« 7月5日 早朝の1083レ EF66-27 | トップページ | 7月9日 久米島 トンバラ 【2】 オオテンハナゴイ »

2013年7月15日 (月)

7月8日 久米島 ウーマガイ 【1】 フチドリハナダイ・ハナビラウツボ・クロハコフグほか

20年以上前から通っている久米島。今年は7月8日から行ってきました。例年なら旅行社でササッと予約して終わり。なんのストレスもないのですが、今年はちょっと様子が違いました。そんなこともあって今回は記録も兼ねて旅行記風にいってみたいと思います。

いつもは4日間の日程。中2日では消化不良なので5日間の休みを確保して旅行社へ・・・すると、那覇~久米島の飛行機が減ったようで関西からいちばん早い便で那覇に入っても着くのは午後遅い時間になってしまう。これじゃ潜れないやん。仕事があるので前日中に那覇に入るのは無理。仕方ないかぁ「それでお願いします」・・・そして5万円ほどの旅行基本料金に加算、加算で電卓をたたかれ、提示された金額は14万超え!「えっ、久米島にジュウヨンマンエン??ウソやろ?」去年は1日少なかったとはいえ8万円台やったのに・・・なんで??見ると、ホテルの1人1部屋利用の割り増しや自社レンタカーの久米島撤退などが大幅アップの原因でした。それでもしかたなく予約しましたが、やっぱり納得できず・・・

家に帰って今話題のLCC、peachのサイトを見ると7時関空発の便があるじゃないの!これなら午後はゆっくり1ダイブが可能。しかも安い!同じホテルとレンタカーを合わせても合計8万円ちょっと。LCCには不安があるものの、6万円差はデカい。その場でひと通りの予約を済ませ、翌日には旅行社の予約をキャンセルしました。

そして出発当日、衛星画像ではマリアナ付近に不気味な雲の塊。これは台風になりそうだ。でもこればっかりはどうしようもないですから。

5時前に家を出て、関空に向かいます。peachは第2ターミナルからの出発。吹きさらしの駐車場、ターミナルの設備もコストダウンが徹底していますが、この運賃なら十分。と思える潔さ。那覇では、ほぼ倉庫そのままのターミナルに着いてちょっとびっくりしましたけど・・・

20130708002331
そして予定通り久米島空港に到着しました。
20130708002333
空港でレンタカーを借りダイビングサービスへ。前日はあまり寝ていないので、ちょっと軽めにウーマガイからスタートです。

1本目 ウーマガイ 快晴 気温32℃ 南東の風3m 水温29℃~24.5℃ 透視度25m 凪

最近の状況をザッと聞いてエントリー。初日の1本目はリサーチのつもりでドロップオフ沿いにいつもの場所をチェックしながら深場に降りてひと回り。アケボノハゼなど定番モノは確認したものの、じっくり撮りたい!というものは見つけられず、崖に戻ってフチドリハナダイ。この時点で既に腰を据える時間はなくササッと1カット。なまえの由来でもある縁どられた胸鰭は開いておらずゴミが写り込んだ中途半端なカットに終わりました。

-35m フチドリハナダイ♂
20130708122440

棚の上に戻ると減圧タイムですが、集中して撮りたいものは見つけられず、目についたものをあれこれと。

-9m ミヤケテグリ
20130708122442

串本で現れると話題になるレモンスズメダイも、ここでは普通種です。

-8m レモンスズメダイ
20130708122444

サンゴ礁域の浅いところで見られるハナビラウツボは白い口の中が特徴。

-8m ハナビラウツボ
20130708122448

鮮やかな体色が目立つクロハコフグのオス。

-8m クロハコフグ♂
20130708122500

初日を潜り終え、予定通りのスタートです。あの熱帯低気圧が台風7号に成長。昨日の勝手な予想では9日か10日に台風になり、帰る12日には逃げ切れると踏んでいたのに、こりゃ怪しくなってきた・・・ここからは台風のことが頭を離れなくりました・・・

|

« 7月5日 早朝の1083レ EF66-27 | トップページ | 7月9日 久米島 トンバラ 【2】 オオテンハナゴイ »

ダイビング」カテゴリの記事

久米島」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/57778973

この記事へのトラックバック一覧です: 7月8日 久米島 ウーマガイ 【1】 フチドリハナダイ・ハナビラウツボ・クロハコフグほか:

« 7月5日 早朝の1083レ EF66-27 | トップページ | 7月9日 久米島 トンバラ 【2】 オオテンハナゴイ »