« 3月19日 藤尾の陸橋で3096レ EF510-501  | トップページ | 3月25日 真夜中の5053レ EF66-27 »

2014年3月23日 (日)

3月19日 藤尾の陸橋で3092レ EF81-721

3月のダイヤ改正で所定がEF81からEF510に変わった3092レですが、今はまだEF81が充当されることが多いようです。EF81の検査期限とJR東日本から来た青いEF510の投入時期によるものと思われますが、この先EF81を見られる機会が減るのは確実。数年前には国鉄色のオンパレードだったここ湖西線も様変わりしてきました。

2014年3月19日 3092レ 湖西線 大津京~山科 EF81-721
20140319552117_2

|

« 3月19日 藤尾の陸橋で3096レ EF510-501  | トップページ | 3月25日 真夜中の5053レ EF66-27 »

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF81」カテゴリの記事

コメント

パーイチ貨物も当分は残りそうでホッとしています。散歩がてらに撮れるのはいいですね。
昨日は5070レを撮りに行きましたが、近場では光線状態はどこも悪く、側面に光が当たるかなと高倉陸橋で撮影。単なる記録という感じです(>_<)
http://www.geocities.jp/bc252890/083.html

D4sは明日来ます。楽しみです(^^ゞ

投稿: NORTH DRAFT | 2014年3月24日 (月) 18時16分

NORTH DRAFTさん

新作を拝見しました!
私は京都駅周辺で撮影したことがありませんが、
現代的な駅ビルと古豪の対比がおもしろく、
私も一度撮ってみたいと思いました。

ニーナが来るとなればついついスッキリした風景や
機関車をド~ンと撮りたいと考えてしまいますが、このように
都市部の身近な風景のなかで記録することも意義があり、
何年か後に見た時には、より思い出深いものになりそうです。

さて、お散歩コースの藤尾陸橋ですが、日本海がなくなり、
さらにEF81も風前の灯となれば足が遠のいてしまいます。
JRの山科築堤の三条以西では斜面をコンクリートブロックで
固める工事が進行中。
ここにきて車両も風景も急速に昭和の面影が消えつつあり、
時代の流れを感じさせます。

D4S、NORTH DRAFTさんが持たれれば鬼に金棒!
夜のニーナの新作を楽しみにしています。

投稿: 海と蒸気 | 2014年3月24日 (月) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/59320686

この記事へのトラックバック一覧です: 3月19日 藤尾の陸橋で3092レ EF81-721:

« 3月19日 藤尾の陸橋で3096レ EF510-501  | トップページ | 3月25日 真夜中の5053レ EF66-27 »