« 6月9日 67レ EF66-27 | トップページ | 6月1日の串本 【2】 イソギンチャクモエビ・マダライロウミウシ・ジョーフィッシュ(抱卵)・ヤマドリ »

2014年6月18日 (水)

6月1日の串本 【1】 レンテンヤッコyg.ニラミギンポ・シュンカンハゼ・クダゴンベ ・ヒュプセロドーリスゼフィラ

つい後回しになってしまう海の記事。早くしないとたまってしまう・・・ようやく画像の準備ができたので、半月遅れのアップです。

5月31日、6月1日の2日間。久しぶりの連休がとれました。1日日曜日はSL北びわこの運行日でしたが5月25日のスカですっかり行く気が失せ、金曜夜から串本に向かいました。土曜日はいろいろやりたいことがあったので潜らずに過ごし、日曜に2本。夏並みの日射しに水温も20℃を超え、気持ちよく潜ることができました。

1本目 住崎→備前 晴れ 気温23℃ 西南西の風2m 水温22℃ 透視度15m 凪

日曜日なのでダイバーがいっぱい。水中の混雑を避けるため、住崎にエントリーしたあと、備前に移動。まずは情報のあったヒレナガネジリンボウを探すも見つからず。一旦い岩場に戻ってレンテンヤッコの幼魚。この時期、幼魚の姿をあちこちで見かけます。レンテンヤッコヤッコ類のなかでは比較的動きが穏やかで楽に撮れる種類です。

-18m レンテンヤッコyg..
20140601112001


このあたりにもう半年近く居ついている、黄色い下半身が特徴のニラミギンポ。結構臆病でストロボの光に敏感に反応。ここまでは簡単なんですが、なかなかフレームいっぱいまで寄らせてくれません。

-17m ニラミギンポ
20140601112004



砂地と岩場の境目の岩の隙間を覗くとシュンカンハゼの姿が見えました。ストロボの角度を変え、慎重にポートを向けて撮った抑えの1カットがこれ。そして、さらに寄ろうとして一瞬目を離すと、そこにはもう姿がありません。たぶんこの素早さがなまえの由来だと思います。

-20m シュンカンハゼ
20140601112007



昨年末にここで見つかってからもう半年。ペースはそう早くないですが、着実に成長していました。ずっとひとりぼっちですが、そろそろ相手を見つけないとダメですね。

-18m クダゴンベ
20140601112110



住崎に戻る途中、ヒュプセロドーリス・ゼフィラ

-19m ヒュプセロドーリス・ゼフィラ
20140601112114


そしてエキジット間際に目に入ったのはルリヤッコ!去年の10月頃に見つかって、とりあえずの証拠写真を撮ったのが11月。まさか冬を越したとは思っていなかったのでびっくり!この時点でエントリーから1時間。同じボートのダイバーを待たせる訳にもいかず泣く泣くエキジット。次回の宿題ができました。

|

« 6月9日 67レ EF66-27 | トップページ | 6月1日の串本 【2】 イソギンチャクモエビ・マダライロウミウシ・ジョーフィッシュ(抱卵)・ヤマドリ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/59748138

この記事へのトラックバック一覧です: 6月1日の串本 【1】 レンテンヤッコyg.ニラミギンポ・シュンカンハゼ・クダゴンベ ・ヒュプセロドーリスゼフィラ:

« 6月9日 67レ EF66-27 | トップページ | 6月1日の串本 【2】 イソギンチャクモエビ・マダライロウミウシ・ジョーフィッシュ(抱卵)・ヤマドリ »