« 2017年3月22日の串本 【2】 クダゴンベ・マダライロウミウシ・フリソデエビ | トップページ | 2017年4月5日の串本 【2】 フタイロハナゴイ・ワニゴチ・クモガタウミウシ・ムラサキウミコチョウ »

2017年4月14日 (金)

2017年4月5日の串本 【1】 コケギンポ・クダゴンベ・ムラサキウミコチョウ・フジイロウミウシ

1本目 住崎 薄曇り 気温15.5℃ 東の風3m 水温18℃  透視度15m  凪

4月5日の串本は穏やかで波はほとんどなく、水の色は青く透視度も十分。ボートに上がっても寒さを感じず、快適に潜ることができました。これなら久しぶりの外洋ポイントもいいかと思いましたが、リクエストがあったようで近場ポイントでじっくり2本。1本目は住崎。メインのアンカーには別のボートがかかっていたので東のアンカーからエントリー。

まずは前から聞いていながらまだ見ていなかったコケギンポ。水のなかで出合ったガイドのKくんに教えてもらいました。感謝!割り箸の先よりまだ小さいくらいの大きさ。愛想はよく(実際には威嚇しているんだと思いますが・・・)顔は出してくれますが、フレームにそこそこの大きさで写すためには至近距離まで寄らなければならず、ライティングに苦労しました。

-23m コケギンポ
20170405000001


まだまだ健在のクダゴンベ。昨年秋に現れた時の倍くらいの大きさに成長。ここでペアリングしないのなら、旅立つ日も近いかも。

-23m クダゴンベ
20170405000004


この日はメインでは考えていなかったのですが、目に入ったクロヘリアメフラシを1カット。

-18m クロヘリアメフラシ
20170405000005


移動中に中層を飛ぶ?ムラサキウミコチョウを発見!この時期、ムラサキウミコチョウは無数に見かけますが、飛んでいることは稀。パタパタとからだを動かして飛ぶ姿は、北のクリオネに勝るとも劣らないのでは?水の色は悪くなかったので、バックを青く抜こうとしましたが、イメージ通りに撮ることができず。結局、絞り込んで黒抜きで。

-16m ムラサキウミコチョウ
20170405000006
20170405000007


春先限定のケヤリ。そのかたちから、大名行列などで見られる「毛鎗」を連想させるのがなまえの由来。この時期、数は多いものの、ボリューム感があり色がいいものは少なく、意外に難しい被写体です。

-20m ケヤリ
20170405000020

体長約5mmのフジイロウミウシ。

-17m フジイロウミウシ
20170405000030

|

« 2017年3月22日の串本 【2】 クダゴンベ・マダライロウミウシ・フリソデエビ | トップページ | 2017年4月5日の串本 【2】 フタイロハナゴイ・ワニゴチ・クモガタウミウシ・ムラサキウミコチョウ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/65148747

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年4月5日の串本 【1】 コケギンポ・クダゴンベ・ムラサキウミコチョウ・フジイロウミウシ:

« 2017年3月22日の串本 【2】 クダゴンベ・マダライロウミウシ・フリソデエビ | トップページ | 2017年4月5日の串本 【2】 フタイロハナゴイ・ワニゴチ・クモガタウミウシ・ムラサキウミコチョウ »