« 2015年10月31日 SLやまぐち号 【3】 光が入った!中座 | トップページ | 2015年11月1日 SLやまぐち号 【5】 田代 »

2015年11月 3日 (火)

2015年10月31日 SLやまぐち号 【4】 夕陽に照らされるC571

中座のあと、空を眺めつつ移動開始。遠く船平山の直線を煙を吐いて走る9522レが見えています。西に走るにつれ、山口市の方向は雲が少なく、日照が期待できそうなので、長門峡や既に日が落ちる篠目周辺をパスし、下り込みで煙は期待できないのを承知で大山路踏切に行ってみました。すると、予想以上の大盛況。なんとかスペースを確保しスタンバイ。待っている間にも太陽はどんどん低くなり、遠くの山の稜線に迫ってきます。そして悪いことにそこには雲の塊が・・・早く来てくれ~!

やがて踏切が鳴り、列車の音がしてきたかと思うとブレーキ音と共にドレインを切る音も聞こえてきました。そして機関車が見えるかというタイミングで太陽が雲にかかって光が弱くなるなか、逆噴射黒煙、ドレインのシューシュー音、そして汽笛と共にC571はゆっくりと通過。減速なければもうちょい光ってくれたかな?

それでもC571のサイドには最小限の光が当たってくれました。15秒遅ければ撃沈だったことを考えれば、ラッキーというべきでしょう。ホワイトバランスを晴天日陰にしてやれば、夕方の雰囲気たっぷり。これってインチキ?

話には聞いていましたが、最近、撮影者と付近の近隣住民との間にいくつかのトラブルがあったようで、撮影を終えて歩いているとパトカーが来ていました。このところ頻繁に話題になる「撮り鉄」のマナー問題。撮影のためには、時にグレーゾーンに足を踏み入れることもあるのが正直なところですが、少なくとも地元の方に対する配慮は必要ですね。結局、自らの首を絞めることになってしまうんですから・・・

2015年10月31日 9522レ 山口線 仁保~篠目 C571
20151031747556_2
20151031502300

|

« 2015年10月31日 SLやまぐち号 【3】 光が入った!中座 | トップページ | 2015年11月1日 SLやまぐち号 【5】 田代 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

SLやまぐち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/62598926

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年10月31日 SLやまぐち号 【4】 夕陽に照らされるC571:

« 2015年10月31日 SLやまぐち号 【3】 光が入った!中座 | トップページ | 2015年11月1日 SLやまぐち号 【5】 田代 »