« 2017年1月27日 惨敗・・・夜の天理臨 583系秋田車 | トップページ | 2017年1月28日 安土~近江八幡 5087レ EF65-1081 »

2017年1月29日 (日)

2017年1月28日 残雪の安土~近江八幡 5085レ EF66-27

28日は午後からの仕事に合わせて遅めに起きましたが、EF66の運用をチェックすると・・・えっ!27号機が5085レに入ってるやん!しかも窓から外を見ると快晴。

大急ぎで撮影機材と仕事用のバッグをクルマに放り込んでスタート。雪があるエリアで間に合うのは能登川から近江八幡あたり。今のクルマでは積雪があればあったで脇道に入ることができないので、どっちみちこのあたりで妥協するしかないんですが・・・

まずは25日に5087レを撮った場所に行くと、この3日で道床や盛土部の雪が融け、草が露出してマダラになっています。これを見て一旦は安土定番に向かいますが、この時間に行って、好みのスペースが空いているかわからない。行ってダメでも戻る時間はない。そこでUターンすることにしました。

前回、EF65-2139を撮った時より少し線路に寄ったところでフレームをつくります。雲がほとんどない青空。安心して待つことができるのはいつ以来だろう?そして定刻、雪晴れのなか、お目当ての27号機がやってきました。雪がハゲた盛土部とバックの民家が気にはなるものの、なんとか合格点。ちなみに安土定番は、やっぱりここより雪が多かったようです・・・

2017年1月28日 5085レ 東海道本線 安土~近江八幡 EF66-27
20170128120530

|

« 2017年1月27日 惨敗・・・夜の天理臨 583系秋田車 | トップページ | 2017年1月28日 安土~近江八幡 5087レ EF65-1081 »

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF66-27」カテゴリの記事

コメント

ニーナは清々しい編成写真ですね。
583も決まっているように見えますが..
やはり鉄には4駆が必至ですね。雪の日は一緒に行きましょう。

清滝山俯瞰も考えたのですが、5085レは逆光になるのと雪の急坂登山を躊躇しました。
伊吹山バックの俯瞰是非行きましょう。でもチャンスはなかなか無いでしょうね..。
高度の割には結構難儀なポイントではあります。

投稿: NORTHDRAFT | 2017年1月29日 (日) 12時11分

NORTH DRAFTさん

コメント、ありがとうございます!
晴れてナンボの国鉄色とはよく言ったもので、ただの編成写真も青空があればあとは機関車の魅力でなんとかなるものですね。coldsweats01

鉄活動に地上高の低いFR車は思った以上に厳しかったです。限られたお金をどこにどう配分するのか?ホント悩ましいです。

伊吹バックの俯瞰には是非行ってみたいですが、難易度が高そうで私には無理かも・・・そしてニーナの運用と休みのタイミングもなかなか難しいですね。また、3月改正でEF66の運用がどう変化するのかも気になります。

583系は、このあと架線柱を抜けた2カットくらいが狙いでしたが、完全に編成切れ。これはちゃんと止まっていないんです・・・あと少し線路に寄っておけば、と悔やまれますが流すのがより難しい角度になるので、どっちみちダメだった可能性が高いです。

投稿: 海と蒸気 | 2017年1月29日 (日) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/64821162

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年1月28日 残雪の安土~近江八幡 5085レ EF66-27:

« 2017年1月27日 惨敗・・・夜の天理臨 583系秋田車 | トップページ | 2017年1月28日 安土~近江八幡 5087レ EF65-1081 »