« 7月10日 久米島 トンバラ 【5】 ゴンドウクジラの群れに遭遇! | トップページ | 7月12日 関西本線 加太の築堤でキハ120 »

2013年7月18日 (木)

7月10日の久米島 トンバラ 【6】 オオテンハナゴイ・ミナミハナダイ・アゴハタ

午後になると、リーフエッジに当たって砕ける波が明らかに高くなってきました。それでもまだまだ大丈夫。最後の1本も迷わずトンバラです。

5本目 トンバラ 晴れ 気温31℃ 北東の風3m 水温29℃~24.5℃ 透視度30m 波高1mうねり少しあり

最後の1本も同じパターンでハナダイエリアに向かいます。で、結果は惨敗。っていうか、この感じでは何度行っても満足できるカットは撮れそうな気がしない・・・でも、いい写真は撮れなくてもこうして好きなところで潜ること自体が充実した気分になるんですね。

トンバラ -38m オオテンハナゴイ
20130710800211
20130710800222

トンバラ -38m ミナミハナダイ(ソメワケミナミハナダイ?)
20130710800223

減圧が厳しくなる2本目。やや流れがあり、うねりも出てきたので、中層で減圧するしかないことを考え、余裕をもってその場を離れました。すぐそばにいる沖縄では珍しいレンテンヤッコは見るだけでガマンしましたが、途中、かつてのトンバラでは必ず見られたアゴハタに久しぶりに遭遇。これは素通りできず、2カットだけ撮影する間にも減圧時間は増え・・・

トンバラ -30m アゴハタ 
20130710800300
結局トータル80分超、エアもピッタリになりました。名残惜しさを残しながら、これで終了。やっぱりもう1日いたかったなぁ・・・

夕方、S氏に島の北側のビーチエントリーできるポイントを教えていただいたあと、空港近くの石切り場跡から沈む夕日を見て、最後の夜は沖縄料理で盛りあがりました。

ミーフーガー
20130710900003

石切り場跡
20130710900009
東シナ海に沈む夕日
20130710900006
翌11日、朝起きてホテルの窓から海を見るとかなり波があがっています。これではトンバラは全く無理。ポイントを選べばどこか入れるところはあるのかも知れませんが、勝手なものでこれを見てちょっと安心したというのが正直なところ。少し早くホテルを出て、島尻崎から海を見ると波が砕けていました。

7月11日 島尻崎よりトンバラを望む
20130711110000

そして飛行機から見えたトンバラ。上空からもはっきりうねりが見え、岩の周囲は白くなっていました。

7月11日 上空から見たトンバラ
20130711110120

結局今回も4日間。ウーマガイ1本にトンバラ4本の計5本で終了。すっごく、もの足りなさを残しましたが、今回はゴンドウクジラの群れと遭遇するというサプライズもありました。好きなポイントで存分に潜らせてもらえるサービスにはホント感謝です。

|

« 7月10日 久米島 トンバラ 【5】 ゴンドウクジラの群れに遭遇! | トップページ | 7月12日 関西本線 加太の築堤でキハ120 »

ダイビング」カテゴリの記事

久米島」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/57790770

この記事へのトラックバック一覧です: 7月10日の久米島 トンバラ 【6】 オオテンハナゴイ・ミナミハナダイ・アゴハタ:

« 7月10日 久米島 トンバラ 【5】 ゴンドウクジラの群れに遭遇! | トップページ | 7月12日 関西本線 加太の築堤でキハ120 »