« 2015年12月28日 DD51プッシュプルの訓練運転 【2】 | トップページ | 2016年1月2日 SL津和野稲成号 【2】 追いかけて徳佐 »

2016年1月 5日 (火)

2016年1月2日 SL津和野稲成号 【1】 峠のショータイム・・・

1月2日、3日の2日間、山口線 SL津和野稲成号に行ってきました。今年の冬は暖冬で雪はなし。寒さに震えることがない代わりに、冬枯れの風景はちょっと厳しい。そして今回もDD51の補機がつくとなれば、今ひとつテンションはあがりません。

前日から現地入りしている友人から人出が多いと聞いていたので、いつもより早めに沿線着。はっきりしない天気ながら、予報を見て晴れ期待で小河内トンネルに向かいましたが・・・なんだこのクルマの数は??既に出遅れ感満載。なんとかスペースを確保し、準備を始めます。今までは人が多くても、和気あいあいとした雰囲気が山口の良さでもあったんですが、この日は立ち位置やビデオの音をめぐってあちこちでひと悶着あり、もう数十回もこのポイントに立ったなかで最もイヤな雰囲気で列車を待つことになりました。同じことを伝えるにも言いかたがあるのにね・・・

そうこうするうち青空は雲に侵食され、陽射しはほぼなくなってしまいました。黒く落ちたバックの山。逆光に光る煙がこのポイントの魅力。こうなると気合い、入りません。そして、長い待ち時間の末、遠く仁保発車の汽笛が聞こえ、ピッチの早いドラフト音が近づいてきます。大引越トンネルに入り音が途切れたあとトンネルを出たところでピッチが急に落ちたかと思うと激しく空転。ほぼ止まったような速度から再引き出しかと思えば、盛大にドレインを切りはじめ、あまりの遅さに機関車の前面を隠すように蒸気がまとわりついてしまいました。そして排気の脈動が遅くなって煙のかたちは乱れてしまい・・・

駅発車のようなシーンを見るために、山深い峠に来た訳じゃない。そしてDD51の補機付きでいかにも不自然な空転。これじゃC56がかわいそう。まぁ、蒸気機関車はそんなにヤワじゃないんでしょうが・・・通過後、周囲では歓声があがっていましたが、私はなんだかショーを見たようで、素直に喜ぶ気持ちにはなれず、複雑な思いで山を降りました。乗務員さんのサービス精神はほんとうにありがたいのですが・・・

で、写真は・・・遅かった分、レリーズした回数は異常に多かったんですが、自分のなかでは機関車の前面に蒸気が回ったものはアウトなので、使えるのはほんのわずか。2016年の撮り初めはいろんな意味で厳しいスタートになりました。

2016年1月2日 9521レ 山口線 仁保~篠目 C56160+DD51-1043
20160102000010
20160102001001
20160102001005

|

« 2015年12月28日 DD51プッシュプルの訓練運転 【2】 | トップページ | 2016年1月2日 SL津和野稲成号 【2】 追いかけて徳佐 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

SLやまぐち」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

いつもとは違う装いのC56
赤凸付きのマイナスを考慮しても凄くこの場所に行きたかったので、ありがたく拝見させて頂きました、

せっかく楽しみに行ってるのに険悪ムードと不自然な運転は微妙でしたね。

本当に大変な中の撮影、お疲れさまでした。

投稿: MPYよしみくん | 2016年1月 5日 (火) 20時39分

MPYよしみくん

明けましておめでとうございます!
ご無沙汰しています。

ご覧いただき、ありがとうございます。北びわこでは決して見ることができないC56の縦上がりの煙。止まりそうになって、ドレインを切りまくるものだから機関車の前面に蒸気がまとわりついて、どうしようかと思いました。なんとか顔が見えるカットがあってよかったです。赤凸付きなので、サービスがなければ煙すらないはすなので、ありがたいことなんですが、ちょっと戸惑うレベルでした。周囲の歓声から察すると、これでいいのかも知れませんが…

最近、あまりSLを撮っておられないのではないでしょうか?冬の北びわこはないようですが、またご一緒したいです。

投稿: 海と蒸気 | 2016年1月 5日 (火) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/63001012

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月2日 SL津和野稲成号 【1】 峠のショータイム・・・:

« 2015年12月28日 DD51プッシュプルの訓練運転 【2】 | トップページ | 2016年1月2日 SL津和野稲成号 【2】 追いかけて徳佐 »