EF81

2017年6月17日 (土)

2017年6月17日 東山トンネルを出る5087レ EF65-2139

前回、6月11日に5087レで関西に来たEF65-2139が、1週間も経っていない17日、再び下ってきます。ただ、東からの情報によるとコンテナの積載状況が思わしくないので、今回は近場。編成無視で正面ド~ンを撮ることにしました。

まずはセッティング中に来た5085レはEF200が代走。

2017年6月17日 5085レ 東海道本線 山科~京都 EF200-20
20170617123147_2

5085レのあとに通過したEF81-114牽引の工臨。敦賀のEF81を見たのは久しぶり。奇しくも瑞風が華々しくデビューした同じ日。レールを積んだ小さな貨車を牽き、黙々と働く旧トワイライトエクスプレス牽引機。

2017年6月17日 東海道本線 山科~京都 EF81-114
20170617124808_2
20170617124809_2


そして5087レ。

2017年6月17日 5087レ 東海道本線 山科~京都 EF65-2139
20170617131121
20170617131152

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

2016年12月3日 夜の鹿児島中央駅でEF81-303

新田原基地エアフェスタ本番の4日は雨予報。視界が悪くなるとブルーインパルスをはじめ、機動飛行の迫力も半減。そしてなにより写真を撮っても冴えません。どうしようか考えつつ貨物列車の運用を見ると・・・3日早朝、EF81-303が鹿児島に来ており、順調にいけば夜の4090レで戻ります。最後の1両となったステンレス車体のEF81。できれば走行シーンを撮りたいけれど、贅沢は言っていられない。そこで、宮崎にとっていたホテルをキャンセルして、鹿児島に向かうことにしました。

2016年12月3日 4090レ 鹿児島中央駅 EF81-303
20161203190249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

2016年5月22日 サロンカーなにわ 【3】 夕暮れ時の春江ストレート EF81-114

細呂木で十分満足したんですが、帰り道にもう一度撮れないかとダメもとで追いかけ。時間的に厳しいうえに人出が多そうな丸岡ストレートを避けて春江へ向かいます。線路の向こうにある建物を隠すにはローアングル。見上げのうえに線間ロープがあって足回りがスッキリしませんが、夕日を浴びて颯爽と走る大サロを1回多く撮影できただけでももうけもの。とっても疲れたけれど、最後は満足で締めくくることができました!

2016年5月22日 9214レ 北陸本線 丸岡~春江 EF81-114
20160522368777
20160522600231

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月22日 サロンカーなにわ 【2】 細呂木

朝は山に登り、撃沈の姉川をはさんで昼は1時間を川の流れの中で過ごし、疲れはたまってきましたが・・・午前、金沢に向かったサロンカーなにわを使った「HAPPY TRAIN ほくりく」の返しに行くことにしました。

夕方に金沢を出発するダイヤ。光のあたる写真を撮るなら、かなり北に行かなければなりません。とりあえずダメもとで細呂木の様子を見に行こう。狭いスペースには既にひな壇ができていましたが、ずっとうしろからなら何とかなりそう。ここを離れても穴場を知っている訳じゃないし、空いたスペースを見つけてカメラをセット。

もちろんベストポジションじゃないので、まず編成の縦横比が微妙。前のパンタが下がっていればギリギリいけそうだけど上がっていればアウト。過去には上げて来たことがあるらしい。できればキッチリのフレーミングをしたいところですが、攻め切る勇気なく緩めのフレーミングでトリミングを選択。

ここに着いてからは雲ひとつない快晴。しかし、通過15分前に西の空に現れた雲が太陽にかかって急激に光が失われました。抜けてくれ~!

列車を待つ大勢の思いが通じたのか直前に雲が切れ、色づいた西日が線路に当たりました。そして千両役者EF81-114が登場。完璧ではないものの、北びわこを撮ってからこれだけ撮れれば文句なし!

2016年5月22日 9214レ 北陸本線 牛ノ谷~細呂木 EF81-114
20160522800100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

2016年5月22日 サロンカーなにわ 【1】 EF81-114

SL北びわこの送り込み回送の十数分後に通過する、通称大サロ、EF81が牽くサロンカーなにわに備えてカメラの準備。空気がクリアなら琵琶湖をはさんで比叡山まで見通せるこの場所ですが、遠景は全くダメ。いつもなら2台のカメラにどんなレンズを選び、風景をどう切り取るか悩むんですが、いいのか悪いのか?迷うことなく眼下の近いところに絞ってフレームをつくります。

定刻、サロンカーなにわが登場!水が入った田園風景に編成が写り込むいい眺め!クリアでない空気に、コントラストをアップしましたが、だいたい思ったイメージ通りに撮ることができ、満足して山を降りました。

鉄道車両は本線を走ってナンボ。博物館に展示される機関車にはあまり魅力はありません。定期運用がなくなった敦賀のEF81ですが、こうして客車を牽いて走る姿を見られるのはうれしいものです。

2016年5月22日 回9912レ 東海道本線 安土~能登川 EF81-114
20160522100200
20160522100300

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

2016年4月6日 最後の春を迎えた富山のEF81 EF81-735

3月26日のダイヤ改正で定期運用を失ったあと、連日3096レで関西に来ている富山のEF81。カシオペア色の2両も含め、JR東日本に所属した全てのEF510がJR貨物に転属した今、EF81が日本海縦貫線から撤退するのは時間の問題です。

ちょうど桜が満開の時期。ここまでEF81が踏みとどまっていることに感謝しつつ、6日朝、湖西線マキノの清水の桜(しょうずの桜)を絡めて最後の活躍する姿を撮ってきました。

2016年4月6日 3096レ 湖西線 近江塩津~マキノ EF81-735
20160406300200
20160406200100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月31日 (木)

3月29日 新疋田駅で3096レ EF81-729

覚悟していたとはいえ、3月26日のダイヤ改正で運用を失った富山のEF81。それでもJR東日本から転属した青いEF510が貨物仕様への整備がまだできていないからか、検査の残ったEF81を使い倒そうということか、ダイヤ改正以来代走というかたちで連続して3096レの運用に就いています。

29日朝に関西に到着する3096レは車体下部に白いラインがない729号機。今、残っているEF81のなかで最もデビュー時の面影を残している機関車です。既にアディショナルタイムに入ったEF81。これが最後になるかも知れない。できれば南条あたりで撮りたいと思っていましたが、案の定、間に合う時間に起きられず・・・何とか間に合う新疋田に向かいました。

久しぶりの新疋田。貨物のEF81をここで撮るのは初めてですが、せいぜい10両の客車列車では苦労した縦横比が貨物では楽に合ってくれます。そして時間。踏切が鳴り出すと双方向の矢印が・・・心配された対向のサンダーバードが通過し、奥のカーブあたりですれ違うようなタイミングでローズピンクのEF81が朝日を浴びて現れました。

2016年3月29日 3096レ 北陸本線 新疋田 EF81-729
20160328110100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

2016年1月14日 夕暮れ時の北陸貨物2本 EF510-508 EF81-729

5073レを撮ったあと、帰りに米原周辺に寄って、残り少なくなったEF81が牽く4071レを撮ることにしました。ギリギリ側面に光線が入ることを期待して彦根~米原間で待ちましたが・・・着いた時にはいい光線が線路を照らしていましたが、その後、太陽は沈む方向に広がる雲に隠されてしまいました。

光線はなくても撮れなくはないけれど、撮ってもただの記録にしかならないし・・・急いで坂田~田村に移動。ここまで来ると通過する時間は完全に日没後。4071レの前を走る電車や3099レのEF510で車体の長さをチェックして・・・刻々と変化する空の色。西の空の赤みがかった光が残りながらも、薄暗くなったタイミングで4071レが登場!車体下部の白いラインがない最後の稼働機となったEF81-729でした。

だいたい狙い通りの色。もっと明るく撮ることもできましたが、夕暮れ時の雰囲気を出したかったので、1段アンダーで。

2016年1月14日 3099レ 北陸本線 坂田~田村 EF510-508
20160114300010


2016年1月14日 4071レ 北陸本線 坂田~田村 EF81-729
20160114200100
20160114300140_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

2015年12月8日 日没直前の光を浴びる4071レ EF81-726

わざわざ遠くまで行って3連敗を喫し意気消沈。地元に戻り、ひとつ用事を済ませたあと、2時間あまり時間ができたので、4071レを撮りに行くことにしました。冬至が迫り、日没が早いこの時期。太陽は南寄りに沈むので、編成と太陽をひとつのフレームに収めることができるかもしれない。知っているなかで太陽が沈む西側に山や障害物があまりない安土に行ってみました。

通過時刻ははっきりわからないものの、そんなに余裕はありません。フレームに太陽と編成を収めるためにはワイドレンズが必要。ワイドは広い範囲が写り込むだけに不要なものをフレームから逃がすためには立ち位置が重要なんですが・・・そうこうする間に時間切れ。日没直前のオレンジ色の光線を受け、EF81-726がやってきました。

北斗星がなくなり、JR東日本のEF510がまた3両、貨物に転属するようです。そうするとEF81の活躍の場は更に狭められるのは確実。このシーンを来年も見られるのでしょうか?

2015年12月8日 4071レ 東海道本線 安土~能登川  EF81-726
20151208455988
20151208402110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

2015年11月19日 名神クロスでEF81貨物2本+EF200

11月19日。本来、岡山EF210の運用である1089レをEF66-27が代走。定時なら朝まだ暗いうちに吹田に到着するはずが、JR貨物の公式情報で吹田着が5時間18分遅れ。これなら出勤前に十分撮れる時間。ただ、この列車がどこにいるのかわからないまま、上流に向かうと入れ違いになってしまう恐れも。動くに動けず、米原に停車していることがわかった時点で、遅れ時間を考えると滋賀県内に行っても瀬田川くらいしか間に合わないことがわかり・・・天気予報は晴れなのに、曇り空。曇りで瀬田はないやろ、と晴れることもちょっと期待して名神クロスに行きました。

この日、同じく遅れて米原で長時間停車していた4070レ、そして定時にやってきた3092レもEF81が代走。今や数少なくなったEF81が相次いで2本通過することになりました。

2015年11月15日 遅4070レ 東海道本線 長岡京~山崎 EF81-723
20151119110100


2015年11月15日 3092レ 東海道本線 長岡京~山崎 EF81-726
20151119110110


そして、引退が近いと言われるEF200。本命のEF66-27が来る前に、豪華な脇役が3機登場です。

2015年11月15日 遅れ1079レ? 東海道本線 長岡京~山崎 EF200-14
20151119110120_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧