« 2017年4月5日の串本 【1】 コケギンポ・クダゴンベ・ムラサキウミコチョウ・フジイロウミウシ | トップページ | 2017年4月12日 深夜の加島で1095レ EF66−27 »

2017年4月14日 (金)

2017年4月5日の串本 【2】 フタイロハナゴイ・ワニゴチ・クモガタウミウシ・ムラサキウミコチョウ

2本目 備前  薄曇り 気温18℃ 東南東の風3m 水温18℃ 透視度15m 凪

午後からは用事があったので、1時間足らずのインターバルで2本目は備前。まずは北のアザハタのいるエリアに向かい、クリーニングシーンを撮ろうとしばらく粘るも、ニザダイの下半身?にクリアクリーナーシュリンプが一度乗っただけ。諦めてタにターゲットをフタイロハナゴイに変更。2個体にピントが来るのを待っていると、減圧がヤバい状態に・・・

-21m フタイロハナゴイ
20170405000010


切り上げてメインの根に戻る途中、ワニゴチに遭遇。マクロレンズでは顔のアップが精いっぱい。

-20m ワニゴチ
20170405000050



メインの根に戻ったところで見つけたクモガタウミウシ。派手な色が多いウミウシですが、こいつは岩肌に溶け込む地味な体色。体長約10cmの不気味な姿。

-16m クモガタウミウシ
20170405000060

植物のように見えるシロガヤは、クラゲと同じ刺胞動物門の動物。強い刺胞毒を持ち、触れるとひどい痒みに悩まされることになります。岩肌に密生するこの時期、美しく見えますが、撮影には細心の注意が必要。

-10m シロガヤ
20170405000070



エキジット間際に、またも中層を泳ぐムラサキウミコチョウを発見。ナイトロックスながら既にふた桁の減圧サインが出ていたので、数カット撮っただけで浮上開始。残念・・・

-14m ムラサキウミコチョウ
20170405196523

|

« 2017年4月5日の串本 【1】 コケギンポ・クダゴンベ・ムラサキウミコチョウ・フジイロウミウシ | トップページ | 2017年4月12日 深夜の加島で1095レ EF66−27 »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/65148758

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年4月5日の串本 【2】 フタイロハナゴイ・ワニゴチ・クモガタウミウシ・ムラサキウミコチョウ:

« 2017年4月5日の串本 【1】 コケギンポ・クダゴンベ・ムラサキウミコチョウ・フジイロウミウシ | トップページ | 2017年4月12日 深夜の加島で1095レ EF66−27 »