趣味

2012年5月21日 (月)

【番外編】 5月21日 金環日食

5月21日は金環日食。この日ばかりはこれが最優先になるのは言うまでもありません。とはいっても、今回の日食は私にとってダイビングのホームグラウンド、串本が中心食線。最高の条件で金環日食を見て潜るなんていう贅沢ができるのです。こんなにラッキーなことはありません。あとは晴れを願うだけ。今回は日曜、月曜と休みをとって土曜夜に串本に入りました。

土曜日は2本潜って、日曜日は金環日食を見てから潜る予定だったのですが、土曜日午後には天気が崩れ、雨になりました。そして日曜日の天気予報は曇りか雨。串本の天気、特に前線による天気の崩れは予報通りにならないことが多く、雨予報で晴れることも多々あるのですが、その可能性に賭ける勇気なく、土曜日夕方に串本を離れ、一旦京都に戻りました。

ここからが大変。日本列島を東西に横切る金環食帯のどこに動くかを考えなければなりません。鉄道撮影を兼ねて関東行きも考えましたが、低気圧と違い前線の動きは予想しにくく、予報では所々晴れマークはあるものの確実な場所はありません。そうこうするうち関東は時間切れ。金環食帯の地図、各地の雲の動きや予報、移動時間をみて淡路島に決定しました。

朝4時過ぎに家を出て、日食が始まる時間には十分な余裕をもって洲本に到着。雲が多いながらも晴れています。6時15分過ぎ、太陽の右上から太陽が欠けはじめました。このままいけば最高の条件!でも、そううまくいくはずはありません。食がすすむにつれ雲がかかり、雲の間から見えたり隠れたり・・・ヒヤヒヤ、ドキドキしながらも、欠けはじめから金環食、食の終わりまでおよそ2時間半、何とか見ることができました。

その後、各地に出かけた友人や報道によると、串本も晴れたとのこと。浜名湖周辺もバッチリ。大阪、神戸、そして地元京都も晴れ。なんのことはない。最初の計画通り串本に残っていればよかったのに・・・という結果になりました。

さて、私にとっておそらく最初で最後の金環食。リング状の太陽が空に浮かぶ光景は一生忘れることができない幻想的な体験でした。金環の数分間、そのいくらかは雲の動きに気持ちを持っていかれたのが正直なところですが・・・

2012年5月21日 兵庫県 淡路島 洲本市にて
20120521000633 2012052100063920120521000640_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

3月22日の串本 【2】 コケギンポ・ボブサンウミウシ

日があがると共に西の風が強くなってきました。潜れる間に潜っておこうと、午前中に2本目をエントリー。

2本目 気温14.5℃ 西の風8m 晴れ 水温18℃ 波高1.2m 透視度10m~12m

ピンクスクワットロブスター(サクラコシオリエビ)を見に行ったものの、スリバチカイメンの下側でうまく写真が撮れる位置ではなかったので断念。その後、1時間以上ウロウロした割に今ひとつこれといったものが見つからないちょっと消化不良な1本となってしまいました。

グラスワールドのアイドル?コケギンポは健在。今回は少し見上げる感じで、水の色を出してみました。
グラスワールド(住崎エリア) -16m コケギンポ
20120322073067

グラスワールド(住崎エリア) -16m ボブサンウミウシ
20120322073065

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

3月22日の串本 【1】 ウデフリツノザヤウミウシ・イロカエルアンコウ

冬型の気圧配置が徐々に緩み、高気圧に覆われた3月22日、串本に行ってきました。
朝から快晴。紀伊半島の海岸沿いに多く自生し、白い花をつけるオオシマザクラは5分咲きで、大阪・京都よりひと足早く、春の風景を楽しむことができました。

1本目 住崎 晴れ 気温14℃ 西の風5.5m 水温18℃ 波高1m 透視度10m~12m

久しぶりの住崎。事前にいくつかのいきもの情報を聞いてエントリー。通称ピカチュウ、ウデフリツノザヤウミウシを見に、北に向かいます。聞いたピッタリの場所で1個体。すぐ近くに寄り添う2個体が見つかりました。特徴あるその色、かたちは何度見てもカメラを向けてしまいます。

-22m ウデフリツノザヤウミウシ
20120322073053 20120322073055

四角いシマウミスズメの正面顔。
-22m シマウミスズメ
20120322073051

-22m ミナミハコフグyg.
20120322073063

低水温に耐えているタテジマキンチャクダイの若魚ですが、動きが緩慢でした。あと少し頑張って無事、夏を迎えてほしいものです。
-20m タテジマキンチャクダイ
20120322073057

-18m シロウミウシ
20120322073059  

メインの根で見つかった鮮やかなオレンジ色のイロカエルアンコウ。岩の割れ目の壁に貼りついていました。ストロボを本体から外してカメラを隙間に潜り込ませ、半逆立ち状態でファインダーを覗いてこのフレーミングが精一杯。見事に周囲に溶け込んでいます。
-16m イロカエルアンコウ
20120322073061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

8月12日~14日の串本

久しぶりの3連休は串本。今回は家族でのんびり過ごしました。
12日は起きたのがお昼頃。この日は潜らず、暑さが和らいだ夕方から釣りに出かけ、まずはメッキ(ギンガメアジなどの幼魚)狙い。ルアーに対して活発に反応し、コツン、コツンと当たってくるものの、まだまだ小さく針にかからず、釣れるのはクサフグばかり。対岸の紀伊大島でガシラ(カサゴ)狙いに切りかえ、しばらくして釣れたのは20cmほどのメバル。
1108129991_3   
温帯系のメバルは黒潮の影響を大きく受ける潮岬の西側ではほとんど確認例がなく、東側に限られています。同じようにアワビやサザエも潮岬を境に東側でしか見られません。おもしろいことに、熱帯系のいきものはどちらでも見られるものが多く、低水温を好む温帯系の生物が西側で見られない傾向があります。ほんの数kmの違いで生息する生物の種類が大きく異なるのも、ここ串本のおもしろいところです。

夜はペルセウス座流星群を観察しましたが、今年は満月に近い月があるため条件は悪く、1時間あまりで4つしか見ることができませんでした。

13日は早起きして、近くの海岸で貝殻拾いをしたあと、潜りに出かけました。

1本目 イスズミ礁 晴れ 気温29℃ 水温27℃ 西南西の風3m 透視度約12m

久しぶりのイスズミ礁。イスズミ礁は地形はおもしろいのですが、マクロで写真を撮るにはいまひとつのポイント。何でもないものにカメラを向けたり、貝殻を探したりしながらの60分でした。

2本目 住崎 晴れ 気温30℃ 水温27℃ 西南西の風3m 透視度8m~10m

お盆休みの住崎エリアはダイバーが集中。たくさんの人が入っているので、巻き上げられた泥や砂によって濁っています。こうなるとテンションはdownできるだけ人のいないところを選んで動きますが、いまひとつ冴えない1本になりました。

遊泳性のカモハラギンポですが、今回はこうして穴に入って顔を出している個体を多く見ました。確認できませんでしたが、産卵後、卵を守っているのかも知れません。撮っているときには気づきませんでしたが、頭に寄生虫がついています。

住崎 -20m カモハラギンポ
1108125501
オーバーハング状になったところにいるイソハゼの仲間とオオメハゼ。

住崎 -17m イソハゼの仲間
1108125505
住崎 -17m オオメハゼ
1108125507
産卵後のクマノミは、周辺を常にきれいに保とうと頻繁に卵に近づきます。卵を見るために、触ったダイバーがいたようで、イソギンチャクが縮んでいます・・・
住崎 -14m 卵を守るクマノミ
1108125509
潜ったあとは釣りに行き、そのまま漁港で空を見上げて上空を飛ぶISS(国際宇宙ステーション)を観察。ISSのすぐそばを流星が流れました。shine


前日の13日は海の中が人でいっぱいでいつものようにのんびり楽しめなかったので、14日のダイビングはパス。この日も日没後しばらくしてISS(国際宇宙ステーション)が上空を通過します。12日、13日とも肉眼では見ていましたが写真を撮っていなかったので、今回は釣りの準備に加え、カメラを持って行きました。日が暮れるまでキスを釣っておかずを確保?
1108146001c その後釣り道具を片づけ、同じ場所にカメラをセットしてISSを待ちました。フレームに橋杭岩と串本大橋を入れてスタンバイ。しかし、時間が近づくにつれ、雲が増えてきました。coldsweats02
1108147001 そして雲の間からISSが見えたのはかなり角度が高くなってから。風景と一緒にフレームに入れることができない位置でした。空に明るさが残っているので露出時間を長くすることができず、いまひとつの結果になってしまいました。1108146002_2 東からのぼってきた満月とISS。漁港の明かりを避けたので、不自然なフレーミング・・・think
1108143001_2 1108148003_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

追いかけて山崎 1073レ EF66-27

近江長岡で撮り終え撤収。醒ヶ井に行ったりょうさんに電話をすると、ずいぶん落ち込んだ様子です。醒ヶ井は通過だと思い込んでいたところ、1073レは待避線に入り、停車したので、思い通りの写真が撮れなかったようです。

午後から仕事もあるので、追いかけるつもりはなかったのですが、りょうさんが何とかもう一度撮りたいというので、時間を意識して高速に乗りました。おおまかには先行していても、この区間は線路と名神高速が離れていたり、インターを降りてから渋滞する道だったりで、結局は時間的に確実な山崎まで行くことにしました。

通過10分ほど前に現地に到着した時は、既に多くの人がスタンバイ。最後列に何とかスペースを見つけ、手持ちでおまけのカットを撮ることができました。

2010年9月26日 1073レ 東海道本線 山崎~島本
1009268054

| | コメント (0) | トラックバック (0)