« 4月26日 早朝の安土 1053レ EF66-27 | トップページ | 5月10日 早朝の5052レ 朝日を浴びるEF66-27 »

2014年5月13日 (火)

5月9日 5053レ EF66-27

吹田に戻った27号機。ゴールデンウィーク中は動かないだろうと思っていると、突如3日に8864レに無動力でぶらさがって稲沢まで。そこから西浜松まで単機で走り、さて、どう動くのかと気になっていたんですが、あれ?いつの間にか黒磯まで行ってるやん。となれば5053レで下る?あ~あ・・・関西はまた夜中の通過かぁ。まぁ、この時間なら仕事から戻ってごはんを食べてからでも十分間に合うので行く気になれば行けるんですが。

最近、27号機を追って夜の徘徊も回を重ねていることもあって、ちょっとマンネリ気味。それでも気分転換も兼ねてちょこっと出かけてきました。

スイートスポットのカットは振りが合わず没。これもピタリと合ったのは機関車後部とコンテナのあたり。なんとか見られるレベルと言っていいのかわからないけれど、まぁ、雰囲気ということで・・・coldsweats02

2014年5月9日 5053レ EF66-27
20140509221113

|

« 4月26日 早朝の安土 1053レ EF66-27 | トップページ | 5月10日 早朝の5052レ 朝日を浴びるEF66-27 »

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF66」カテゴリの記事

EF66-27」カテゴリの記事

コメント

すごい!!
夜の水鏡って凄く神秘的で素敵すぎます。

投稿: きじとら | 2014年5月13日 (火) 23時03分

きじとらさん

コメント、ありがとうございます。
ここ!というところでピタリと止めるだけのウデがあれば
いいのですが、なかなかうまくいきません。
それにしても、フィルム時代には考えられない条件で
素人でも何とか撮れてしまう機材の進歩はすごいです。

きじとらさんのブログを拝見させていただきました。
フレーミングや色彩の豊かさはもちろん、自在に
コントロールされた光線、被写界深度などその素晴らしさに
ただただ圧倒されました。
これからも拝見させていただきますね。

投稿: 海と蒸気 | 2014年5月13日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/59618675

この記事へのトラックバック一覧です: 5月9日 5053レ EF66-27:

« 4月26日 早朝の安土 1053レ EF66-27 | トップページ | 5月10日 早朝の5052レ 朝日を浴びるEF66-27 »