« 7月20日の串本 【2】 ヒョウモンウミウシ・セボシウミタケハゼ・クマドリカエルアンコウ | トップページ | 7月25日の串本 【2】 キッカミノウミウシ・ハナゴンベ・テングチョウチョウウオ・アマミスズメダイ »

2013年7月27日 (土)

7月25日の串本 【1】 クチナシイロウミウシ・タツノイトコ・キタマクラ

腰の痛みは日常生活にほぼ支障がないまでに回復したので、25日も串本に行ってきました。 24日夜、仕事を終えて串本に向かい午前1時頃に到着。満月に近い月は輪郭が少しぼやけた感じ。街灯の光は白く霞み、外に出るとモワッとして湿気がからだにまとわりつくいや~な感じ。アメダスのデータを見ると湿度は90%を超えていました。

1本目 イスズミ礁 晴れ 気温29℃ 西南西の風2.5m 水温23℃~20℃ 透視度8~10m 波高1m うねりあり

朝起きると晴れ。気温は上がりそうですが先週から潮は入れかわっておらず水温は20℃くらいと相変わらず。でも今回は腰が回復し6.5mmのスーツを着ることができるのでへっちゃら。

久しぶりのイスズミ礁。タツノイトコ、フリソデエビなどの情報をもらってエントリー。気温が高いうえに6.5mmを着込んでいるので水に入った瞬間の冷たさも心地よく感じます。このポイントは入る機会があまりないこともあり、ちょっと苦手。この透視度では広い範囲を動き回るのは不安なので、お決まりのコースをひと回り。まずは事前に聞いていたタツノイトコから。

-16m タツノイトコ
20130725220220

20130725320114

-17m クチナシイロウミウシ
20130725321589

フリソデエビは穴の奥に2個体を確認。しかし、どうやってもストロボの光をきれいに回すことができず断念。見るだけでした。そして、スリバチカイメンの内側でお昼寝中のキタマクラ。近づくと面倒くさそうに動き始めたところを1カット。

-15m キタマクラ
20130725322456_2

あまり気持ちのいいなまえでないことに加え、串本ではどこにでもいる普通種なので、普段は写真を撮りませんが、こうしてみるとちょっとかわいく見えたりもします。

|

« 7月20日の串本 【2】 ヒョウモンウミウシ・セボシウミタケハゼ・クマドリカエルアンコウ | トップページ | 7月25日の串本 【2】 キッカミノウミウシ・ハナゴンベ・テングチョウチョウウオ・アマミスズメダイ »

ダイビング」カテゴリの記事

串本」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/57866541

この記事へのトラックバック一覧です: 7月25日の串本 【1】 クチナシイロウミウシ・タツノイトコ・キタマクラ:

« 7月20日の串本 【2】 ヒョウモンウミウシ・セボシウミタケハゼ・クマドリカエルアンコウ | トップページ | 7月25日の串本 【2】 キッカミノウミウシ・ハナゴンベ・テングチョウチョウウオ・アマミスズメダイ »