« 9月24日 串本 【2】 ウミタケハゼの仲間・シロチョウウグイスガイ・クチナシイロウミウシ | トップページ | 10月1日 串本 【2】 キハッソク・オトヒメウミウシ・オオモンカエルアンコウ・クマドリカエルアンコウ »

2013年10月 5日 (土)

10月1日 串本 【1】 フリソデエビ・ノコギリハギ・ニシキヤッコ・オキナワベニハゼ

まだまだ夏と思っている間にもう10月。さすがに気温は下がってきましたが、水温はまだまだ下がらず夏のまま。串本ではここにきてようやく青いいい潮が入ってきたので、ようやくベストシーズン到来!という感じです。

1本目 グラスワールド(住崎エリア) 曇り時々晴れ 気温25℃ 東北東の風5m 水温26℃ 透視度15m~20m 波高0.7m

1本目は住崎エリアのグラスワールド。人の少なそうな北に向かいます。すっかり定着したフリソデエビ。岩の割れ目を覗きこむとあれっ?いない。どこかに行ってしまったのか?周りを探すと、1mほど移動して、ちゃんとペアでヒトデを持っていました。そのままでは写真は撮れそうもない場所。フルソデくんには申し訳ないんですが、周囲にエビを狙うベラなどの魚がいないことを確認して、そっとヒトデを引っ張り出すと盗られまいと出てきました。からだより大きなヒトデをグイッとつかみ、抱えて引っ張る力はすごい!

フリソデエビ
20131001110008


エントリー直後にチェックしていた1円玉サイズのノコギリハギをもう一度。ここ数日で青く抜けた水のおかげで、申し分ない色あいになりました。ここには2個体がいましたが、両方をひとつのフレームに入れることはできませんでした。

ノコギリハギyg.
20131001110110

前日にはこの近くにクマドリカエルアンコウがいたという情報もあったんですが、見つけられず。数えきれないくらい岩肌についているオキナワベニハゼ。

オキナワベニハゼ
20131001110120

そして、今年もまたここにニシキヤッコがやってきました。広い海のなか、はるばる流されてきて、好む環境をピタリと見つける能力はどこにあるのでしょう?

ニシキヤッコyg.
20131001110125

20131001110268

|

« 9月24日 串本 【2】 ウミタケハゼの仲間・シロチョウウグイスガイ・クチナシイロウミウシ | トップページ | 10月1日 串本 【2】 キハッソク・オトヒメウミウシ・オオモンカエルアンコウ・クマドリカエルアンコウ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/58308533

この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日 串本 【1】 フリソデエビ・ノコギリハギ・ニシキヤッコ・オキナワベニハゼ:

« 9月24日 串本 【2】 ウミタケハゼの仲間・シロチョウウグイスガイ・クチナシイロウミウシ | トップページ | 10月1日 串本 【2】 キハッソク・オトヒメウミウシ・オオモンカエルアンコウ・クマドリカエルアンコウ »