« 12月26日 遅れ1064レ EF200-15 | トップページ | 12月25日の串本 サザナミヤッコyg.:ホホスジタルミyg.・ミドリリュウグウウミウシ・ウデフリツノザヤウミウシ »

2013年12月31日 (火)

12月25日の串本 フリソデエビ・ウデフリツノザヤウミウシ・イガグリウミウシ・アザミサンゴ・クマドリカエルアンコウ

5日に潜ったあと11日にも串本に行っていたのですが、この日は釣りをして過ごしたので、海に入るのはおよそ3週間ぶりとなりました。一時16℃くらいまで下がった水温は18℃まで持ち直し、年中ウエットスーツの私にはこの2℃は大きい。ロクハンを着ていれば何とかしのげる水温です。

1本目 グラスワールド 晴れ 気温8℃ 東北東の風2m 水温18℃ 透視度15m

1本目はグラスワールド。エントリー後、まずは北に向かいフリソデエビを確認。今日はなんとオニヒトデを持っていました。ペアでいるはずですが、見えたのは1個体。たぶん穴の奥にいるんだと思いますが、ちょっと心配。

-22m フリソデエビ
20131225112354

すぐ近くにピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ。水が冷たくなってウミウシの季節の到来です。去年に続き、ピカチュウの大量発生か?

-22m ウデフリツノザヤウミウシ
20131225123445

-22m イガグリウミウシ
20131225112356

次にアザミサンゴ。世界最北のアザミサンゴの可能性大といえば、この冬の海でどうしているのかチェックしない訳にはいきません。見た目は変わらずでしたが、この低水温に必死に耐えているのでしょう。前回はポリプのアップだったので、今回は直径20cmの群体のほぼ全体が見えるように。

-22m アザミサンゴ
20131225112400

浅いエリアに戻ってもう1カ月以上この周辺に住み着いているクマドリカエルアンコウ。ひと回り大きくなっていますが、まだまだお肌はきれいでかわいい状態を保っています。

-13m クマドリカエルアンコウ
20131225123448

|

« 12月26日 遅れ1064レ EF200-15 | トップページ | 12月25日の串本 サザナミヤッコyg.:ホホスジタルミyg.・ミドリリュウグウウミウシ・ウデフリツノザヤウミウシ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/58825403

この記事へのトラックバック一覧です: 12月25日の串本 フリソデエビ・ウデフリツノザヤウミウシ・イガグリウミウシ・アザミサンゴ・クマドリカエルアンコウ:

« 12月26日 遅れ1064レ EF200-15 | トップページ | 12月25日の串本 サザナミヤッコyg.:ホホスジタルミyg.・ミドリリュウグウウミウシ・ウデフリツノザヤウミウシ »