検測車・事業用車・訓練

2015年12月29日 (火)

2015年12月28日 DD51プッシュプルの訓練運転 【2】

米原からの折り返しは、彦根付近に移動して撮影。時間と共に雲が切れて、晴れ間が出るようになってきました。すると最初に決めたポジションは日が射し込むと線路近くの木の影が落ちることがわかり、あわてて移動。晴れるか曇るか?太陽の近くに迫る大きな雲の塊にドキドキしながらも、最高の光線で通過!

2015年12月28日 試9971レ 東海道本線 米原~彦根 DD51-1183+DD51-1191
20151228211100_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月28日 DD51プッシュプルの訓練運転 【1】

12月28日は朝から病院・・・何時に終わるのかはっきりしなかったので休みを取っていました。幸い昼までには終了。午後は時間が空いたので、DD51がプッシュプルで向日町から米原を往復する訓練運転に出かけてきました。

基本、太陽を背負って走ってくる下り。といっても雲の隙間はほとんどない。でも万一晴れても撃沈は免れる場所は?SL北びわこの送り込み回送を撮るときに行くことがある野洲~篠原で。

SL回送は2両なので、1スパンに収まるんですが、チキを挟んだ3両って微妙。通過する列車でチェックしたものの、しっくりくるフレーミングを見つけられず・・・気にはなっていたんですが、思った以上にフェンスや電柱が目立ってしまいました。

2015年12月28日 試9970レ 東海道本線 野洲~篠原 DD51-1191+DD51-1183
20151228211000
20151228120100
20151228120200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

2月24日 最初で最後 信越山線の特殊排雪列車 【4】

最後の撮影のつもりで二本木~新井の姫川原のカーブでスタンバイ。まずは待っている間に通過した快速妙高。今日は完全に脇役です。

2015年2月24日 3324M  信越本線 新井~二本木 189系 妙高4号
20150224655444

そして、ゆっくり近づいてきたDD14。道床に全く雪がないのにウイングを開き、作業灯を点灯しているのはファンサービス?ただ回っているだけのローターが虚しい・・・

2015年2月24日 雪9661レ 信越本線 二本木~新井
20150224100380
20150224100384
20150224122000

ここを撤収して特雪のあとを追うように直江津方面に向かうと、新井手前でまだ通過していないようなので、おまけの1カット。

2015年2月24日 雪9661レ 信越本線 二本木~新井
20150224100389
20150224100394
20150224100398
この状況では乗務員さんは余裕。沿線で撮影する私たちに手を振り、サービスのホイッスルを鳴らしてくださる和やかな雰囲気。

最初で最後の特雪撮影となりましたが、残念ながら期待の投雪シーンはほとんど見ることができませんでした。SLでいえばスカの連続ってところかな?こんなことならもっと早くから狙っていればよかったと後悔もありますが、もしこの魅力を知ってハマっていたら、冬場は仕事が手につかなかった。そしてきっとスキーもやめていただろうと思うと複雑です。それにしてもDD14背面重連の圧倒的な存在感といったら・・・数十年にわたり雪国の鉄路を守るために働き続けてきた機関車の最後に立ち合うことができ、有意義な1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月24日 最初で最後 信越山線の特殊排雪列車 【3】

往路で全くといっていいほど排雪がなかったので復路も期待できません。今回は必要があって運転されたものではなく事前に決まっていた「整理特雪」と呼ばれる運行のようです。しかもDD14は翌25日には冬の間常駐している直江津を離れ、所属区である長岡に返却される予定。3月のダイヤ改正で第三セクター化されるこの区間での作業はこの日が最後。事実上の「さよなら運転」ともいえるもの。そう思えば「投雪がないから」と文句はいっていられません。

復路の撮影地はどこにしようかとウロウロした末、関山~二本木の宮の原踏切からスタート。着いて周辺の様子を見ているところで踏切が閉まり、先行の列車だと思ったのですが一向に姿が見えてきません。もしや?急いでクルマに戻り、機材を持ち出すと遠くにDD14の姿が見えました。足が遅いので十分間に合いましたが、もし踏切を渡っていたら見送るだけになっているところでした。

2015年2月24日 雪9661レ 信越本線 関山~二本木 DD14-327+332
20150224100318
20150224100320
20150224100322
20150224100326

二本木駅進入。目前でウイングを閉じました。

関山~二本木
20150224100328

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

2月24日 最初で最後 信越山線の特殊排雪列車 【2】

直江津で夢中になっていると、いつの間にか皆さんは移動開始。撤収して妙高方面に向かいます。途中、年末に快速くびき野を撮った踏切に立ち寄って、作業区間を目指して走るDD14を撮影。まだ明けきらないブルータイム。低いエンジン音と共に結構な速度で通過!

2015年2月24日 雪9662レ 信越本線 脇野田~北新井  DD14-327+332
20150224100186

土地勘がないので、このあとメインに考えていたポイントに直行。でも、ここ数日寒さが緩み20日からの4日間は降雪はなく積雪が50cmも減っているうえ、線路脇の雪壁もかなり離れています。こりゃダメだ・・・そして思っていた時間よりかなり早くDD14が登場。ウイングの端に雪がちょっと引っかかる程度で投雪はなし。残念ですが、しかたありません。動いているDD14を見ることができたんだから・・・

2015年2月24日 雪9662レ 信越本線 関山~妙高高原 DD14-327+332
20150224100200
20150224100202
20150224100206
その後、水道橋に追いかけ。線路をまたぐ歩行者用の跨線橋はたくさんの撮影者であふれています。ここでもシャッターポイントでは投雪はなし。フレームアウトして跨線橋をくぐるあたりでチョロチョロっと雪を吐きましたが・・・

関山~妙高高原
20150224100209
20150224100210
これで往路は終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

2月24日 最初で最後 信越山線の特殊排雪列車 【1】

特殊排雪列車、通称「特雪」。今まで情報の少なさや仕事が忙しいこの時期、数少ない休日にはスキーに行くことが多かったりで、なかなか足が向きませんでした。しかし北陸新幹線の金沢延伸に伴い信越本線の直江津以南が第三セクター化されることにより、今年が最後になると知り、ひと目見ておきたいと年明けから撮影を考えるようになりました。

ところが特雪はシーズンに数回の運転。しかも運転日の告知があるはずもなく、加えて京都から直江津までは440km。特雪列車は朝6時前に直江津を出るので、寝ずに走らなければならず、休みをとることも含めて極めてハードルが高い。だからこそ、今まで手を出していなかったのですが・・・そして今年、1月に1回、2月に2回、素人なりに予想をたててトライしたものの全てハズレ。諦めかけていたところ、24日に運転される可能性があるとの情報をいただき、最後のトライとなりました。

いつものように仕事を終えて食事を済ませ、荷物を積み込んで出発。5時前に直江津着。車庫にDD14の姿はありません。そして駅の外れに行くと・・・いた!DD14がアイドリング状態で出発を待っています。まだ真っ暗なのにたくさんのファンが集まって撮影会状態。DD14は2007年に新津で1両だけを見たことがありますが、こうして背面重連となりエンジンがかかっていると、他の機関車とは一線を画す圧倒的な存在感です。

2015年2月24日 雪9662レ 直江津
20150224100144
20150224100168
20150224100180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

中央線 辰野支線 115系 訓練用車両

妙高4号を待つ間に中央線 辰野支線で115系訓練用車両による運転が行われている情報をキャッチ。帰りは北陸を回り、金沢あたりでおいしいものを食べようと思っていたのを変更して再び上信越道を南下しました。

ここでは、雲が多く晴れたり曇ったりを繰り返していましたが、この「引きの弱さ」で晴れたタイミングで来るはずもなくドン曇りではないもののいまひとつな結果になりました。これで終了。撤収してクルマに乗り込んだところでさっきの訓練車が辰野で折り返したようで、戻ってきました。完全にリサーチ不足。知っていれば撮れたのに・・・時間はまだまだ早いけれど、ここまで来たらさすがに北陸に戻るわけにはいかず中央道を南下。一度行ってみたかった豊田市のカフェに寄って新名神経由で京都に戻りました。走行距離は1200km超。珍しい車両は見ることができましたが、達成感はいまいち。でも記憶には残る1日にはなりました。

2015年2月12日 試9164M  中央本線 辰野支線 信濃川島~辰野 115系訓練用車両
20150212301448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

2月12日 篠ノ井線 霜取り電車 クモヤ143

12日、全く情報がないまま信越山線の特雪を期待してこの冬2度目の直江津行き。まだ夜が明けない朝5時に直江津駅に到着。DD14が入る車庫は真っ暗でひっそりと静まり返っています。早くもこの時点で負けが確定。

前回はこのパターンで志賀高原に行きましたが、今回は天気予報が悪かったこともあってスキーを積んでいません。さあどうする?思いつく範囲で情報収集。すると篠ノ井線で架線の霜取りのためクモヤが動いていることが判明。約120km。時間はギリギリですがとりあえずは移動開始!

始発の前に架線の霜取りを目的に走る電車ですから朝早い。実際に霜をとる作業は往路でまだ暗いうちに行い、狙うのは回送となる復路。なんとか撮れる明るさになりそうな聖高原付近で適当に線路近くに行くと5分もしないうちに踏切が鳴りだしました。バックの処理を考えて立ち位置を変える余裕なく架線柱が串刺し。往路で霜取り作業を終えているのでパンタグラフは片方だけしか上げていませんでした。

湘南色のクモヤ143は特急車両のような華やかさはありませんが、103系などに通じるシンプルなデザインで国鉄時代の荷物電車の面影を強く残しています。

2015年2月12日 回9948M  篠ノ井線 冠着~聖高原 クモヤ143-52
20150212112144



明科駅に停車中している間に追い越して北アルプスをバックに・・・と思ったけれど山は霞んでダメ。

明科~田沢
20150212113447


その後、この電車は平瀬信号所に停車するので何とか追いつけたのでおまけのカット。ズームレンズをつけたカメラ1台を持って飛び出したので、183系との離合シーンをちゃんと捕えることができませんでした・・・

田沢~北松本
20150212200118
20150212200120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

7月31日 スマートベストを迎えにいくDD51+クモヤ145

7月31日、東大阪の近畿車両に入場していた自己充電型バッテリー電車「スマートベスト」が出場します。これをDD51が引き取りに行くのですが、連結器の関係なのかクモヤ145を間に挟むようです。そのため、向日町から近畿車両までDD51がクモヤ145を牽いて回送されました。午後からは仕事なので時間的に撮れるのはこれだけ。久しぶりに名神クロスに向かいました。

名神クロスは大盛況。多くのギャラリーが見守る中、貨物列車の遅延の影響か約15分遅れで通過していきました。でもやっぱり、主役がいないたった2両の編成はさみしいもの。それでも国鉄時代そのままの貴重なシーンだと納得しておきましょう。

このあと、キティちゃんのラッピングを施されたスマートベストは一旦向日町に入り、その後新宮まで運ばれ、イベント列車などに使われるようです。

2014年7月31日 配9861レ 長岡京~山崎 DD51-1193+クモヤ145
20140731123444

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

予讃線で試験走行する、フリーゲージトレイン

今まで興味の対象ではなく、存在は知っていたものの見ようとも思わなかったフリーゲージトレイン。全く意識していなかったので、突然の遭遇でした。

これは新幹線と在来線の軌間の違う路線両方を走れるように、可変式の車軸を持った車両。実用化できれば利便性は向上するものの、開発には予想以上の時間と費用がかかっているそうです。今、試験走行を続けているのは第2世代の第二次試験車両。在来線の車両とは一線を画す独特のフォルム、斬新なカラーリングです。まずは、トワイライトを待つ間に通過。

2013年4月11日 多度津~讃岐塩屋
20130411215444
このあと、うどんを食べに行き、戻って撮ったのが下のカットです。

2013年4月11日 讃岐塩屋~多度津
20130411236554

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧