« 2016年12月19日の串本 【1】 クダゴンベ・ハダカハオコゼ | トップページ | 2016年12月28日 須磨で2070レ EF66-27 »

2016年12月21日 (水)

2016年12月19日の串本 【2】 クダゴンベ・ハダカハオコゼ

2本目 住崎 晴れ 気温14℃ 西北西の風3m 水温21℃ 透視度12m 波高1m

最近のいきもの情報を聞くと前回から1ヵ月以上経っているのに、驚くほど変化がありません。しばらく時化に見舞われず、水温も安定し、死滅回遊魚が定着する条件が揃った今年の串本。現れて4ヶ月を超えたクダゴンベやフリソデエビ。ホホスジタルミの幼魚、ニシキフウライウオやニシキヤッコ、ハダカハオコゼもそのままいるらしい。(クダゴンベ、ニシキフウライウオは串本で繁殖していると思われます)ニューフェイスはピンクのオオモンカエルアンコウくらい。それぞれの位置を頭に入れてエントリー。

エントリー直後、すぐに目についたのが10cmもない小さなミカドウミウシ。触覚は見えず、ダラリとしていると思ったら、死んでいました。まだ幼体ですから、何らかの要因で死んでしまったようです。

そしていつもチェックするオオイソバナ。いつもはどこかに隠れているイソバナガニが3個体、見えるところにしがみついてるのは珍しい!ガイドがゲストに見せるためには、だいたいイソバナを触ってポリプが閉じた状態がほとんどなので、これは貴重なチャンス。イソバナガニの写真、ほとんどがポリプは閉じています。イソバナに触れないように注意して、ポリプ全開で撮ったイソバナガニ。背中を見せてはくれませんが、自分なりには満足度高いカットです。

-17m イソバナガニ
20161219093001


このあと、おなじみのクダゴンベ。すっかり大人になり、ダイバー慣れして度胸満点。終始この場所から動きませんでした。水の色がよくないのが残念・・・

-23m クダゴンベ
20161219093002


聞いていた、ピンクのオオモンカエルアンコウを捜すも、発見できず。前回見られなかったハダカハオコゼのエリアに行くと、ガイドチームのKくんの姿。15分ほど探したのち、見つけたのはやっぱりKくん。さすが、プロ!ガイドチームの撮影が終わるのを待って、撮らせてもらいました。

-18m ハダカハオコゼ
20161219093004

近くで3cmほどに成長した、ミナミハコフグの幼魚。

-16m ミナミハコフグyg.
20161219093003


アンカーに戻る途中、ニシキフウライウオのペア。特にホストはなく、決まった位置にもう1ヵ月以上。よほど居心地がいい環境なんでしょう。バックが岩肌になるので、写真は今ひとつ。

-16m ニシキフウライウオ
20161219093005



今回の住崎でいちばんのヒットだったのが、初めて拾ったカバホシダカラの貝殻。若干サビているのが残念ですが、背中の赤班、艶も残っています。

カバホシダカラ -16mで採集
2016121910010020161219100200_2

|

« 2016年12月19日の串本 【1】 クダゴンベ・ハダカハオコゼ | トップページ | 2016年12月28日 須磨で2070レ EF66-27 »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/64650982

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年12月19日の串本 【2】 クダゴンベ・ハダカハオコゼ:

« 2016年12月19日の串本 【1】 クダゴンベ・ハダカハオコゼ | トップページ | 2016年12月28日 須磨で2070レ EF66-27 »