« 9月11日の串本 【1】 イロカエルアンコウyg.・ホホスジタルミyg.・ムラサキウミコチョウ・ヨコシマタマガシラyg. | トップページ | 9月17日 久米島 【1】 レモンスズメダイ・カンザシヤドカリ・ソメワケヤッコ・ハタタテシノビハゼ »

2013年9月27日 (金)

9月11日の串本 【2】 フリソデエビ・イロカエルアンコウyg.

2本目 住崎 晴れ 気温27℃ 東北東の風6m 水温26℃ 透視度3m~10m 波高0.5m

2本目は住崎。死滅回遊魚を意識してしばらくウロウロするも収穫なく、やっぱり事前情報のあったフリソデエビのところへ。付近に行くと、ちょうどガイドチームが見ているところで探す手間が省けたのはいいけれど・・・たくさんのダイバーが去ったあとは巻き上がった砂や浮遊物で煙幕状態。こんな時に限って潮は動いていないのでなかなか落ち着かないんですね。ウミキノコの隙間を覗きこむと・・・2個体ともでかい!ひとつのヒトデをペアで抱えてこちらを向いていました。普通種になってもやっぱり千両役者って感じですね。

-22m フリソデエビ
20130911126670

続いてこれも事前情報があった、イロカエルアンコウの幼魚。ここでもやっぱりガイドチームのあと追いになって・・・こっちは泥質だけにさっきにも増して悲惨な状態。完全に泥水のなか。ひどいところでは透視度50cm???肝心のイロカエルアンコウはピタリと聞いた場所にいましたが・・・午前の備前にいた個体よりさらに小さく1cmくらいのめっちゃかわいい個体。ところが強烈な泥と浮遊物攻撃のうえ、ストロボのアームが邪魔になって寄りきれない!からだを動かしても無理。結局、カメラを真っ逆さまにしてなんとか撮影。ここまで寄っても浮遊物は目立ってしまい、画像修整でごまかしました・・・

-23m イロカエルアンコウyg.
20130911126675

最後は近くで目に入ったゾウゲイロウミウシをついで撮り。

-23m ゾウゲイロウミウシ
20130911126678

|

« 9月11日の串本 【1】 イロカエルアンコウyg.・ホホスジタルミyg.・ムラサキウミコチョウ・ヨコシマタマガシラyg. | トップページ | 9月17日 久米島 【1】 レモンスズメダイ・カンザシヤドカリ・ソメワケヤッコ・ハタタテシノビハゼ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/58179686

この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日の串本 【2】 フリソデエビ・イロカエルアンコウyg.:

« 9月11日の串本 【1】 イロカエルアンコウyg.・ホホスジタルミyg.・ムラサキウミコチョウ・ヨコシマタマガシラyg. | トップページ | 9月17日 久米島 【1】 レモンスズメダイ・カンザシヤドカリ・ソメワケヤッコ・ハタタテシノビハゼ »