« 2017年8月6日 清水みなと祭り ブルーインパルス展示飛行 | トップページ | 2017年9月3日 伊吹山をバックに5074レ EF66-27 »

2017年9月 4日 (月)

2017年8月20日の串本 マダラタルミyg.・アザハタ+ホンソメワケベラ・ 

もともと土日やお盆休みは関係ない仕事。そのうえ今年は4週目に大きなヤマがあり、その準備でほとんど動けなかった8月。一応のメドがたったので、久しぶりに串本に行ってきました。

8月前半、不安定だった天候はここにきて太平洋高気圧が勢力を増し、串本では珍しく、にわか雨もない2日間。19日は午前中、たまった用事を片づけようとしたものの、昼前には暑さでギブアップ。駅近くのお店でゆっくり昼ごはんを食べ、町内唯一?のカフェに行き、友人の家に寄ったりしたあと、防波堤からちょこっとルアーを投げ、夜は星がきれいだったので樫野崎灯台で天の川を眺め、あっという間に1日が終わりました。そして20日は午前中に2本。

1本目 住崎 晴れ 気温28℃ 北の風1.5m 水温28℃~27℃ 透視度15m~20m ほぼ凪

日曜日。たくさんのダイビングボートが出て水中も込み合っているので、普段あまり行くことがない南のエリアに向かいました。ごくありふれたキンギョハナダイもイソバナがバックになるときれいです。

-15m キンギョハナダイ
20170820085035


南の浅場で見つけたマダラタルミの幼魚。イソバナを中心に周辺を泳ぎますが、近づくと当然向こう側に回り込んでしまうので、思うようなアングルで撮るのはなかなか難しい。

-8m マダラタルミyg.
20170820091618

20170820092137

ホンソメワケベラにクリーニングしてもらうアザハタ。幼魚でありながらフィッシュイーターのアザハタの口の中に入り込んでも大丈夫だということはどこで学習しているのか?自然の奥深さを感じます。

-12m アザハタ+ホンソメワケベラyg.
20170820093137



2本目 備前 晴れ 気温30℃ 南東の風2m 水温28℃~27℃ 透視度15m~20m ほぼ凪

ナイトロックスを使っていても2本連続で水深20mを超える砂地で粘ることはできません。ダイバーの集団を避け、目的がないまま広い範囲をウロウロしたものの決め手になるものはなく、アンカー近くに戻ったところで季節外れ?のピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ。そこで通りかかったガイドのBくんがマダラタルミを教えてくれました。

-20m オジサン+ホンソメワケベラ
20170820112034

-15m ウデフリツノザヤウミウシ
20170820114353


-14m マダラタルミyg
20170820115056

午後は、ボウズハゼ、ヨシノボリの滝昇りを見に古座川水系 小川の「滝の拝」へ。季節的にピークは過ぎているものの、垂直の岩を一生懸命這い上がる姿を見ることができました。

古座川町 滝の拝 カワヨシノボリ
20170820151313


ボウズハゼ
20170820152004

|

« 2017年8月6日 清水みなと祭り ブルーインパルス展示飛行 | トップページ | 2017年9月3日 伊吹山をバックに5074レ EF66-27 »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/65711766

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年8月20日の串本 マダラタルミyg.・アザハタ+ホンソメワケベラ・ :

« 2017年8月6日 清水みなと祭り ブルーインパルス展示飛行 | トップページ | 2017年9月3日 伊吹山をバックに5074レ EF66-27 »