« 2016年7月3日 水島臨海鉄道のキハ20 | トップページ | 2016年7月7日 古座川鉄橋を渡る283系 くろしお22号 »

2016年7月26日 (火)

2016年7月7日の串本 クマノミ・スミレナガハナダイyg.・ミナミハコフグyg.

このところPCの前に座る時間がなく更新が滞っていましたが、久しぶりに再開です。

7月7日、西風は吹いているものの晴れベースの穏やかな天候。午前1本目は住崎エリアのグラスワールド。

1本目 グラスワールド 気温27.3℃ 西南西の風5m 水温24℃ 透視度10m~15m 波高0.7m

孵化が間近になった卵に新鮮な水流を送るクマノミのオス。

-21m クマノミ
20160707130001



初夏から秋にかけてよく現れるスミレナガハナダイの幼魚。

-20m スミレナガハナダイyg.
20160707130005



体長5cm近くなったミナミハコフグ。昨年夏以降、串本では例年に比べ多く現れています。このサイズはおそらく越冬した個体。

-16m ミナミハコフグyg.
20160707130008



体長3mmほどで岩肌近くに群れているイカの仲間。なまえがわかりません。

-12m イカの仲間
20160707130010

20160707130011


その色からピカチュウと言われ、人気のあるウデフリツノザヤウミウシ。

-16m ウデフリツノザヤウミウシ
20160707130020


エキジット間際、根の上にあるトゲトサカの周りにいたヒメゴンベとノコギリハギ。

-8m ヒメゴンベ
20160707130025


-8m ノコギリハギ
20160707130028

|

« 2016年7月3日 水島臨海鉄道のキハ20 | トップページ | 2016年7月7日 古座川鉄橋を渡る283系 くろしお22号 »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/63967036

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年7月7日の串本 クマノミ・スミレナガハナダイyg.・ミナミハコフグyg.:

« 2016年7月3日 水島臨海鉄道のキハ20 | トップページ | 2016年7月7日 古座川鉄橋を渡る283系 くろしお22号 »