ディーゼル機関車

2017年6月11日 (日)

2017年6月10日 米原工臨返空? DD51-1193

6月10日早朝、定時なら午前4時過ぎに京都を通過する1091レが柏原で抑止されているようです。牽引機はEF66-27!うまい具合に仕事は午後から。公式情報では柏原で約5時間近い遅れ。これは行くしかない!クルマに機材を放り込んでスタート!

現地に着き、情報をチェックすると目撃情報は全くないのでまだ行ってないはず。その後、待っている間にDD51-1193がチキ2両を牽いて通過しました。

その後の1091レ、目撃情報もなく、待っても待っても来る気配がありません。その後JR貨物の公式情報が更新されると・・・えっ!吹田9時間以上の遅れ???なんで4時間がいきなり9時間になるねん。これは絶対無理。泣く泣く撤収して一度家に戻り、出勤しました。

20170610110100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

2016年8月7日 DF200が牽くカシオペアクルーズ

6日に東京を発ったカシオペアクルーズが7日夕方に札幌に到着します。予定が発表されているなかでは今回が最終回となるカシオペアクルーズですが、ヘッドマークもつかないDF200では華がない。そして今回は航空祭がメイン。「どこかで撮れれば撮ろう」程度にしか思っておらず、ちゃんと時間も調べていませんでした。

航空祭が終わり札幌に戻る駅のホーム。駅員さんにカシオペアの時間を聞くと、乗ることになっている電車の約5分あとを続行とのこと。途中駅で降りることも考えましたが、ドン曇りのうえ対向ホームの端に移動する間に通過してしまうリスク大。カシオペアは札幌に到着したあと数分は止まると踏んで、札幌より先の回送区間に先回りすることにしました。

着いておよそ10分後にやってきたカシオペアクルーズ。背景がどうだとか贅沢は言えません。とりあえず撮れただけでもラッキーと思わなければ。でもやっぱり、ヘッドマークくらいは着けてほしいですね。

2016年8月7日 9027レ 函館本線 発寒~稲積公園 DF200-58
20160807171327

ちなみに翌日夕方、千歳空港で搭乗した飛行機の窓から、東京に向って走り去るカシオペアクルーズが見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

2015年12月28日 DD51プッシュプルの訓練運転 【2】

米原からの折り返しは、彦根付近に移動して撮影。時間と共に雲が切れて、晴れ間が出るようになってきました。すると最初に決めたポジションは日が射し込むと線路近くの木の影が落ちることがわかり、あわてて移動。晴れるか曇るか?太陽の近くに迫る大きな雲の塊にドキドキしながらも、最高の光線で通過!

2015年12月28日 試9971レ 東海道本線 米原~彦根 DD51-1183+DD51-1191
20151228211100_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月28日 DD51プッシュプルの訓練運転 【1】

12月28日は朝から病院・・・何時に終わるのかはっきりしなかったので休みを取っていました。幸い昼までには終了。午後は時間が空いたので、DD51がプッシュプルで向日町から米原を往復する訓練運転に出かけてきました。

基本、太陽を背負って走ってくる下り。といっても雲の隙間はほとんどない。でも万一晴れても撃沈は免れる場所は?SL北びわこの送り込み回送を撮るときに行くことがある野洲~篠原で。

SL回送は2両なので、1スパンに収まるんですが、チキを挟んだ3両って微妙。通過する列車でチェックしたものの、しっくりくるフレーミングを見つけられず・・・気にはなっていたんですが、思った以上にフェンスや電柱が目立ってしまいました。

2015年12月28日 試9970レ 東海道本線 野洲~篠原 DD51-1191+DD51-1183
20151228211000
20151228120100
20151228120200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

10月24日 DD51重連が牽く 特別な「トワイライトエクスプレス」

10月24日は休みでしたが、午前の583系の撮影で予定が狂い(といってもうれしい誤算!)午後はどうしようと考えていたところ、近江長岡の撮影地で特別な「トワイライトエクスプレス」山陰コースが走っていることを聞き、またまた急遽、岡山に移動することに。天理臨はともかく、トワイライトの運行日すら知らないなんて、鉄オタ失格ですね・・・

既に何度も走っている山陰トワイライトですが、DD51重連牽引を撮影するのは初めて。路上駐車の取り締まりに警察の出動もあって、あまり気持ちのいい撮影ではありませんでしたが、なんとか斜光線を浴びたカットをゲット。鉄道撮影の趣味。もうちょっとのんびりやりたいものですね。

実はこの日予定していたのは釣り。目的地は変わりましたが、このあと牛窓に向かいました。しばらくエギを投げても反応なし。地元の方に聞くと、ほとんどアオリイカは釣れず、エギで狙えるのはコウイカやタコとのこと。引き方を変え、暗くなったところでタコをゲット!そのあと、日生で名物 カキオコ(牡蠣のお好み焼)を食べて満足の1日を終えました。

2015年10月24日 9033レ 山陽本線 瀬戸~上道 DD51-1179+DD51-1186
20151024322114

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

2015年9月10日 常紋越えのDF200石北貨物

いくつかの記事をはさみましたが、ここから北海道の続きです。鉄道撮影が目的でない旅行なので、鉄道に関係ない写真もありますが、自身の記録も兼ねて・・・ということでご容赦を。

今回は往復の飛行機とレンタカーだけを予約して渡道。天気予報を見ながら、やりたいこと、見たいところを相談しながらその日に泊まる場所を決める旅行。10日は雨予報ながら北にいくほど雨が少なそうだったので、函館から北見に移動し、10日朝は石北本線の貨物列車を撮ることにしました。

上士幌でたまたま見かけたタンチョウのペア。釧路周辺から生息域を広げ、十勝地方でも数を増やしつつあるそうです。望遠レンズを持っててよかった!

2015年9月9日
20150909200110


この日は1955年にダムに沈んだ旧士幌線のタウシュベツ川橋梁を見ることも目的でした。あまり調べずに行ったのですが、橋梁の近くを通る林道は通行禁止。歩くと片道4km。しかも熊が出る可能性もあるということで、離れた展望台から見るだけでガマンせざるを得ませんでした。

2015年9月9日 タウシュベツ川橋梁跡
20150909668777



そして翌日は石北貨物の撮影からスタート。ドン曇りですが、雨予報が外れてくれただけでもラッキー!今回は常紋146kp.1回のみの撮影。去年、レンズ選択に対し、立ち位置とフレーミングがいまひとつだったところを修正してスタンバイ。だいたい思い通りにはなりましたが・・・持っているレンズで横位置にすると、伸びた木に隠されて後補機が抜けきらなくなりました。これなら縦位置のほうがしっくりくるようです。

2015年9月10日 8071レ 石北本線 生田原~金華 DF200-5+DF200-119
20150910124544
20150910124550

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

2015年9月9日 小沼湖畔を走るDD51牽引のカシオペア

カシオペアは函館でED79からDD51重連に機関車交換するため、余裕をもって先回り。2度目の撮影は小沼付近で。相変わらずのドン曇り。空が入れずにフレームをつくることができるのはラッキーでした。このあとホテルに戻り、朝食をとって鉄分抜きで再スタート。

来春の廃止が濃厚なカシオペア。私にとってこれが最後の撮影になりそうです。

2015年9月9日 8009レ 函館本線 七飯~大沼  DD51-1140+DD51-1100
20150909131247

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

2015年8月23日 特別な「トワイライトエクスプレス」 山陰コース

8月23日の萩周辺の天気予報は晴れ。休みが事前に決まらない不安定な仕事をしていることもあって、もともと前もって予定をたてるタイプではないんですが、今回は前日になって山陰を走るトワイライトエクスプレスとSLやまぐちを兼ねて行くことに決めました。22日の仕事を終え、ちょうど日が変わる頃にスタート。中国道を西に向けて走り、玉江~三見の海を見下ろすポイントを目指します。 トワイライトエクスプレスは東萩駅でおよそ4時間の停車。通過までは5時間以上。時間は十分にあるので、東萩より東で1回撮影しても時間は十分すぎる。人出が多いことを承知で有名な須佐~宇田郷のコンクリート橋に行ってみました。着いたのは通過の30分ほど前。ちょこっと見るだけのつもりで俯瞰場所の斜面に登ってみると何とかスペースがありました。 手前の木が気になるなぁ、とは思いましたが、思いがけず俯瞰場所に入れてラッキーと思ってしまったことで、迫る時間のなか移動する判断ができなかった。これが敗因。明暗差が大きいだけならまだガマンできるんですが、ここの特徴でもあるコンクリートの橋脚が木に隠されてただの俯瞰写真。完全に失敗。人が集まるところでそんな都合よくいい場所が空いているはず、ないですよね。ホントは見たくない写真ですが、一応の記録としてアップです。

2015年8月23日 9033レ 山陰本線 須佐~宇田郷 DD51-1186
20150823250369


ここから朝に下見をした玉江~三見へ移動。当然ながら狭い道路はクルマでビッシリ。急な斜面も人でビッシリ。待つ間、一度は薄雲がかかってヒヤリとさせられましたが、通過1時間前にはほとんど雲はとれ、スッキリした夏空の下、トワイライトエクスプレスが通過!写り込む駐車車両を除けば、ほぼ完璧なコンディションで撮影することができました。

2015年8月23日 9055レ 山陰本線 玉江~三見 DD51-1186
20150823269877
20150823279888

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

2月24日 最初で最後 信越山線の特殊排雪列車 【4】

最後の撮影のつもりで二本木~新井の姫川原のカーブでスタンバイ。まずは待っている間に通過した快速妙高。今日は完全に脇役です。

2015年2月24日 3324M  信越本線 新井~二本木 189系 妙高4号
20150224655444

そして、ゆっくり近づいてきたDD14。道床に全く雪がないのにウイングを開き、作業灯を点灯しているのはファンサービス?ただ回っているだけのローターが虚しい・・・

2015年2月24日 雪9661レ 信越本線 二本木~新井
20150224100380
20150224100384
20150224122000

ここを撤収して特雪のあとを追うように直江津方面に向かうと、新井手前でまだ通過していないようなので、おまけの1カット。

2015年2月24日 雪9661レ 信越本線 二本木~新井
20150224100389
20150224100394
20150224100398
この状況では乗務員さんは余裕。沿線で撮影する私たちに手を振り、サービスのホイッスルを鳴らしてくださる和やかな雰囲気。

最初で最後の特雪撮影となりましたが、残念ながら期待の投雪シーンはほとんど見ることができませんでした。SLでいえばスカの連続ってところかな?こんなことならもっと早くから狙っていればよかったと後悔もありますが、もしこの魅力を知ってハマっていたら、冬場は仕事が手につかなかった。そしてきっとスキーもやめていただろうと思うと複雑です。それにしてもDD14背面重連の圧倒的な存在感といったら・・・数十年にわたり雪国の鉄路を守るために働き続けてきた機関車の最後に立ち合うことができ、有意義な1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月24日 最初で最後 信越山線の特殊排雪列車 【3】

往路で全くといっていいほど排雪がなかったので復路も期待できません。今回は必要があって運転されたものではなく事前に決まっていた「整理特雪」と呼ばれる運行のようです。しかもDD14は翌25日には冬の間常駐している直江津を離れ、所属区である長岡に返却される予定。3月のダイヤ改正で第三セクター化されるこの区間での作業はこの日が最後。事実上の「さよなら運転」ともいえるもの。そう思えば「投雪がないから」と文句はいっていられません。

復路の撮影地はどこにしようかとウロウロした末、関山~二本木の宮の原踏切からスタート。着いて周辺の様子を見ているところで踏切が閉まり、先行の列車だと思ったのですが一向に姿が見えてきません。もしや?急いでクルマに戻り、機材を持ち出すと遠くにDD14の姿が見えました。足が遅いので十分間に合いましたが、もし踏切を渡っていたら見送るだけになっているところでした。

2015年2月24日 雪9661レ 信越本線 関山~二本木 DD14-327+332
20150224100318
20150224100320
20150224100322
20150224100326

二本木駅進入。目前でウイングを閉じました。

関山~二本木
20150224100328

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧