« 1月1日 音羽山の山頂から新快速と新幹線 | トップページ | 1月2日 串本で初潜り 【2】 クサビライシ・ヒョウモンウミウシ・ミカドウミウシ+ウミウシカクレエビ »

2014年1月 6日 (月)

1月2日 串本で初潜り 【1】 ウデフリツノザヤウミウシ・ノコギリハギ・ミカドウミウシ・ミドリリュウグウウミウシ

元旦の夕方、音羽山から戻り、すぐに出かけて用事を済ませ、急いで家に戻って晩ごはんを食べ、荷物を積んで串本に向けてスタート。元旦夜はさすがに交通量が少なく、★時間40分で到着。北西風が強く翌日の海が心配ですが、早い出港に備えてすぐにベッドに入りました。

2日はだんだん風が強くなる予報だったので1本目は7時半出港。

1本目 備前 晴れ 気温9.8℃ 西北西の風6m 水温16℃ 透視度20m 波高2m(うねりあり)

風波は強くボートは大きく揺れますが、5mも潜ってしまえば透視度もよく快適。と言いたいところですが水温は16℃に下がり、ちょっと冷たい。情報をもらっていた黒バージョンのクマドリカエルアンコウをさがすも見つからず。その時、トゲトサカの傍らにいたピカチュウ。すぐ近くにももう1個体。今年もピカチュウことウデフリツノザヤウミウシのアタリ年になりそうです。

-17m ウデフリツノザヤウミウシ
20140102112698
およそ1週間前の25日には近くをウロウロしていたサザナミヤッコの幼魚は行方不明。大きくなって行動範囲を広げたのか?無事であることを願いつつ、メインのアンカー方向に戻ります。いつもチェックするトサカを見るとノコギリハギの幼魚。

-18m ノコギリハギyg.
20140102112703

そして本日のメイン!と思っていたクダゴンベの幼魚は聞いていた場所にはいません。周囲を探してみましたがやっぱり見つからず。2日後の4日にはいたようですから、やっぱりどこかに隠れていたようです。残念・・・黒のクマドリカエルアンコウ、クダゴンベと時間をかけた末、どちらもハズレ。あっ!ミカドウミウシ!と喜んだのもつかの間。エビの姿はなし。

-16m ミカドウミウシ
20140102112706

あとはミドリリュウグウウミウシを撮ってエキジット。ウミウシ撮っても満足感はないんですね・・・何となく消化不良の1本となりました。

-15m ミドリリュウグウウミウシ
20140102112710

|

« 1月1日 音羽山の山頂から新快速と新幹線 | トップページ | 1月2日 串本で初潜り 【2】 クサビライシ・ヒョウモンウミウシ・ミカドウミウシ+ウミウシカクレエビ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/58890280

この記事へのトラックバック一覧です: 1月2日 串本で初潜り 【1】 ウデフリツノザヤウミウシ・ノコギリハギ・ミカドウミウシ・ミドリリュウグウウミウシ:

« 1月1日 音羽山の山頂から新快速と新幹線 | トップページ | 1月2日 串本で初潜り 【2】 クサビライシ・ヒョウモンウミウシ・ミカドウミウシ+ウミウシカクレエビ »