« 7月9日 久米島 トンバラ 【2】 オオテンハナゴイ | トップページ | 7月10日 久米島 トンバラ 【4】 オオテンハナゴイ・アサヒハナゴイ・ミナミハナダイ »

2013年7月15日 (月)

7月9日 久米島 トンバラ 【3】 オオテンハナゴイ・ミナミハナダイ・アサヒハナゴイ

1本目のあとは、奥武島とオーハ島間の水路近くでランチタイム。昼食のあとは誰もいないビーチで貝を拾ったり、干潮時にはイノーを散策するのも楽しみです。

奥武島からトンバラを望む
20130709200123
20130709200134
これは近くにある石切り場の跡。昭和に入ってからも石を切り出し、主に島内の石塀や墓石に利用されました。その年代が新しいので観光資源にはならない遺構も興味深いものです。
20130709200128

これはイソアワモチ。体長およそ6cm。カタツムリやナメクジに近い種で肺呼吸しています。干潮時に這い出してきて岩に付着した藻類を食べているようです。右側の触角の先にカタツムリのような目があるのですが、背中のブツブツの先にも目があって全身で光を感じているそう。不気味ですが、沖縄では食用にしています。
20130709200130
そして午後も迷わずトンバラに向かいます。

2本目 トンバラ 晴れ 気温32℃ 東南東の風3m 水温29℃~24.5℃ 透視度30m 波高1m

流れが逆方向に変わり、午前より浮遊物が少なくなっています。目指すのはやっぱり同じ場所。エントリー直後に、いつもこのあたりをウロついているホワイトチップシャーク(ネムリブカ)をマクロレンズで無理やり撮影・・・
20130709200136
途中、目の前を悠然と横切るイソマグロ。潮の流れが変わり、深場から冷水があがってきたようで水深30mあたりにサーモクラインができていました。そして定位置に到着。やや水が動いているからか午前にも増して魚の動きは活発です。2本目の長い減圧、潮の動きを考えると無理は禁物。やっぱり手応えはないままこの場を離れました。

それにしてもオオテンハナゴイ、ミナミハナダイはホント、泳ぎ回って背びれを開いてくれません。

トンバラ -38m オオテンハナゴイ
20130709127300
ここに群れるミナミハナダイは水中で見ると背中の黄色いラインが目立って、普通のミナミハナダイとはかなり違う印象。パラオあたりで多くみられる「ソメワケミナミハナダイ」に似た感じもしますが、どうなんでしょう?ミナミハナダイの特徴でもある2つに分かれた背鰭はほとんど両方を開くことはなく、残念なカットばかりです。

トンバラ -38m ミナミハナダイ(ソメワケミナミハナダイ?)
20130709127304
20130709127307

トンバラ -38m アサヒハナゴイyg.
20130709127312
でも!負け惜しみじゃないけれど、真っ青な海でダイナミックな地形と回遊魚を見ながら泳ぎ、底に着いたら無数のハナダイが乱舞。これこそダイビングの醍醐味が全て詰まっている、潜るだけで幸せになれる。そんなポイントがトンバラです。

この日は潜り終えてから、久米島のいちばん高いところにある宇江城跡に夕日を見にいきました。ここはほぼ360度海が見渡せる場所。晴れていますが西方向には所どころ発達した積乱雲があり、その下は雨が降っています。そのなかでちょうど太陽が沈む方向に立ち上った積乱雲から海につながる筒状の雲が大小2本。竜巻です!iphoneしか持っていないので証拠写真にしかなりませんでしたが、何とか撮ることができました。この竜巻はこのあと3分ほどで消えたあと、何度か下に向かって雲が伸びることがありましたが、海面までつながることはなく、その後活動は弱まっていきました。

宇江城城跡から西を望む
20130709200200
そして日没。太陽の左側、積乱雲の真下は竜巻の起こった雨のエリア。ほぼ移動することなく同じ場所で降り続いていました。
20130709200202

|

« 7月9日 久米島 トンバラ 【2】 オオテンハナゴイ | トップページ | 7月10日 久米島 トンバラ 【4】 オオテンハナゴイ・アサヒハナゴイ・ミナミハナダイ »

ダイビング」カテゴリの記事

久米島」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/57790393

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日 久米島 トンバラ 【3】 オオテンハナゴイ・ミナミハナダイ・アサヒハナゴイ:

« 7月9日 久米島 トンバラ 【2】 オオテンハナゴイ | トップページ | 7月10日 久米島 トンバラ 【4】 オオテンハナゴイ・アサヒハナゴイ・ミナミハナダイ »