« 2016年7月29日の串本 【1】  ヒレナガネジリンボウ・スミレナガハナダイ・ブチブダイyg. | トップページ | 【番外編】 2016年7月29日 シイノトモシビダケ »

2016年7月31日 (日)

2016年7月29日の串本 【2】 ホタテツノハゼ・ヒオドシベラyg.・ホホスジタルミyg.

2本目 備前 晴れ 気温28.5℃ 東北東の風5m 水温23℃~25℃ 透視度12m ほぼ凪

午後になって冷たく濁った潮が入り、水深5m以深の水温はグッと下がり、朝には青かった水はいつもの色になってしまいました。6.5mmを着ておいてよかった!まずは情報をもらったホタテツノハゼ。コトブキテッポウエビが入っていると聞き、期待したのに水温が下がったせいか、全く姿は見えません。おまけにホタテツノハゼはダランと背びれを閉じたまま。しばらく待っても状況は変わらないので、寄りにかかると、警戒して背びれは立てるものの、このカットをとった直後に巣穴に逃げ込んでしまいました。ちょうど、ゴミが写り込むタイミング。まぁ、エビがいないからいいけれど・・・

-23m ホタテツノハゼ
20160729100260



現れて1ヵ月ほど。ようやく見ることができたヒオドシベラの幼魚。小さい時はヤギ類に寄り添っていたそうですが、今では広い範囲を泳ぎ回り、時おり他の魚をクリーニングするような行動をとることがあるようです。

-16m ヒオドシベラyg.
20160729140260



このあと行ったイザヨイベンケイハゼはずっと後ろ向きで1カットも撮れずに退散。戻ってホホスジタルミの幼魚。3年前に現れた場所と同じ。遠く流されてきた幼魚も適した環境をみつけるようです。ただ、この魚も死滅回遊。春を迎えられずに死んでいきます。

-18m ホホスジタルミyg.
20160729230300_2

|

« 2016年7月29日の串本 【1】  ヒレナガネジリンボウ・スミレナガハナダイ・ブチブダイyg. | トップページ | 【番外編】 2016年7月29日 シイノトモシビダケ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/63988405

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年7月29日の串本 【2】 ホタテツノハゼ・ヒオドシベラyg.・ホホスジタルミyg.:

« 2016年7月29日の串本 【1】  ヒレナガネジリンボウ・スミレナガハナダイ・ブチブダイyg. | トップページ | 【番外編】 2016年7月29日 シイノトモシビダケ »