« 12月5日の串本 【1】 サツマカサゴ・オトヒメウミウシ・オオモンカエルアンコウ・ミナミギンポ・ミカドウミウシ・ニシキフウライウオ | トップページ | 番外編 潮岬の夕陽・金星と月 »

2013年12月 8日 (日)

12月5日の串本 【2】 クマドリカエルアンコウ(黄・白)・フタスジタマガシラ

2本目 住崎 晴れ 気温15.5℃ 西の風3mのち7m 水温18℃~19℃ 透視度12m 波高0.5mのち1m

2本目の住崎は、まず事前情報のあった黄色のクマドリカエルアンコウをターゲットにエントリー。白の個体は先月6日に見つけて以来、22日に探した時は所在不明でしたが、ひとつ隣の根に移っており、この1カ月でさらに大きくなって、もう完全にオッサン顔になっていました。

-20m クマドリカエルアンコウ(黄)
20131205123428
20131205123111

-23m クマドリカエルアンコウ(白)
20131205128965
20131205128970
アンカー近くに戻り、ダメもとでルリヤッコを探しますが、やっぱりダメ。どこかに旅立ったのか死んでしまったのか・・・残念です。そして近くにいたフタスジタマガシラの成魚。夏から秋にかけて幼魚は多く見られますが、成魚は稀。ただ、この低水温で動きが鈍くなったからか攻撃を受けたようで、胸鰭の付け根には深い傷。こうして弱ったものが淘汰されるのが自然の厳しさ。これからの季節、低水温に耐えようとする南方系の魚たちにとって試練の時となります。

-21m フタスジタマガシラ
20131205129859

 

|

« 12月5日の串本 【1】 サツマカサゴ・オトヒメウミウシ・オオモンカエルアンコウ・ミナミギンポ・ミカドウミウシ・ニシキフウライウオ | トップページ | 番外編 潮岬の夕陽・金星と月 »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/58709263

この記事へのトラックバック一覧です: 12月5日の串本 【2】 クマドリカエルアンコウ(黄・白)・フタスジタマガシラ:

« 12月5日の串本 【1】 サツマカサゴ・オトヒメウミウシ・オオモンカエルアンコウ・ミナミギンポ・ミカドウミウシ・ニシキフウライウオ | トップページ | 番外編 潮岬の夕陽・金星と月 »