« 6月3日 さくら夙川で2074レ【2】 EF66-27 | トップページ | 6月4日 1083レを追いかける 【2】 EF66-27 »

2014年6月 6日 (金)

6月4日 1083レを追いかける 【1】 EF66-27

3日、2074レで昼に吹田に戻った27号機は夜から翌日にかけて稲沢と大阪を往復する運用に入ったようです。3日夜の1082レは仕事から戻れず不戦敗。翌朝は1083レを撮るために頑張って早起きして、直接仕事に行けるよう準備してスタート!

天気予報は曇りのち雨。しかも霞んでいるからできるだけ白く飛んだ空を入れずに撮れるところ。ちょっと遠いけれど、2日前に迷った新垂井駅跡に行ってみることにしました。途中、日射しもありましたが、このあたりはドン曇り。晴れたら逆光なので、まぁ、予定通りといえばそうなんですが、なんか冴えないなぁ。

カメラをセットして1083レを待ちます。先行する列車はなく、いきなり本番っていうのがちょっと不安。やがて踏切が鳴り、見慣れた27号機のヘッドライトが見えてきました。通過後、モニタを確認すると・・・パンタグラフがガッチリ架線柱をくわえ込んで撃沈。奥と手前のフレーミングで同じ位置に架線柱を置いてしまったのが敗因でした・・・学習能力ないなぁ。

で、これは奥のカット。やっぱり下手くそには保険が必要ということなんですかね・・・

2014年6月4日 1083レ 新垂井駅跡 EF66-27
20140604112600


|

« 6月3日 さくら夙川で2074レ【2】 EF66-27 | トップページ | 6月4日 1083レを追いかける 【2】 EF66-27 »

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF66」カテゴリの記事

EF66-27」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/59758677

この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日 1083レを追いかける 【1】 EF66-27:

« 6月3日 さくら夙川で2074レ【2】 EF66-27 | トップページ | 6月4日 1083レを追いかける 【2】 EF66-27 »