« 9月2日の串本 【2】 ヒョウモンウミウシ・モンガラカワハギyg.・サザナミヤッコ | トップページ | 9月23日の久米島 水中編 【2】 ナングチ付近の根 »

2014年10月11日 (土)

9月23日の久米島 水中編 【1】 ウーマガイ

9月23日~26日、久米島に行ってきました。22日からの予定だったのですが22日は台風16号が沖縄に最接近の予報。なんとか仕事のスケジュール調整、チケットやホテルの変更もできたので、1日延期して23日からにしました。今年7月に行ったときも台風8号の接近で同じように1日繰り下げ。昨年来、久米島に行きでは直撃こそ免れていますが、毎回台風の影響を受けています。夏から秋の沖縄で台風はつきものとはいえ、今年の夏は特に台風が少なかっただけになんだか複雑。
20140923001110_2

23日朝は4時過ぎに起きて関西空港に向かいます。いつものように7時のpeach便に搭乗。これなら午前中に久米島に到着できるので、うまくいけば初日に2本潜ることができます。LCCならではの不便やリスクはありますが、関西から午前中に久米島に入れるうえに安いとなればこれは魅力。最近ではすっかり常連になりました。

予定通り11時前に久米島着。台風は北に抜け、うねりは少し残っているものの潜るには差し支えないコンディション。空港でレンタカーを借り、行きつけのダイビングサービスに直行してすぐに海に出ました。

1本目 ウーマガイ 曇り 気温30℃ 南南東の風5m 水温28℃ 透視度20m うねり小

1本目はウーマガイ。まずはドロップオフ沿いをひと通りチェック。フチドリハナダイのエリアに行ってみますが、いま一つ集中力に欠け、シャッターチャンスががないまま減圧時間が増えてきました。

-36m フチドリハナダイ
20140923110111


潜降時にチェックしていたヤマブキスズメダイを撮るために寄り道。でも、ついで撮りは甘かった。近寄るとヤギの裏へ裏へと回り込み、なかなか思うようにいかないまま、減圧はどんどん増えタイムリミット・・・

-30m ヤマブキスズメダイyg.
20140923110120


あとは棚の上に戻り、減圧を兼ねて浅場で撮影ですが、深場ではほとんど感じなかった台風16号のうねりで結構揺さぶられるので、ちょっと苦労しました。台風が来なかった8月。浅場の水温が下がらず白化したサンゴは写真的にはきれいなんですが・・・

-8m カンザシヤドカリ
20140923110260

ごく普通に見られるメガネスズメダイの幼魚。オレンジ色が鮮やかで好きな魚。もっと寄りたいのですが、警戒心が強いうえに動きが激しいのでなかなか難しい。しっかり減圧してトータル80分でエキジット。

-8m メガネスズメダイyg.
20140923110648_2

|

« 9月2日の串本 【2】 ヒョウモンウミウシ・モンガラカワハギyg.・サザナミヤッコ | トップページ | 9月23日の久米島 水中編 【2】 ナングチ付近の根 »

ダイビング」カテゴリの記事

久米島」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました。
大変楽しくあっという間に時間が過ぎましたね。またゆっくりお話したいです。今後共よろしくお願いします。

昨日見ていただいてますが北海道遠征最終日をアップしました。
お暇なときにご高覧ください。
http://www.geocities.jp/bc252890/0104.html

投稿: NORTH DRAFT | 2014年10月12日 (日) 09時48分

NORTH DRAFTさん

昨日は遅くまでありがとうございました。いつもwebで拝見している作品も大きく伸ばした紙で見ると全く違う鮮やかさと精細なことに感激しました。また、SL現役時代の作品は当時中学生だったと思えないほど洗練されたもので、やはりスタート時点から感性と技術が違っていて、それが今に至っているのだと感じました。そして写真集もただ鑑賞するだけでなく、撮影されたご本人から作品に対する思いやエピソードを伺うことができたのも大変有意義でした。短い時間でしたが、私にとって非常に貴重な機会になりました。
ありがとうございました!

投稿: 海と蒸気 | 2014年10月12日 (日) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/60452998

この記事へのトラックバック一覧です: 9月23日の久米島 水中編 【1】 ウーマガイ:

« 9月2日の串本 【2】 ヒョウモンウミウシ・モンガラカワハギyg.・サザナミヤッコ | トップページ | 9月23日の久米島 水中編 【2】 ナングチ付近の根 »