« 10月29日の串本 【2】 オビテンスモドキ・オグロクロユリハゼ・ミナミハコフグ | トップページ | 11月6日の串本 【2】 アザミサンゴ・テングダイ・フリソデエビ »

2013年11月15日 (金)

11月6日の串本 【1】 ナンヨウブダイ・イチモンジハゼ・クマドリカエルアンコウ・ルリヤッコ

11月6日の串本の天気は下り坂。それでも朝から昼前にかけては晴れ間があり、東寄りの風だったので、潮岬の西側のエリアはとても穏やかで快適でした。

1本目 住崎 晴れ 気温16℃ 北東の風5m 水温24℃ 透視度12m 波高0.5m

特に狙いなくエントリー。北のエリアを中心に新たに死滅回遊魚が流れ着いていないかをチェックしながら、ゆっくり見て回ります。これといった珍しいものは見つからなくても、こんな時こそ普通種に目を向けるいい機会。

たびたび見かけた記憶はあるものの、いつもは素通りするナンヨウブダイの幼魚。写真を撮ったのは初めてかな?成魚とは似つかないストライプが目立っています。

-18m ナンヨウブダイyg.
20131106113665


いつも定位置にいるイチモンジハゼ。久しぶりにカメラを向けてみました。

-23m イチモンジハゼ
20131106114445

20131106115500

少し離れた根に移ると、カイメンにピッタリ寄り添って動かないクマドリカエルアンコウを発見。事前情報なしに見つけるとうれしいものですね。居心地よさそうに微動だにしないので、撮り方の工夫をする余地は全くありませんでした。5cmほどになっており、ちょっときたなくなってきたところ。今年の串本はカエルアンコウの当たり年です。

-23m クマドリカエルアンコウ
20131106300122


そして、個人的には今回、いちばんのヒット!ルリヤッコです。
アンカー近くの根に戻り、以前、スミレヤッコが現れた岩の割れ目から一瞬飛び出した鮮やかなブルーの魚はルリヤッコ!2年前にグラスワールドに現れた時は見ることができなかったので、テンションアップ!。とても臆病で、なかなか全身を見せてくれませんが、しばらく観察していると動くパターンが読めてきましたが、姿をせてくれるのは一瞬。エキジットの時間が迫り、粘れないまま今回はここまで。さて、次にチャンスはあるでしょうか?

目で見ると、艶やかなブルーとオレンジのグラデーションがハッとするほどきれいなんですが、写真ではうまく表現できていません。

-16m ルリヤッコ
20131106665441
20131106665444

|

« 10月29日の串本 【2】 オビテンスモドキ・オグロクロユリハゼ・ミナミハコフグ | トップページ | 11月6日の串本 【2】 アザミサンゴ・テングダイ・フリソデエビ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/58563212

この記事へのトラックバック一覧です: 11月6日の串本 【1】 ナンヨウブダイ・イチモンジハゼ・クマドリカエルアンコウ・ルリヤッコ:

« 10月29日の串本 【2】 オビテンスモドキ・オグロクロユリハゼ・ミナミハコフグ | トップページ | 11月6日の串本 【2】 アザミサンゴ・テングダイ・フリソデエビ »