« 8月4日 山崎でDD51 | トップページ | 8月16日早朝 583系の甲子園臨 »

2014年8月15日 (金)

ひと区切り? EF66-27の思い出

7月15日の運用を終えたあと吹田機関区に戻り、その後動きがないEF66-27。昨年の復帰以来、積極的に撮っていましたが、この日を境に撮影に出かける気持ちが薄らいでいます。これは偶然なんですが、7月中旬に鉄道とは全く関係のない、欲しかったものが手に入り、自分のなかではちょうど興味の対象が入れ替わった感もあって鉄道趣味はひと区切りかな?なんて思っています。

子供の頃、実家から見えた東海道本線を走る電気機関車といえば古いEF58や当時、主力機になりつつあったEF65やEF81など四角い車体があたりまえだった時代。スマートなデザインで貨物専用機として登場したEF66は衝撃でした。貨物列車といえば、雑多な貨車が連なってトコトコ走るイメージがあったのですが、きれいに揃ったコンテナを従えて颯爽と走るEF66は貨物列車のイメージをガラリと変えるもので、間近で見ようと近所の線路端に行ったことを覚えています。

EF66-27はデビュー時に近いカラーリングを保った唯一の機関車。人気の機関車なので、みなさんそれぞれ思い入れがあると思いますが、私はカメラを構え、近づいて来る27号機を見るたびに、かつて線路端で最新鋭のEF66をわくわくしながら見た時の記憶がよみがえる。そんな思いでした。

私が鉄道写真を撮り始めたのは2008年頃ですが、きっかけは懐かしさから。ちょうど子供の頃にデビューした車両が引退する時期と重なったことが、自身のライフサイクルと一致していたこともありました。主に関西で見られた国鉄時代の車両が興味の対象ですが、今やほぼ壊滅状態でEF66-27が最後の砦のような気がしていました。私にとっては鉄道に興味をなくしていた時期にデビューしたジョイフルトレインやトワイライトエクスプレス(車両そのものは古くても)などより、27号機のほうが夢中になれたんですね。

もちろん、鉄道趣味をキッパリやめてしまう訳ではないんですが、今後、明らかに撮影ペースは落ちてしまいそうです。

27号機の復帰を願って、思い出の1カットをアップです。

2009年9月8日 3170レ 東海道本線 野洲~篠原 EF66-27
20090908998774

|

« 8月4日 山崎でDD51 | トップページ | 8月16日早朝 583系の甲子園臨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF66」カテゴリの記事

EF66-27」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/60027273

この記事へのトラックバック一覧です: ひと区切り? EF66-27の思い出:

« 8月4日 山崎でDD51 | トップページ | 8月16日早朝 583系の甲子園臨 »