« 9月14日 さくら夙川で5074レ EF66-27 | トップページ | 9月11日の串本 【2】 フリソデエビ・イロカエルアンコウyg. »

2013年9月26日 (木)

9月11日の串本 【1】 イロカエルアンコウyg.・ホホスジタルミyg.・ムラサキウミコチョウ・ヨコシマタマガシラyg.

このところ、時間があれば出かけてばかりでPCの前に座る時間がありません・・・アップが追いつかず、今になって9月11日の串本です。

季節が遅れてやってくる水中では9月になってようやく水温が安定してきましたが、黒潮は接岸傾向にありながら、水の色は悪くどんよりしたまま。今年はブルーに抜けた気持ちいい夏の海がなかなか味わえません。

1本目 備前(住崎エリア) 晴れ 気温27℃ 東北東の風5m 水温26℃ 透視度10m 波高0.5m

ここしばらく居ついているという、イロカエルアンコウの幼魚。前日にいた場所を聞いてエントリー。ちょっと時間はかかりながらも無事確認。居心地よさそうにカイメンの窪みにきっちり入っていました。体長3cmほど。まだまだかわいいサイズです。

-16m イロカエルアンコウ
20130911126654


チェックしたい場所はたくさんある。ここからどう動くか考えどころ。自力でなにか見つけたいところですが、60分という限られた時間。結局、事前情報があったホホスジタルミの幼魚を見にいくことに。聞いた場所で難なく見つけることができたのですが、カメラを向けるとなんだかおかしい。左目のうしろに病気なのか寄生虫なのかゴミのようなものがついています。見るからに辛そう。右向きになったところを撮るようにしましたが・・・いずれにしても冬は越せないだろうとはいえ、南の海からはるばる流されてきたうえ、傷ついてなお、けなげに泳ぐ姿。何もしてあげることはできないけれど、一日も長く命をつないでほしいと思うばかりです。

-20m ホホスジタルミyg.
20130911126658

20130911126660

すぐ近くの底質が砂の根の際に、スッと動いてはピタッと止まる、タマガシラ系特有の動きをする体長1.5cmほどの魚。フタスジタマガシラの幼魚かと思えばちょっと違う。ヨコシマタマガシラの幼魚?

-20m ヨコスジタマガシラyg.
20130911126664


近くで泳ぐムラサキウミコチョウを発見。串本では珍しくないムラサキウミコチョウですが、泳いでいるシーンに出会ったのは2回目。ヤラセで泳がせたんじゃないですよ。(笑)こうしてみると、クリオネにも負けないかわいさだと思いませんか?

-18m ムラサキウミコチョウ
20130911126665


アンカー近くまで戻り、近くの根をチェックするとネコ目のヒメウツボ。とっても臆病で寄るとなかなか顔を出してくれません。

-16m ヒメウツボ
20130911126667


最後にネジレカラマツに寄りそうアオサハギを撮ったところで60分。時間切れでエキジット。

-16m アオサハギyg.
20130911126666

|

« 9月14日 さくら夙川で5074レ EF66-27 | トップページ | 9月11日の串本 【2】 フリソデエビ・イロカエルアンコウyg. »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/58179533

この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日の串本 【1】 イロカエルアンコウyg.・ホホスジタルミyg.・ムラサキウミコチョウ・ヨコシマタマガシラyg.:

« 9月14日 さくら夙川で5074レ EF66-27 | トップページ | 9月11日の串本 【2】 フリソデエビ・イロカエルアンコウyg. »