« 8月11日 SL北びわこ C56-160 送り込み回送 EF65-1124 | トップページ | 8月14日の串本 【2】 タツノイトコ・カミソリウオ »

2013年8月16日 (金)

8月14日の串本 【1】 ハナオトメウミウシ・ヒョウモンウミウシ・クダゴンベ

8月14日は休みがとれたので、串本に行ってきました。できれば12日の夜に串本に入り、ペルセウス座流星群を見たかったのですが、13日は仕事。しかたなく12日夜は自宅で空を眺めましたが、ハッキリ確信を持ってカウントした流れ星は2時間近くでたった13個。市街地が近い場所ではこんなものなんでしょう。そして13日は早めに仕事を終えて日が変わる前に串本に到着。冷たいビールを飲んだあと、蚊取り線香を焚きマットを敷いて寝転んで午前1時前から万全の態勢で空を見上げます。串本は京都と違い、何気なく空を見るだけで天の川がクッキリ。ペルセウス座流星群はピークを過ぎていましたが、午前2時半までに25個まで数えたところで翌日に備えて寝ることにしました。

1本目 双島沖2の根 快晴 気温31℃ 東の風5m 水温26℃~24℃ 透視度10m 弱い上り潮 うねり小

朝はゆっくり起きて、10時45分出港のボートに乗船。1本目は双島沖二の根。エントリーしてすぐにドロップ沿いに下まで降りてウロウロしますが、あまり惹かれるいきものには出会えず・・・見かけたのは名まえとは裏腹に毒々しい色あい、二次鰓がなく、縦に刻まれた触角の模様。ちょっとグロテスクなハナオトメウミウシ。

-28m ハナオトメウミウシ
20130814113698


-28m ヒョウモンウミウシ
20130814113700


そして、おそらく代替わりしているのだとは思いますが、もう20年近くこのカラマツに住んでいるクダゴンベ。ここのクダゴンベは撮りやすい位置でじっとしていることはまずありません。

-22m クダゴンベ
20130814113706
20130814113703

ここから浅場に向かっていくと、斜面にはカラフルなソフトコーラルに大から小まで無数のキンギョハナダイが乱舞。眺めるにはいいんですが、水の色が悪いうえマクロレンズではカメラを向ける気にはならず・・・根の上でガイドチームのダイバーが集まっていたところにクチナシイロウミウシ×4。繁殖行動でしょうか?岩の隙間にカメラが入らず、フレーミングに工夫の余地なし。このシチュエーションならコンデジの勝ちでしょう。4つ並んだお尻の側から1カット。

-12m クチナシイロウミウシ×4
20130814113708_2


|

« 8月11日 SL北びわこ C56-160 送り込み回送 EF65-1124 | トップページ | 8月14日の串本 【2】 タツノイトコ・カミソリウオ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/57997190

この記事へのトラックバック一覧です: 8月14日の串本 【1】 ハナオトメウミウシ・ヒョウモンウミウシ・クダゴンベ:

« 8月11日 SL北びわこ C56-160 送り込み回送 EF65-1124 | トップページ | 8月14日の串本 【2】 タツノイトコ・カミソリウオ »