« 2015年7月24日 【番外編】 シイノトモシビダケ | トップページ | 2015年8月23日 SLやまぐち号 【1】 本門前踏切 »

2015年8月26日 (水)

2015年8月23日 特別な「トワイライトエクスプレス」 山陰コース

8月23日の萩周辺の天気予報は晴れ。休みが事前に決まらない不安定な仕事をしていることもあって、もともと前もって予定をたてるタイプではないんですが、今回は前日になって山陰を走るトワイライトエクスプレスとSLやまぐちを兼ねて行くことに決めました。22日の仕事を終え、ちょうど日が変わる頃にスタート。中国道を西に向けて走り、玉江~三見の海を見下ろすポイントを目指します。 トワイライトエクスプレスは東萩駅でおよそ4時間の停車。通過までは5時間以上。時間は十分にあるので、東萩より東で1回撮影しても時間は十分すぎる。人出が多いことを承知で有名な須佐~宇田郷のコンクリート橋に行ってみました。着いたのは通過の30分ほど前。ちょこっと見るだけのつもりで俯瞰場所の斜面に登ってみると何とかスペースがありました。 手前の木が気になるなぁ、とは思いましたが、思いがけず俯瞰場所に入れてラッキーと思ってしまったことで、迫る時間のなか移動する判断ができなかった。これが敗因。明暗差が大きいだけならまだガマンできるんですが、ここの特徴でもあるコンクリートの橋脚が木に隠されてただの俯瞰写真。完全に失敗。人が集まるところでそんな都合よくいい場所が空いているはず、ないですよね。ホントは見たくない写真ですが、一応の記録としてアップです。

2015年8月23日 9033レ 山陰本線 須佐~宇田郷 DD51-1186
20150823250369


ここから朝に下見をした玉江~三見へ移動。当然ながら狭い道路はクルマでビッシリ。急な斜面も人でビッシリ。待つ間、一度は薄雲がかかってヒヤリとさせられましたが、通過1時間前にはほとんど雲はとれ、スッキリした夏空の下、トワイライトエクスプレスが通過!写り込む駐車車両を除けば、ほぼ完璧なコンディションで撮影することができました。

2015年8月23日 9055レ 山陰本線 玉江~三見 DD51-1186
20150823269877
20150823279888

|

« 2015年7月24日 【番外編】 シイノトモシビダケ | トップページ | 2015年8月23日 SLやまぐち号 【1】 本門前踏切 »

ディーゼル機関車」カテゴリの記事

トワイライトエクスプレス」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

遠路お疲れ様でした。
素晴らしいカットで最高のシーンを残されましたね。羨ましい限りです。サンタマのポイントは是非押さえたいものです。車に置き場所に苦労しそうですね。斜面のキャパは何人くらいでしょうか? しかし県道の駐車車両は考えてほしいものですね。

宇田郷は昔私がD51撮った場所と同じかと
思ったのですが、昔の場所の方が高いみたいですね。
http://homepage2.nifty.com/c623/21.html

9月6日に晴れれば行きたいのですが、ニーナの事もあるまだわかりません。

そのニーナは昨日、せっかく5073レに入ったのに仕事で行けませんでした(>_<)
あとで安土が曇ってたと知って安心しましたがw

投稿: NORTHDRAFT | 2015年8月27日 (木) 00時05分

NORTH DRAFTさん

コメント、ありがとうございます!
須佐~宇田郷では失敗してしまいましたが、サンタマは思い通りのカットを得ることができました。

ポイント周辺の道路は狭く駐車できるスペースはビッシリでしたが、ポイント周辺に民家がないのでなんとか、という感じでした。俯瞰場所は2カ所ありますが、ポジションにこだわるなら早めの到着をお勧めします。

1974年のD51の作品を拝見しました!当時から素晴らしい写真を撮っておられたのですね!私はSL現役時代に行くことはできませんでしたが、ここでD51を撮ってみたかったです。40年以上前とほぼ変わらぬ風景。感慨深いものがあります。ありがとうございました!

投稿: 海と蒸気 | 2015年8月27日 (木) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/62158825

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年8月23日 特別な「トワイライトエクスプレス」 山陰コース:

« 2015年7月24日 【番外編】 シイノトモシビダケ | トップページ | 2015年8月23日 SLやまぐち号 【1】 本門前踏切 »