« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

2016年10月27日の串本 【2】 ヒレナガネジリンボウ・セボシウミタケハゼ

2本目 グラスワールド 晴れ 気温23℃ 南東の風4m 水温25℃ 透視度10m~12m

まずは7月に見つけたヒレナガネジリンボウ。小さな個体でしたが、やっぱり小さい。今回も警戒心強くホバーリングしてくれません。全身が見えたこれが限界。共棲するコトブキテッポエビのヒゲがちょろっと写っているだけ。ツーショットは撮れず・・・

-22m ヒレナガネジリンボウ
20161027140145


このあと、さらに北のエリアをひとまわりしてアンカー近くに戻り、オオイソバナをホストにしたセボシウミタケハゼ。オオイソバナの根元を居場所にしていることもあって、毒々しい色です・・・

-15m セボシウミタケハゼ
20161027142745_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日の串本 【1】 ニシキヤッコ・ニシキフウライウオ

10月27日の串本。早朝は曇っていましたが10時頃からは青空が広がり、穏やかな一日になりました。海とは関係ない話題をひとつ・・・秋に咲く桜。それほど珍しくはありませんが、今年は台風でほとんどの葉が落とされたことが原因か春に咲く半分くらいの数の花をつけている木もありました。
20161027154422
20161027154455

南の前線の影響か、わずかなうねりはあるものの穏やかな海況。欲をいえば水の色がもう少し青ければいうことないんですが・・・

1本目 住崎~備前 曇りのち晴れ 気温23℃ 東の風3m 水温25℃ 透視度12m~15m 波高0.5m

1本目の行き先は備前でしたが、途中、住崎でボートから落としてもらい最近現れたというニシキフウライウオを見に行きます。聞いた場所あたりを探していると、岩の割れ目をチョロチョロするニシキヤッコの幼魚が目に入り、時間を使ってしまいました。

-16m ニシキヤッコyg.
20161027102419

その後、ペアでいるはずのニシキフウライウオで確認できたのはオス1個体だけ。ペアならペアで撮りづらいんですが、オス1個体だけはちょっと寂しい。岩肌に沿ってフラフラしているので写真にはならず、記録程度に。

-16m ニシキフウライウオ
20161027103417


岩の隙間をチョロチョロ動き回り、なかなか撮らせてくれないニシキヤッコに30分以上使ってしまい、備前に戻るともう時間切れ間近。砂地やメインの根周辺をひとまわりしてエキジット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 自衛隊 岐阜基地航空祭予行 【2】

20161026100951
20161026100211
20161026093803
20161026102307
20161026101138
20161026101505

小牧から空中給油機KC767が飛来。
20161026103203
20161026103922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 自衛隊 岐阜基地航空祭予行 【1】

10月26日は岐阜基地航空祭の総合予行の日。午前は主に戦闘機の機動飛行、午後には異機種大編隊飛行がありますが、午後は仕事。仕事前に午前の部だけ行ってきました。

前日から未明まで降っていた雨はあがり、広がってきた青い空。それでもまだ十分な湿度が残っている撮影にはベストのコンディション。派手なベイパーを引きながら飛び回る戦闘機は大迫力!

20161026092844
20161026093025
20161026093000
20161026093231
20161026093405
20161026102145
20161026100204
20161026093515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

2016年10月21日 自衛隊 岐阜基地航空祭予行 【2】

雲に覆われたグレーの空。これでは写真にならないので、この日最後のF15による機動飛行はパスしようと岐阜基地周辺を離れたところ、急に青空が広がってきたたので急いで引き返しました。

20161021120100
20161021120200
20161021120900
20161021650200
20161021136000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 自衛隊 岐阜基地航空祭予行 【1】

10月20日に続き、21日も岐阜基地航空際の予行に行ってきました。現地に着いた昼前は空一面がグレーの雲に覆われ、C-1輸送機をはじめとした、編隊飛行は全滅・・・

2016年10月21日 試作1号機 C-1FTB
20161021121848

F4EJ(改)×3

20161021125350

おそらく航空祭の予行ではなく離陸したC-2輸送機。C-1FTBが合流して飛び去っていきました。
20161021143034
20161021143047
20161021230100
20161021160001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 自衛隊 岐阜基地航空祭予行 【2】

アメリカのF16をベースに日本仕様として開発されたF2。この機体は4機生産された試作機の1機で白ベースに青、オレンジの塗装が特徴です。雲が多く、いいところで光線が当たらず、いまひとつ・・・

20161020160022_2
20161020161135
20161020155324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

2016年10月20日 自衛隊 岐阜基地航空祭予行 【1】

トラブルに見舞われ、草津駅で打ち切りになったD51200の試運転。野洲で折り返して梅小路に戻すといっても時間は不明。そのために午後を全部つぶしてしまうのはもったいない。早々に草津駅を離れ、航空祭の予行が行われる岐阜基地方面に向かいました。朝から何も食べていなかったので、午後最初のセクションはパスして、関で好物のうなぎ。その後、岐阜基地近くの撮影地に到着。

国鉄時代から走り続けている車両が激減すると共に鉄道撮影に出る機会はめっきり減りましたが、そのかっこよさと動くものを撮る楽しさから最近撮るようになった飛行機。鉄道ファンのなかではそんなパターンの方も多いようです。

現在、自衛隊の主力戦闘機といえるF15の原形機の初飛行は1972年、F4に至っては1958年という歴史も魅力のひとつ。機能を突き詰めた美しさは50年以上経っても古さを感じさせません。

2016年10月20日 F4EJ T4練習機
20161020150744

20161020152454

日本でノックダウン生産を経てライセンス生産されたF4ファントムですが、この♯301は自衛隊のF4初号機として1971年にアメリカから輸入された機体。なんと45年も前の戦闘機が未だに現役であることは驚きです。

F15EJの機動飛行
20161020155855
20161020160608
20161020160611_2
20161020160922
20161020161006
20161020161050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 打ち切りになった、D51200の本線試運転

10月20日に予定されていたD51200の本線試運転。この日、午前には外せない予定があって一旦は諦めていましたが、うまくいけば試運転列車が河毛あたりを通過する直前に滑り込めるくらいの時間に用事を終えることができました。ところが「D51が不具合を起こして米原にも来ていない」との第一報。聞いた話から判断して草津駅に向かいました。

草津駅先の待避線。EF65を先頭にD51200、12系1両の試運転編成が止まっており、少し離れたホームには遠巻きに見守る多くのファンの姿。D51は軸発熱を起こし、野洲の電車区に取り込まれ、梅小路に戻されるそうです。しかしいつ動くかもわからないD51を待つのは気が進まず、この場を離れることに。その後、しばらくして友人から草津を発車したとの知らせがありましたが、もう手遅れ。

その後の情報によれば、テンダ台車の軸発熱とのこと。しかし梅小路の検修庫に入ったD51200は、テンダだけでなく、本体側もボイラと足回りを分離した状態で整備をしているようです。

2016年10月20日 試9990レ  草津駅構内 EF65-1133+D51200
20161020100100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

2016年10月14日の串本 イソバナカクレエビ・クダゴンベ

10月14日の串本。午後からは用事があったので、午前中に1本だけ潜ってきました。地上はすっかり秋の空気に入れ替わり、ひんやり。水温は真夏並みの26℃を維持しているので、水中で寒さを感じることはありませんが、ボートに上がってから風に吹かれると冷たく感じる季節になりました。いい潮が入り水の色は回復。気持ちよく潜ることができました。

1本目 住崎 曇り 気温19℃ 北東の風5m 水温26℃ 透視度15m 波高0.5m

エントリー後、前回見た小さなフリソデエビのペアを見に行くも見当たらず。(このあと行ったガイドチームのIさんに聞くと、岩の割れ目の奥にいたそうで、ひと安心!)近くのオオイソバナのポリプが開いていたので、じっくり観察。ここではウミタケハゼの仲間とイソバナカクレエビ。

-16m ウミタケハゼの仲間
20161014100200

-16m イソバナカクレエビ
20161014100300

ちょっとライティングを変えて・・・
20161014100320



もう1ヵ月以上居ついているクダゴンベ。ずいぶん大きくなりました。今回は不機嫌でチョロチョロ動き回り、なかなかいいアングルで撮らせてくれません。単にダイバー慣れしたかどうかでなく、時によってこれだけ行動に差があるのは不思議です。

-22m クダゴンベ
20161014100340

20161014100360

-15m  ウミタケハゼの仲間
20161014100370


マクロレンズでは「見るだけ」ですが、移動中にちょっと小ぶりなカンパチの群れに囲まれた他、クエも目撃。充実した1本となりました。このあと用事を済ませ、夕暮れ時はエギングに。今回は500gと300gの2ハイをゲット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

2016年10月7日の串本 【2】 フリソデエビ・クダゴンベ

2本目 住崎 晴れ 気温25℃ 北東の風6m 水温26℃ 透視度10m 波高0.5mのち0.7m

午後から用事があったので午前中に2本め。台風を乗り越えて最近までいた大きなフリソデエビのペアは、持っていたヒトデを残して忽然と消えてしまったそうです。タコにでも食われたのか、それとも人間がとったのか?どこかに移動するならエサとなるヒトデを持っていくはず。不自然な消えかたが気がかりです。

これは、近くで見つかっていた小さいながらペアになったフリソデエビ。穴の奥までストロボの光が回らないので、ライトの光を頼りに撮影。

-19m フリソデエビ
20161007130500


-18m イガグリウミウシ
20161007130400

このあと、ザラカイメンカクレエビを見に行くも行方不明。台風のうねりで飛ばされてしまったのか?定着性が高い種類だけに心配です。そして、台風をしのぎ、同じ場所に定着しているクダゴンベの幼魚。ダイバー慣れしたのか、今日は機嫌よくずっとこの場所から動かず。およそ1ヵ月前に見た時よりもかなり成長していました。

-23m クダゴンベyg.
20161007132001

水深20mちょいでほぼボトムに留まる住崎エリアで連続2本入るとナイトロックスを使ってもエアが減るよりよりずっと早くに減圧サインが出てしまい、チェックしたいエリアを回りきれないまま時間切れ。

このあと用事を済ませて夕方から漁港で1時間ほどエギング。トンカツサイズはリリースし、400gサイズをキープ。夜はシイノトモシビダケを求めて森に入りましたが、湿度はある程度保たれているものの散発的に出ているだけで撮影に至らず。今年はシーズンは終了のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月7日の串本 【1】 ソメワケヤッコ・アナモリチュウコシオリエビ

今年は夏の後半から以降、秋雨前線の停滞や連続して発生した台風で荒れた日が多かった串本。久しぶりに海のコンディションと休みがうまく合ってくれました。

1本目 備前 曇り 気温22℃ 北東の風3m 水温26℃ 透視度10m 波高0.5m

1本目は7時30分出港。透視度自体はそう悪くないものの、曇っているうえ、水の色は悪く水中はどんよりとしています。

台風前と近い場所にいたホホスジタルミの幼魚。台風のうねりを乗り越えたのか、それとも別の個体なのか?ホストとなるソフトコーラルなどがないまま、一定の範囲を泳ぎ回っていました。浮遊物があり水の色が悪いのでバックは黒く落としたい。そうすると黒い鰭が溶け込み、悩ましいところ。

-22m ホホスジタルミyg.
20161007130100_2


岩の隙間から隙間へチョロチョロと動き回るソメワケヤッコを発見。いくつかの岩の陰を行ったり来たり。移動ルートに待ち伏せしてもこれが限界。

-20m ソメワケヤッコ
20161007100300

このあとは北のアザハタの根に向かいました。ここしばらくイザヨイベンケイハゼは確認されていないらしい。念のため覗いてみたけれど、やっぱりいませんでした。最後に見たのは7月末。見つかったのが昨年11月なので半年以上住み着いていたことになります。どこかで元気にしていることを願って・・・ここではロボコンこと、アナモリチュウコシオリエビ。このままポケモンのキャラクターにしてもいけそうですね。

-23m アナモリチュウコシオリエビ
20161007130200



-20m ウミウサギガイ 産卵中
20161007130300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

2016年9月30日 秋晴れの近江中庄 サンダーバード8号

9月30日午前、湖西を北に向かう用事がありました。今年は秋雨前線が長く停滞し、曇りや雨の日が続いていましたが、この日は束の間の晴れ間。貴重な秋晴れ。カメラを持っていたので、久しぶりに近江中庄に寄ってサンダーバード8号を軽く手持ち撮影。安い高倍率ズームレンズではやっぱり広角側いっぱいのフレーム端はちょっと厳しいものがありました・・・

2016年10月日 4008M  湖西線 マキノ~近江中庄
20160930130101

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »