貨物列車

2017年9月 4日 (月)

2017年9月3日 伊吹山をバックに5074レ EF66-27

休みだった9月3日、早朝にはサロンカーなにわが北陸から戻り、27号機は5074レで上ってきますが、ここしばらくの疲れがたまっていたこともあって、起きたのは10時過ぎ。せめて27号機だけでも近場で撮ろうと、どこにいこうかと悩んでいた時、ニーナマイスターのN氏より連絡をいただき、合流させていただくことにしました。

約1時間遅れてやってきた5074レ。目立つ鉄塔や倉庫はしかたないとして、日曜日で積載率が悪いこと、編成後部が山の陰に入ってしまったことなど、完璧じゃありませんが、青空の下、伊吹山をバックに走る27号機を見ることができただけでも十分です。

2017年9月3日 5074レ 東海道本線 近江長岡~柏原 EF66-27
20170903154517

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

8月4日の1083レ EF66-27

8月3日夜から4日午前にかけて、大阪から稲沢を往復する短距離運用に入った27号機。4日は11時半から大阪で外せない仕事。晴れていれば安土あたりで撮ったあと、クルマで直接向かえばいいんですが、朝はドン曇り。その後の気象情報も思わしくなく、曇りカット1枚のために高速代、ガソリン代、駐車料金を使うのは、コスパ悪すぎなので近場でニーナマイスター、N氏をリスペクトさせていただくことに。

この列車、定刻なら一度家に戻ってから出直しても十分間に合うので、仕事の準備をしないまま撮影地へ。しかし、定刻に現れたのは、えっ?うそっ!EF210??1083レは米原までは来ていながら、どうやら遅れた5081レにスジを譲って先行させたようです。そしてその次もまた210・・・27号機は米原を出た情報はありながら、どこかで退避しているようでなかなか来てくれません。近くにいるのがわかっていながら撤収するのは悲しすぎる・・・直接仕事に行けるよう準備してくれば、と悔やみつつ、時間は過ぎてタイムリミットまで5分。

ここで接近信号が点滅。遠くに見える踏切が閉まり、今度こそ!と確信したタイミングで背後から新快速が迫ってきました。絶体絶命。しかし珍しく願いが通じたのか、人が走るくらいの低速で向かってくる27号機のおかげでレリーズポイントでは被られることなく撮影終了。結局40分以上の遅れでした。

それにしても、迫る時間。複々線での被りの恐怖。そして逆光ポイントで時おり差し込む光線。とっても疲れました。

2017年8月4日 1083レ EF66-27
20170804094633

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

2017年7月29日 6時間遅れの5081レ EF66-27

7月29日は午後からの出勤。朝、遅めに起きると、友人から5081レが遅れているとのメール。ここ数日、27号機の動向をマークしていなかったので、完全に不意討ち。メールをもらってから既に3時間。とっくに通過したと諦めつつ、一応遅れ情報をチェックすると、まだ東海圏にいるようです。これならどこかで撮れそうだ。しかし米原あたりで再び抑止される可能性もあり、闇雲に飛び出す訳にはいきません。

スマホで通過情報をチェックし、5081レの通過時間と職場までにかかる時間をはかりながら撮影場所を決定。幸い米原で抑止はなく予想通りの時間に通過。後続の新快速に乗り、職場に向かいました。思いがけず27号機を撮ることができたのはメールをいただいたおかげ。感謝!

奇跡と言われた全検出場から2年あまり。塗装の艶がなくなり、ナンバープレート周りなど錆が目立ってきた27号機。さすがに次回の検査はないと思いますが、1日も長く活躍してほしいものです。

2017年7月29日 遅5081レ EF66-27
20170729124246

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

7月19日 撃沈・・・伊吹山をバックに5074レ EF66-27

27号機による56レ代走に沸いた2週間。これまでアップしたのは6月29日分のみですが、結局皆勤でした。

2017年7月1日 56レ EF66-27
20170701999997

そして所定のEF66の運用に戻った27号機ですが、17日に東京から稲沢に行ったところでA5運用に差し替えられて19日は幡生から上ってきます。運よく休日とあたったので、行ってきました。

梅雨明けの発表があった19日は晴れ予報。ただ5074レが近畿圏を通過する時間帯は太陽を背負って走ってくるので撮影場所は限られてきます。編成が出てこないし、バックの高圧線鉄塔や建物、電柱などの人工物が多く写り込み、あまり好きな場所ではありませんが、ライティング優先で伊吹山バックの近江長岡~柏原をチョイスしました。

通過の1時間半ほど前に現地に着くと既に5~6台の三脚。さすが人気の27号機。それでもまだ十分にスペースはあり、カメラをセットしスタンバイ。その後しばらくは晴れていましたが・・・

2017年7月19日 1054レ 東海道本線 近江長岡~柏原  EF210-5
20170719140515

通過の30分ほど前に太陽が大きな雲で遮られた時はまだ十分に時間があり余裕だったんですが・・・この雲、動かない。バックの風景にはずっと光があたり、線路面は影という最悪のライティング。しかし通過時間が迫ってくると、その雲もやっと切れそうになってきました。

踏切が鳴り始めた時、背後から近づく日が当たるエリア。すれ違うように迫ってくる27号機。際どい!結果、奥はまだ影のなかで撃沈。そして引き込んだカットは機関車に日が当たり、編成のうしろは影から抜けずマダラ。で、編成が抜けたあとは、きれいに日が当たった線路・・・足取り重く引き揚げました。

2017年7月19日 5074レ 東海道本線 近江長岡~柏原 EF66-27
20170719144611
20170719145010

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

2017年6月27日・29日 56レ 福山レールエクスプレスを追いかける F66-27

今年のGW明けから増便された福山レールエクスプレス、56レ。正規の運用はEF210ですが、ほとんどがEF200かEF66が代走しています。新調されたコンテナは色とデザインが揃っているうえ、抜けがなく編成がきれいなので、いつかこの列車を27号機が牽いてくれればと期待の列車でした。

そして27日未明、寝る前にEF66-27が56レで幡生を出たという情報をキャッチ。運よく外せない仕事には何とか間に合う時間だったので撮影することができました。

この列車、牽引機はループするパターンなので、2日後の29日もおそらく27号機が入るだろうと見込んで、仕事のスケジュールを調整。早起きして出かけてきました。27号機が見えたタイミングで加古川駅から新快速が発車。ヤバい・・・56レがかなり遅かったので間一髪、編成をかじられることなく撮れましたが、数秒の誤差でモロ被りの可能性大。今後、56レでここはなしですね・・・

2017年6月29日 56レ 山陽本線 宝殿~加古川 EF66-27
20170629113631
20170629084139

もともと追いかけるつもりはなかったので、のんびり撤収。このまま大阪の職場に入るか、どこかでごはんを食べるか迷いながら山陽道を東に走るうち、もう一度撮りたいと思いはじめ・・・ただ、吹田あたりでようやく追いついたくらいのタイミング。高速の流れは悪くなかなか先行できずズルズルと北上。結局間に合ったのは近江長岡。伸びやかに編成を入れたカットも欲しかったので、ここではちょっと引いてみました。

ここから急いで大阪の職場へ一直線。休みでもないのに走行距離は500km以上。高速代とガソリン代。いくら使ったことやら・・・こんなことまでしてしまうのも27号機ならではですね。

2017年6月29日 56レ 東海道本線 醒ヶ井~近江長岡 EF66-27
20170629112890

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

2017年6月17日 東山トンネルを出る5087レ EF65-2139

前回、6月11日に5087レで関西に来たEF65-2139が、1週間も経っていない17日、再び下ってきます。ただ、東からの情報によるとコンテナの積載状況が思わしくないので、今回は近場。編成無視で正面ド~ンを撮ることにしました。

まずはセッティング中に来た5085レはEF200が代走。

2017年6月17日 5085レ 東海道本線 山科~京都 EF200-20
20170617123147_2

5085レのあとに通過したEF81-114牽引の工臨。敦賀のEF81を見たのは久しぶり。奇しくも瑞風が華々しくデビューした同じ日。レールを積んだ小さな貨車を牽き、黙々と働く旧トワイライトエクスプレス牽引機。

2017年6月17日 東海道本線 山科~京都 EF81-114
20170617124808_2
20170617124809_2


そして5087レ。

2017年6月17日 5087レ 東海道本線 山科~京都 EF65-2139
20170617131121
20170617131152

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

2017年6月11日 安土 繖山から5074レ EF66-27

さて、5074レはどこで撮ろう・・・数日前の雨の日、機関車直後にコンテナが載っていなかったのか、27号機の東京方はひどく汚れているらしい。天気は回復傾向で伊吹山は一応見えている。ただ、いまひとつ伊吹バックで撮りたい!という気分にならず。迷った末、選んだのはこの春以来3度目の安土 繖山。

1度目はまだ水が入っておらず、土色の水田。2度目は水が入った田植え直後。そして今回は稲が伸びて緑の水田と刈り入れ間近の麦畑。ここは四季の移り変わりと共に変化する風景が楽しみです。そして線路から離れれば27号機の汚れたお顔も気にならないし・・・今回は空気の抜けがあまりよくなかったので、線路周辺を重視して下段から。


2017年6月11日 5074レ 東海道本線 安土~能登川  EF66-27
20170611140722
20170611141224

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月11日 5087レ EF65-2139

前日の1091レは10時間以上の遅れで幡生着。翌11日の5074レは差し替えになるだろうと思っていたところ、27号機で定時に発車したようです。そして東から下ってくる5087レは国鉄特急色のEF65-2139号機。短時間の間に2機のほぼ国鉄色が撮れるのはラッキー!

まずは2139号機が牽く5087レを米原近くで。水田の稲が伸び、山の緑は濃くなって夏の風景になりつつあります。

2017年6月11日 5087レ 東海道本線 醒ヶ井~米原 EF65-2139
20170611120309
20170611120807

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

6月3日 D51200 本線試運転の回送 EF65-1133・日本海縦貫貨物4076レ EF510-511

大はずしをしたブルーインパルスでガックリ。もう家に帰ろうかと思いましたが、中途半端な時間に帰ってもすることないし・・・D51200の試運転のあと、木ノ本から米原に編成を戻す回送を撮りに坂田に向かいました。ぶらさがったD51からは煙が・・・

2017年6月3日 北陸本線 田村~坂田 EF65-1133+D51200
20170603560100

回送のあとに来た3095レは青いEF510-511。

2017年6月3日 北陸本線 田村~坂田 EF510-511
20170603652300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

2017年6月1日 関ヶ原で1072レ EF66-27 

5月18日以来、およそ2週間ぶりに1072レに入ったEF66-27。天気がよければ、また安土の繖山に登り、前回と違う角度から撮ろうと思っていたんですが、PM2.5がひどく、空は白っぽく遠景はカスカス。これで山登りはなし。行き先を関ヶ原に変更です。

この場所、ほぼ終日逆光ながらトップライトのこの時期なら気にはなりません。しかし、バックの民家はまぁ風景のひとつとして、カーブで架線柱の間隔が狭く1スパンに機関車1両がギリギリのうえ、信号、ケーブル、そして通過の10分ほど前にはJRの作業車まで現れて障害物を交わすのに四苦八苦。で、よく見ると手前に張られたケーブルが機関車にかかってるのは致命的・・・スッキリ気持ちよく、という訳にはいきませんでした。

2017年6月1日 1072レ 東海道本線 柏原~関ヶ原 EF66-27
20170601100100
20170601100300

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧