« 1月1日 音羽山俯瞰 【1】 山科築堤を走る223系電車 | トップページ | 1月2日の串本 【1】 タテジマキンチャクダイ・ミドリリュウグウウミウシ・ハナゴンベyg.・マダライロウミウシ・タツノイトコ  »

2013年1月 9日 (水)

1月1日 音羽山俯瞰 【2】 山から見下ろす新幹線

東海道新幹線の音羽山トンネルはほぼ真下を通っており、正面に山科の市街地を抜け音羽山トンネルに入るまで走るシーンを一望することができます。

頻繁に往来する新幹線。撮っている時は、つまようじのような棒が移動しているように見えるだけですが、画像を拡大してみると700系、N700系のフォルムがはっきりわかり、結構いい感じ?と思うのは、たぶん自己満足でしょうね。

できればもう少し山頂で過ごしたかったのですが、ライトも持たない軽装。ひとりぼっちで暗い山道を降りることになるとマズいので、15分ほどで山頂を離れ、道しるべを頼りに牛尾観音方面に下山しました。清水寺の奥の院、正式には法巌寺という山のなかの小さなお寺。元旦とは思えない無人の境内でささやかな初詣をして、ここからは舗装した坂道を山科の市街地に向かって降りた頃に、ちょうど日没となりました。ここからは暗くても大丈夫。せっかくなので歩いて自宅まで。京阪大谷駅からおよそ10kmの道のりでした。これですっかりアルコールは抜けたので食事を済ませ、串本に向けて出発です。

今回は鉄道の撮影が目的ではありませんでしたが、これだけ線路から離れていても意外と存在感があることがわかりました。違う季節、違う時間だったらまた印象は違うはず。また登ってみるのもいいかな?と思わせる景観でした。

2013年1月1日 東海道新幹線 N700系 のぞみ234号
20130101124561



京都駅、京都タワーも山のすぐ向こうに見える雄大な眺望です。

2013年1月1日 東海道新幹線 N700系 のぞみ128号と700系 のぞみ353号
20130101126544

|

« 1月1日 音羽山俯瞰 【1】 山科築堤を走る223系電車 | トップページ | 1月2日の串本 【1】 タテジマキンチャクダイ・ミドリリュウグウウミウシ・ハナゴンベyg.・マダライロウミウシ・タツノイトコ  »

新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

新幹線はさすがに近いですね。
いい感じであると私も思いますよ。

このトンネルを東から西に抜けて、右手にからふねコーヒーの店が見えてしならくすると、間もなく京都の案内放送が流れるんですよねー。

私が降りる用意をするのは、鴨川からです。

投稿: まむし | 2013年1月 9日 (水) 21時57分

まむしさん

もっと望遠でド~ンといきたいところですが、
そうすると、きっと街並みや編成にかかる架線柱などが
うるさくなってしまうんでしょうね。
でも、ドクターイエローを逆光で撮るとどうなるのかな?
なんて、ちょっと興味があります。

新幹線に乗り慣れていない私は、東から帰ってくると、
山科に入ったあたりでそわそわしてしまいますが、coldsweats02
さすがまむしさん、鴨川からですか~happy01

投稿: 海と蒸気 | 2013年1月10日 (木) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/56474664

この記事へのトラックバック一覧です: 1月1日 音羽山俯瞰 【2】 山から見下ろす新幹線:

« 1月1日 音羽山俯瞰 【1】 山科築堤を走る223系電車 | トップページ | 1月2日の串本 【1】 タテジマキンチャクダイ・ミドリリュウグウウミウシ・ハナゴンベyg.・マダライロウミウシ・タツノイトコ  »