« 4月5日 さくら夙川で2074レ EF66-27 | トップページ | 4月9日 早朝の神崎川 単1780レ EF66-52 »

2014年4月 9日 (水)

4月7日 さくら夙川で2074レ EF66-52

前日撮った27号機は全カットピン甘で撃沈。陽炎やブレ、テレコンによる解像度の低下とは違う明らかなピンボケ。今までも同じ機材の組み合わせ、同じフォーカスエリアで撮って問題なかったのに・・・その日のうちにニコンのサービスセンターにレンズ、テレコン、ボディを持ち込んだものの、簡易検査では異常なしの結果。これ以上は工場送りになり、3つのチェックだけでも5万円以上かかるといわれ、そのまま引き取ってきましたが・・・せめてどの機材に原因があるのか突きとめたい、という訳でまた、さくら夙川に行ってきました。

現地に着いて、まずは前日と同じ組み合わせでEF210を試し撮り。AFは掴んでいながらやっぱりピン甘。ボディを変えても同じ。次に別のテレコンをつけると、ほとんど気にならないレベル。そして、テレコンなしでも大丈夫。ということはテレコンが怪しい?いちばんシンプルな機材なので半信半疑なんですが・・・

そしてこの日の2074レは、運よく52号機。テレコンを1つ下げ、ちょっと広めに撮ってトリミングしたカットを採用です。

2014年4月7日 2074レ 東海道本線 芦屋~さくら夙川 EF66-52
20140407012114
20140407012116

|

« 4月5日 さくら夙川で2074レ EF66-27 | トップページ | 4月9日 早朝の神崎川 単1780レ EF66-52 »

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF66」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/59435116

この記事へのトラックバック一覧です: 4月7日 さくら夙川で2074レ EF66-52:

« 4月5日 さくら夙川で2074レ EF66-27 | トップページ | 4月9日 早朝の神崎川 単1780レ EF66-52 »