりに津和野の転車台に寄り、ランボードの白線や真鍮色の飾り帯を黒く塗りつぶした渋いC571をスナップ。


2016年11月19日 山口線 津和野 C571
20161119143326_3
20161119143556_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 SLやまぐち最終週 【1】

正月以来、久しぶりにSLやまぐち号を撮りに出かけてきましたが、土日ともにはっきりしない天候に加え、晩秋の山口ではまさかのスカ2連発。写真的には残念な結果に終わりました。

昼近くまで雨予報の19日は田代。縦昇りの白煙を期待して線路面に近いところにセッティング。ん?なんか動いてる。望遠レンズで覗くと、トンネル近くの標識の脇に三脚を立てた撮影者の姿。マジかぁ・・・これは目立つわ。うしろから撮っていた数十人は、みんな同じ想いだったことでしょう。

待っている間に雨はあがり、一旦霧に包まれたあとは時おり雲が切れるまで回復してきました。雨の白煙期待だっただけにちょっとガッカリ。そして、C571がトンネルを出てすぐに日が射し込んだ!半ばパニック状態になりながら露出設定を変えてレリーズ!当然ながら人のいた標識より奥は没ですが・・・その後も風の影響はあまり受けずに煙が立ち、最初のイメージとはずいぶん変わってしまったものの、射し込んだ光で煙の立体感が出てくれたのはラッキーでした。

2016年11月19日 9521レ 山口線 仁保~篠目 C571
20161119114555
20161119115301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

2015年1月3日 SL津和野稲成号 【9】 夕暮れ時の峠を下る

鍋倉で終了しようかと思っていましたが、山口方向は雲が少なそう。この日はギリギリ光が入った10月末と比べて7分早い日没。晴れていれば、ちょうど太陽が沈んで空に色がついた空をバックにシルエットが撮れるかもしれない。撤収を急ぎ、移動開始。時間が経つにつれていい色に染まる空。そして最後に思い通りのカットを得ることができました。

今回のSL津和野稲成号でいちばんのお気に入りがほぼ無煙の、このカット。SLの魅力って爆煙だけじゃないことを再認識できたラストショットになりました。

2016年1月3日 9522レ 山口線 仁保~宮野 C56160+DD51-1043
20160103001064

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月3日 SL津和野稲成号 【8】 鍋倉でバックショット

光線が入ればバックショットで側面が光りそう。ちょと欲が出て、もう1台のカメラにレンズをつけ、手持ちでも撮ることにしました。

このあたりは2年前の水害で被害を受けた区間。まだ復旧工事が終わっておらず、線路端や周辺には様々な構築物や重機があって、三脚を立てた位置からでは上手くかわすことができません。バックショットメインの方も何人かおられましたが、賭ける勇気はなく・・・この思い切りのなさが万年初心者から抜け出せない理由なんですね。

で、振り向いて撮ったのがこれ。後追いメインに考えていたカットは、機関車で隠せると思っていた建物がC56のテンダの上からみっともなく顔を出してしまい没。こちらは赤凸が目立って微妙・・・

2016年1月3日 9522レ 山口線 鍋倉~地福 C56160+DD51-1043
20160103001062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月3日 SL津和野稲成号 【7】 夕日を受けて鍋倉を発車

午後の天気は回復に向かっているようです。でも、津和野界隈で確実に日が当たるポイントは混雑必至。それなら煙は控えめでも、ゆったりできる鍋倉の発車にしよう。午後になってからは時おり太陽が小さな雲に遮られる程度で日射しがありました。これでようやく晴れカットが撮れると思っていたんですが・・・

朝に続いて今度も通過20分前あたりから怪しげな黒い大きな雲が太陽に近づき、曇ってしまいました。空のほとんどが青空なのに、なんでこうなる?曇ってしまえばアウト。そういえば、あすかをC57とC56がプッシュプルで牽いたとき、ここ鍋倉でマダラ光線で見事に撃沈したことを思い出しました。

定刻、津和野稲成号が鍋倉駅に進入。この時はまだ陰のなかでしたが、そろそろ発車するかというタイミングで雲が割れ、光が入った!雲の隙間からの光線なので、強いものではありませんが、あるとないでは大違い。「勝った!」とまではいかなくても最悪の結果は回避できました。

2016年1月3日 9522レ 山口線 鍋倉~地福 C56160+DD51-1043
20160103600100
20160103600200

引き込んでしまうと、光線が逆になってしまい、側面は影になってしまいます。
20160103001060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月3日 SL津和野稲成号 【6】 地福発車

篠目のあと、追いついたのはSL津和野稲成号が地福駅の停車中。間違いなく人出が多い徳佐に転がり込む気力はなく、まだスペースに余裕がありそうな地福駅先の踏切で、何の変哲もない編成写真を撮って下り列車の撮影を終了。

2016年1月3日 9521レ 山口線 地福~鍋倉 C56160+DD51-1043
20160103001040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

2016年1月3日 SL津和野稲成号 【5】 篠目のサミットを越える

この日は人の多い場所を避けようと、田代峠のサミットである篠目の直線、通称「逆篠」に向かいました。結構早く行ったつもりでしたが、既にベストポジションには数台の三脚が並び、苦肉のフレーミング。それでも前日とは違い、長い待ち時間を気持ちよく過ごすことができたのはラッキーでした。やっぱり同じ趣味を持つ者同士、楽しくやりたいですよね。

さて、ここで下り列車を撮るのはかつてC56で冬の運転があったとき以来。当時は長焦点のレンズを持っておらず、サミットの雰囲気が十分に出せなかったので、10年ぶりのリベンジ?です。

早い時間は光線はなくても朝もやがかかり、列車が来るとヘッドライトで線路が光ってそれはそれでいい感じでしたが、その後、雲が薄くなって晴れてきました。これで逆光に煙の輪郭がクッキリ浮き出してくれれば最高なんですが・・・そううまくはいきません。通過の15分ほど前からまた曇ってしまい、朝もやもなく光線もない、長い待ち時間を通して最悪の状況でC56が現れました。

そして、見えた時には勢いよく上がっていた白煙は、思ったより少し早い無情の絶気合図と共に勢いを失ってしまいました。投炭は続いていたのか、全くの無煙にならなかったのは救いでしたが・・・なかなかうまくいきません。

2016年1月3日 9521レ 山口線 仁保~篠目 C56160+DD51-1043
20160103001028
20160103001034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月2日 SL津和野稲成号 【4】 新山口に向かってラストスパート

この日は湯田温泉にホテルをとっていたので、山口方面に向かいます。大歳あたりで間に合えばもうけもの。木戸山峠の渋滞は想定内。山口市内の流れもそう悪くなく通過直前に到着。曇っているうえ日没時刻も過ぎて薄暗いので流してみました。

C56は新山口に向かってラストスパート。投炭は続いているようで、焚口戸が開くとキャブが炎でオレンジ色に染まります。とっさに露出をアンダーに振ってみましたが・・・これならキャブだけを切り取ってもよかったかな?なんて欲が出てきます。

このあと、ホテルにチェックイン。ひと息ついて、友人と合流し、おいしいものを食べて、ゆっくり温泉に浸かると、いつも以上に疲れた気持ちが少し回復しました。

2016年1月2日 9522レ 山口線 大歳~仁保津 C56160+DD51-1043
20160102001024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧