« 2016年8月21日 夏のSL北びわこ | トップページ | 2016年9月2日の串本 【2】 フリソデエビ・ザラカイメンカクレエビ・クダゴンベ »

2016年9月20日 (火)

2016年9月2日の串本 【1】 シチセンチョウチョウウオ・イロブダイ・マダラタルミ

今年の夏は休日と海のコンディションがうまくかみ合わず、久しぶりの串本となりました。

1本目 グラスワールド 晴れ 気温27.5℃ 北東の風5m 水温28℃~27℃ 透視度15m 波高0.5m

-18m ウミウサギ
20160902100100


外套膜の突起が残る小さなウミウサギを撮っていると目に入ったなまえのわからない体長1cmに満たないガラス細工のようは透明のエビ。

-18m 種不明のエビ
20160902100110

数は少ないものの、串本では夏から秋にかけてしばしば現れるシチセンチョウチョウウオ。

-16m シチセンチョウチョウウオ
20160902100120


今年は確認例が多い、イロブダイの幼魚。

-18m イロブダイyg.
20160902100140


マダラタルミの幼魚。直径10mほどのエリアを泳ぎ回っています。30分以上粘って、鰭を開いた瞬間を抑えられたのはこの1カットだけでした。

-16m マダラタルミyg.
20160902100150



2本目 シーマンズビーチ 晴れ 気温29℃ 北東の風5m 水温29℃~28℃ 透視度5m~7m 波高 ほぼ凪

前日にチョウチョウコショウダイの幼魚が現れたと聞き、1本目のボートをあがってすぐにビーチエントリー。しかしお目当てのチョウチョウコショウダイは見つからず・・・高水温で白化が進みつつあるイソギンチャクにクマノミの幼魚が4個体暮らしていました。

-5m サンゴイソギンチャク+クマノミyg.
20160902100160

|

« 2016年8月21日 夏のSL北びわこ | トップページ | 2016年9月2日の串本 【2】 フリソデエビ・ザラカイメンカクレエビ・クダゴンベ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/64216228

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年9月2日の串本 【1】 シチセンチョウチョウウオ・イロブダイ・マダラタルミ:

« 2016年8月21日 夏のSL北びわこ | トップページ | 2016年9月2日の串本 【2】 フリソデエビ・ザラカイメンカクレエビ・クダゴンベ »