« 7月2日~ 7月30日 アオバズク | トップページ | 2017年7月27日の串本 タテジマヤッコ・コクテンカタギ・ヒレナガネジリンボウ »

2017年7月21日 (金)

7月19日 撃沈・・・伊吹山をバックに5074レ EF66-27

27号機による56レ代走に沸いた2週間。これまでアップしたのは6月29日分のみですが、結局皆勤でした。

2017年7月1日 56レ EF66-27
20170701999997

そして所定のEF66の運用に戻った27号機ですが、17日に東京から稲沢に行ったところでA5運用に差し替えられて19日は幡生から上ってきます。運よく休日とあたったので、行ってきました。

梅雨明けの発表があった19日は晴れ予報。ただ5074レが近畿圏を通過する時間帯は太陽を背負って走ってくるので撮影場所は限られてきます。編成が出てこないし、バックの高圧線鉄塔や建物、電柱などの人工物が多く写り込み、あまり好きな場所ではありませんが、ライティング優先で伊吹山バックの近江長岡~柏原をチョイスしました。

通過の1時間半ほど前に現地に着くと既に5~6台の三脚。さすが人気の27号機。それでもまだ十分にスペースはあり、カメラをセットしスタンバイ。その後しばらくは晴れていましたが・・・

2017年7月19日 1054レ 東海道本線 近江長岡~柏原  EF210-5
20170719140515

通過の30分ほど前に太陽が大きな雲で遮られた時はまだ十分に時間があり余裕だったんですが・・・この雲、動かない。バックの風景にはずっと光があたり、線路面は影という最悪のライティング。しかし通過時間が迫ってくると、その雲もやっと切れそうになってきました。

踏切が鳴り始めた時、背後から近づく日が当たるエリア。すれ違うように迫ってくる27号機。際どい!結果、奥はまだ影のなかで撃沈。そして引き込んだカットは機関車に日が当たり、編成のうしろは影から抜けずマダラ。で、編成が抜けたあとは、きれいに日が当たった線路・・・足取り重く引き揚げました。

2017年7月19日 5074レ 東海道本線 近江長岡~柏原 EF66-27
20170719144611
20170719145010

|

« 7月2日~ 7月30日 アオバズク | トップページ | 2017年7月27日の串本 タテジマヤッコ・コクテンカタギ・ヒレナガネジリンボウ »

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF210」カテゴリの記事

EF66-27」カテゴリの記事

コメント

5074レはお疲れ様でした。清滝踏切でしたか、私は伊吹山バックと迷いに迷ったのですが、稲枝-河瀬にいました。稲枝から遠く仰ぐ伊吹山は通過時間に綺麗に出ていたので、行ったら良かったと相当悔いていたので、不謹慎ながら安心しました(^_^;)

しかしホンマ数秒の差ですね...(>_<)
このままA11に流れるかなと期待していたのですが、A1に戻ったとは残念です。
http://www.geocities.jp/northdraft1995/0011.html

投稿: NORTHDRAFT | 2017年7月21日 (金) 18時28分

NORTH DRAFTさん

新作を拝見しました!
逆光気味ながら夏の光線は気にならないですね。のびやかな編成、スッキリまとまったフレーミング。結果的に大正解。うらやましいです。そして先ほどの京都駅のズーム流し?もバッチリ決まっていますね。

清滝踏切はご覧の通り、あと20秒通過が遅ければ・・・でした。なかなかうまくいきません。

投稿: 海と蒸気 | 2017年7月21日 (金) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/65559022

この記事へのトラックバック一覧です: 7月19日 撃沈・・・伊吹山をバックに5074レ EF66-27:

« 7月2日~ 7月30日 アオバズク | トップページ | 2017年7月27日の串本 タテジマヤッコ・コクテンカタギ・ヒレナガネジリンボウ »